極真空手 東大和道場 金曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】【積み重ね】【一日にして成らず】

16:45〜19:30 少年部2クラスを指導。(金曜日)

皆で元気に稽古。

幼年部達も沢山いる為、飽きさせない事、楽しく集中出来る事、きちんとさせる事をテーマに。

後半はミット稽古で。(技を限定して、体の使い方と技を仕掛けていくイメージを伝えながら)

良い感じだ。

上手になった子達が沢山いたと思う。

2クラス目は、受け返し、ディフェンス稽古を徹底的に反復稽古しながら、最後はスパーリング、組手稽古まで。

一人一人の組手技術も意識向上にも、素晴らしい進歩が感じられた。

全員を説明したい所だけど、今日のも薄い物を一枚ずつ一枚ずつ、丁寧に積み重ねている物でしかないから、結局は継続していくしかないし、その中で子供達が様々な経験を心身共に積み重ねていく事だと思う。

【美は一日にして成らず】という言葉にも実際に凄く似通ってはいる。

何事も簡単ではないし、日々の努力を諦めず怠らずみたいな感じ。

空手の稽古も同じ。

と、思う。

20:00〜21:40 一般部クラスを指導。(星野悠久君のみが稽古に参加)

少年部クラスから連続参加となった、星野悠久君。

一般部クラスでは、ウエイトトレーニングを重点的に。(パワーを付ける事をテーマに数々の稽古内容で)

彼の空手も順調に伸びている。

最後はサンドバッグで、必死の追い込み稽古としながら。(意識とイメージを高く持つ事をテーマに)

【極真空手】【格闘技】【武道】について、深い話をしながら。

それをどんな気持ちで追求するのか、当て嵌めるのか、継続していくのか、についてを話しながら。

22:00掃除をして終了。

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】【2020国際青少年空手道選手権大会に向けて】【佐久間一華さん】

16:30〜18:20少年部クラスを指導。

日々、空手を通じて稽古を積み重ねる度に本当に、皆の心の成長を感じ取る事が出来る。

勿論、子供達だから日により常に波はあるんだけど、やはり変わっていく物だから。

彼らにとっても遊びではないし、彼らにとって意味のある物にならなければいけない。

本当に逞しくなってくる物だから。

そうさせていく事が仕事でもある。

19:00〜22:00 自主トレ。(ミット、サンドバッグで追い込み稽古、3分×11ラウンド、打たせ稽古、ウエイトトレーニング、ロープトレーニング、補強稽古)

汗で上下、ずぶ濡れになるまで追い込みながら。

全てに意味を持たせながら。

長年の経験はあり、常にイメージは大事にしているけど、稽古とは自分自身と向き合う物であり、自分自身を律する物でもあり、結局はそれが凄く楽しい。

やっている最中はキツいと思う事もあるが、常に若いままにいるつもりで。

心身共にギラギラしていて、全然良いなって。

まだまだ、やるぞと。

20:00〜21:30山田指導員の一般部昇級昇段クラス。

佐久間一華さん、二宮さん、池上さんが稽古に参加していた。

強烈なローキックを叩き込む、佐久間一華さん。

無事に高校受験に合格した事を、本当に逸早く道場に報告に来てくれた。

山田先生も喜んでくれていた。

彼女の場合、しっかりと受験勉強をしながら定期的に道場稽古にも通い続け、支部行事の手伝いには誰よりも率先して、仕事として支部を代表して、度々こなしてくれながらではあったが、尚更に流石だなと感心させられた。

今年は3月の城西カップを挟んで、初出場となる4月の【2020国際青少年空手道選手権大会】を目指している。

これまで積み重ねてきた豊富な稽古頑丈な体と、組手ではひたすら前に出ていくパワーがあり打ち合い凄く強い。(彼女がとにかく崇拝して憧れている先輩は、東大和道場の永吉美優さんとの事)

一華さんは、空手と仲間達と道場を大好きな事も大きな長所でもあるが、極真空手が今後の彼女の人生の大きな力になれば良いなと思う。

これから思う存分、大好きな空手を楽しみながら、ひたすら積み重ねて貰えたらと思う。

とにかく純粋だし、ここからが本当に更に心身共に強くなれるはずだ。

楽しみだ。

2020/1/23

極真空手 東大和道場 水曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】【2020国際壮年選手権大会王者を目指して】【中城毅選手】

16:30〜19:30 少年部2クラスを指導。(水曜日)

体験に来てくれた、レイ君。(運動神経抜群で、素晴らしい頑張りだった)

空手をやりたいみたいだし、次に来てくれるのも楽しみだ。

今日も2クラスともに、様々な場面で皆の成長が沢山あった。

19:50〜22:00 一般部クラスを指導。(中城さんのみが稽古に参加)

縄跳び、ウエイトトレーニング(6種目を高重量で複数セットで)、パンチングミットで突き技を中心に反復稽古、突き技から蹴り技までのコンビネーションで追い込みながら。

厳しい稽古内容でもあったが、持ち前の気迫で、全ての稽古を全身全霊で取り組んでいた中城さん。

これまでと現在、今後について。

【まだまだ本当に伸び代だらけで、今までにやっていなくて手薄にしていた部分、今やれる事、中城さんの今後の目標が明確にあり、やるべき事が沢山ある事は、中城さんにとっても凄く良い事】と話をしながら。

2020国際親善空手道選手権大会では、【40歳〜44歳壮年選手+80キロ級】の頂点を目指す中城毅さん。(2017.2018.2019国際壮年選手権大会では3年間連続入賞を果たしている)

チャンスだし、中城さんなら可能性は大いにある。

極真空手 東大和道場 火曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】

12:00 三軒茶屋道場にて佐野先生と朝練を終了。(組手稽古のみ)

相手との距離、ディフェンスの意識、イメージ、攻撃の意味、組手の意味を考えながら。

16:45〜19:30 東大和道場にて、少年部2クラスを指導。

今年初稽古の生徒達も、ちらほら。

少年部最初のクラスも、選手Aクラスも全員が明るく楽しく前向きに稽古に取り組んでいた。

体力的には厳しい稽古ながらも、今日も皆が稽古を楽しむ様子が凄く良かった。

最近、指を立てる仲間達が減りはしたもの疑心暗鬼に駆られ、まだ数名が前を向けない癖が付いてしまっている。

少年部クラスの稽古後には、お兄ちゃんと入れ替わる際の星野久遠ちゃん(小学6年生)と話をしながら。

本当に純粋だ。

多くの男子達の中に女の子たった一人でも、黙々と本当にマイペースで稽古に取り組める、道場と仲間達と空手を大好きな無限の心のスタミナを兼ね備えている。(2019年は数々の大会に出場、支部内交流試合では特選クラスを2連覇優勝)

大好きな先輩でもあり、大親友の阿部華恋さんから貰った縫いぐるみを大事そうに持ち歩いていた。

20:30〜22:20 一般部クラスを指導。(宮本朝延さん、宮本泉美さん、星野悠久君、池上さんが稽古に参加した)

宮本さん夫妻、池上さんも各自のテーマに沿って全ての稽古に全力で取り組んでいた。

星野悠久君、体重を増やして一回り体が大きくなった。(現在64キロ)(ワールドユースエリート大会では−65キロ級のエントリーとなる)

全員の基礎体力の底上げをテーマに。

反応の稽古から、フィジカルトレーニング、ウエイトトレーニング、ミット、補強稽古までを全員で。

全てに繋がる為のスタミナ、パワー、瞬発力、気持ちの強さを身に付けていくイメージで。

24:00事務処理。

極真空手 東大和道場 月曜日一日。【少年部クラス】【稽古の意味】

14:00〜16:20 自主トレ。(ランニング30分、3分ダッシュ×2本、30秒ダッシュ×5本、ウエイトトレーニング、補強)

起きると部屋はやたら寒いし、本当に今日は稽古を休みたい…と、いつもながらの気持ちを抑えて、昼過ぎに起きてシャワー浴びて食事をしつつ稽古の準備をしながら。

基本的に朝方5時、6時、遅くて7時くらいまでは起きている生活の為、日々の睡眠時間もそれに付随させながら。

試合直前の休みは仕事と変わらない気持ちだから、実際の休みは祝日と何かの連休と年末年始のみとしてある。

朝早くから起きなければならない時はけっこう苦労するけど。

そんな事はさておきだが、今日の走り込みは、めっちゃキツかった…

43歳でやるべき物なのか、たいした稽古でもないんだろうけど、稽古量が少ないのかすら判断も出来ないけど、終われば自然と活力が確実に漲る。

稽古って、そういう物でもあるから。

続けられるモチベーションって何かを振り返ると、生きている限り辞める理由が無いなって。

まだまだ現役で戦う事を今の目標にはしている。

そうかと思えば、一般選手権での出場年齢の最大規定が50歳までだから…

【あと8年間しかない、あと7年間しかない、もうすぐ残り6年になってしまう…】と、ひたすら焦りながら生きてもいて…

だけど目標を持てるって、何たる幸せな事かと感じながら生きている。

18:00〜19:30東大和道場にて、少年部クラスを指導。

補強、フィジカル、基本稽古を軸に。(蹴り技を丁寧に)

ラストは全員でミット稽古で激しい追い込み稽古をして終了。

日々の彼らは本当に凄い様子だ。

いつもながらなんだけど。

【自分の体を労る事】【脳にも汗をかかせる事】の意味についてを深く話して。

空手の技術や肉体的な強さだけではなくて、頭も良くして更に賢くなろう、と皆に話しながら。

24:30

って、とこ。

2020/1/18。【2019世界女子・中量級王者】【219世界女子・無差別級王者】【永吉美優さん】【極真会館 東京城西世田谷東支部 東大和道場】【現役世界大会二冠王者】【直筆サインの更新】

土曜日夜。(2020/1/18)

少年部クラスの指導後、軽めの自主トレを終えてから。

今後の打ち合わせと新年会を兼ねて、美優さんと食事へ。

たまに一人で行く行き付けの店でもあり、これまでに多田将太朗君、永吉美優さんの二人を連れて食事をした店でもあって、店の料理は全て本当に美味い。

美優さんと今後の打ち合わせをしながら。

生徒である彼女と一緒に酒を飲みながら、も、空手についてを語れる喜びと楽しさを噛み締めながら。

子供の頃にも感じた、彼女のスター性というか、これまでも数々の伝説を残して16年間の現役選手生活を全うして、極真会館の世界大会王者へと上り詰めた、今の彼女が身に纏う輝きにも感動するものの、彼女は生徒の一人であり、彼女を見ながらも自分自身を軌道修正してこれた事や、気持ちを鼓舞させられた事も過去には多々あったのも事実で。

ただ、やはり可愛い生徒の一人なのだという事、自分自身の考えや彼女への気持ちを素直に話して伝えながら。

多田将太朗君も、布田大樹君も、永吉美優さんも、俺にすれば昔も今も何も変わらないと話したのもそれらに繋がっている。

長年の付き合いでもあり、彼らが子供の頃からの自分自身との信頼関係でしかないから。

だから常に等身大の自分自身で、本心で話をする事が、彼らへの礼儀でもあり、本当の愛情ではないかと考えて、本当に誠心誠意の気持ちで美優さんと話をした。

3時間程を様々に話し合いをしながら、本当に有意義な時間を過ごせたと思う。

そして帰り際…

【サインの更新を御願いします!】と、店員の女性から、美優さんへと油性マジックを手渡しにきてくれた。

昨年2019年11月3日に引き続き、焼肉レストラン【コチカル】のマスターから、永吉美優さんの直筆サインを下さいと声を掛けて下さり、お店のボックス席の壁にと書かせて頂いた。

今回、ワールド空手を持参して報告がてらと思いながらも前回と同じく、ブタのマークのボックス席を事前に予約しておいたんだけど、昨年末の2019世界大会直後、コチカルのマスターが、美優さんの世界大会の結果が気になり、ネットで既に調べて下さっていたとの事だった。

マスターから御祝いの言葉を頂き、有り難くも凄く嬉しい事だなと。

コチカルのあのボックス席の背もたれのボードには、美優さんの直筆サインが左右に書かれた。(最新は背もたれ左側)

昨年、マスターから最初にサインを頼まれて、最初に書かせて頂いてから、更に無差別級の最大トーナメントを制して、無事に世界大会二冠を達成した報告と、美優さんのサインの更新をさせて頂いた。

しかし、これ…送る送らないは別として、ワールド空手の記事に送れてしまう様な出来事でもあるな…(店内には美優さんの直筆サインだけがある)

焼肉レストラン【コチカル】のマスター(右端)と、店員さん達との記念写真。

2020/1/18

極真会館 東京城西世田谷東支部 東大和道場

極真空手 東大和道場 日曜日一日1。【少年部クラス】【極真空手初体験】【子供達の習い事】

10:45〜12:20少年部・一般部クラスを指導。(日曜日)

一般部の宮本朝延さん、宮本泉美さん、中城さんも稽古に参加。

4名の子供達が見学・体験に来てくれた。

Rちゃん、R君の姉弟、最初から最後まで素晴らしい頑張りを見せてくれた。(7歳・5歳)

一人、見学に来てくれた別の5歳の男の子も次回、体験に来てくれるとの事だったが楽しみに待ちたいと思う。

そして、腰塚優華ちゃん(小学5年生)の弟の陽太君(5歳)も、同じく素晴らしい頑張りを見せてくれた。(挨拶や御礼、稽古中の気合いも立派だった)

楽しかったみたいだ。

近々入会予定。

皆の居場所であり、皆が明るく前向きになれる場であれたらと思う。

稽古後には道場訓の話を皆にしながら。

日曜日の午前中から、たくさんの仲間達が集まり、全力で空手の稽古に取り組んだ。(30人ほどの生徒達が参加した)

宮本さん夫妻、中城さんも子供達を盛り上げてくれた。(中学生の清水大地君、末吉祐尋君も稽古に参加)

みんな有り難い。

稽古後も黙々と自主トレで、サンドバッグを叩いていた宮本朝延さん。

汗だくずぶ濡れになり、全力全開で稽古をした中城さんはこの後、夜の一般部クラスへも稽古に参加となった。

2020/1/19

極真会館 東京城西世田谷東支部 東大和道場

極真空手 東大和道場 日曜日一日2。【一般部クラス】【大人の空手】【期待の若手】【2020国際空手道選手権大会に向けて】【中城毅さん・星野悠久君】

10:45〜12:20 少年部クラス・一般部クラスを指導。(午前)

20:00〜21:20山田指導員の一般部選手Bクラス。(午後)

日曜日夜、事務処理を終えてから忘れ物を取りに道場に引き返した後、また直ぐに帰ろうとしていると、次々と道場に入って来るメンバー達、皆の稽古をたくなり最後まで一般部クラスを見学した。

山田先生、湊さん、久保田さん、中城さん、星野悠久君が参加して、全員が激しい組手稽古を繰り広げていた。(今日の稽古はシャドー、連続組手稽古のみ)

凄く見応えがあった。

4月の【2020国際壮年選手権大会】へと挑む中城さん。(同カテゴリーでは3年間連続入賞実績のある実力者でもある)

絶好調だったが、今日の中城さんは午前中の少年部・一般部クラスにも参加した為、朝夜を全力で稽古していた。

中城さんの年齢になり、同じ日に朝夜を稽古する事の方が稀だが、全ての稽古をとにかく全力全開が中城さんのモットー。(いざ仮にYouTuberとしても流行るのでは?という面白さと人々から愛されるキャラクターでもある)

還暦を過ぎたという久保田さんだが、素晴らしいガッツで先輩達に喰らい付いていた。(基礎体力があり打たれ強さも持ち味だが、稽古さえ続けていたら直ぐにでも組手試合に復帰出来るレベルだと感じる)

肉体が衰えるどころか、まだまだ更に上がるのではないかとも思う。

湊さんも同じく。

しばらく本当に忙しそうにされていた湊さんだが、今年初の組手稽古とは思えない、経験豊富な動きをしながらも、湊さん特有の殺傷能力の高い後ろ蹴り、後ろ廻し蹴りを度々放ちながらも安定感のある組手を見せていた。

星野悠久君、山田先生と中城さんに揉まれながらも、物凄く価値のある意味のある厳しい組手稽古を積み重ねながら。

次世代の支部若手選手の期待を背負っていかなくてはならい生徒の一人でもある。(2020高校生ワールドユースエリート大会−65キロ級の高校2・3年生混合カテゴリーでは優勝を目指す)

驚くべきは、山田先生の強さ。

ガードの意識やディフェンス能力が高く、頑強な身体と、左右の強烈な突き技を主体に相手を倒しに掛かる組手はひたすら健在で、同世代の壮年選手権でも現在もトップを狙う組手の強さは確かにあるかと思う。

壮年部の中でもリーダー的存在だ。

壮年部の方々の熱心な稽古風景を見ていると尊敬の気持ちや勇気を貰える。

2020/1/19

極真会館 東京城西世田谷東支部 東大和道場

極真空手 東大和道場 土曜日一日。【少年部クラス】

14:30〜17:10 少年部クラスを指導。(土曜日)

毎回…強そうな顔を見せてくれる榎本翔太君。(小学1年生)

少々わんぱくだけど明るくて根は真面目だ。

白帯の幼年部達も先輩達と一緒に日々切磋琢磨しながら。

真面目な子供達ばかりだから指導もしやすい。

一人一人の性格を見ながら接している。

先輩達は上級型の反復稽古を取り入れながら。(修正された型の意味を深めながら)

2クラス目は補強、フィジカル稽古を中心に。

リラックスさせながらも、いつもより少し軽めに稽古を終了。

夜は◯◯さんと打ち合わせを兼ねて◯チ◯◯へ。

極真空手 東大和道場 金曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】

16:45〜19:20少年部2クラスを指導。

たくさん稽古をした。

道場訓の【謙譲の美徳】についての話をしながら。

長年いつもながらに、なかなか堪えるワードの一つだ。

ただ、彼らの方が大人よりも遥かにすんなりと出来る様にもなる。

純粋無垢だから。

【薄紙を一枚一枚、丁寧にじっくりと積み重ねていく事】の話を稽古前に皆に話しながら。

2クラス目も全員が全力で稽古した。

19:45〜21:20 一般部クラスを指導。(池上さんが稽古に参加)

極真空手の基礎をみっちりと反復稽古。(礼法、立ち方、移動、型稽古)

最後はサンドバッグ、キックミットで正確なフォームで集中して打ち込み、蹴り込みを行いながら。

池上さんにとっての空手が、これから益々良い物になればと思う。

真面目で誠実な方であり、焦らずじっくりと継続して貰えればと思う。