極真空手 東大和道場 金曜日 少年部クラス。【兄弟】

16:45~19:40少年部2クラスを指導。

4月2日から入会したばかりの久保朝陽君。(新中学1年生)

弟の太陽君と一緒に毎日、稽古に来ている。

この2週間で、既に体型に変化が出てきて、実際に体重が増えてきたと話してくれた。(みるみるうちに空手も上達している)

彼は長年、野球チームに入っていて、チームのピッチャーを担っているとの事だが、空手の稽古が、野球にも繋がる為にと、空手を習い始めたのが最初。

彼の弟の太陽君は、この5ヶ月の間に毎日、空手に夢中になりながら…

【驚くべき基礎体力アップと、全身の筋肉が付いて、凄い変化をしている…】

弟の太陽君の体型の変化に驚かれた、お母さんが、お兄ちゃんの朝陽君にも空手を進めて下さったのが、お兄ちゃんが空手を習うキッカケだった。

【空手の稽古はキツいけど楽しい】と話してくれる朝陽君だが、道場に来て、空手を学ぶ度に、更に笑顔に磨きが掛かり始めた。

彼らは道場から、数十メートルの自宅から、毎日、本当に楽しそうに稽古に通っている。(太陽君は、お兄ちゃんが入会する前から、道場オープン時間ぴったりには、常に毎日来ていたが、それは今も変わらず)

太陽君は、この5ヶ月の間に…100クラス以上を稽古に通っていて、既にオレンジ帯を取得して、再来週4月29日(日)には、初の組手試合にもエントリーしている。 (新小学3年生)

お兄ちゃんは、既にスパーリングも出来そうな段階に来ているが、とにかく、物凄い早さで成長をしている兄弟でもある。

空手を好きで、長く続けて貰えたらと思う。

そこは生徒達、全員に当てはまる。

今日も幼年部達が沢山来てくれた。

【来てくれた生徒達に意味のある指導をする事】

常にそれを考えて、子供達には空手の指導をしている。

2クラス共に、皆、本当に素晴らしい頑張りを見せてくれた。(一人一人の多くの成長を感じ取る事が出来た)

【自分自身の思考も知識も…常に進化していかないといけない】

そんな気持ちで指導をしていた。

一人一人に意味のある物にする事、彼らを変えていく事、空手を通じて、彼らに何かしらの影響を与え、確実に何かを成長をさせる事。

それが仕事。

【何を育ててあげられるだろうか…】

毎日、子供達と接しながら、常に考えている部分でもあり。

一人一人の成長を常に観察しながら。

頭の中、本当に色々で…何にも纏まらないが。

19:50~22:10一般部2クラスを指導。