極真空手 東大和道場 金曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】【昇級審査に向けて】【継続】《11月30日(土)12月1日(日)昇級審査会となります》

16:45〜19:40 少年部2クラスを指導。

最初のクラスも。

2クラス目も、支部内交流試合に向けた稽古を軸にしながら。

全ての内容を12月の組手試合に繋がる物とした。

フィジカル、ディフェンス稽古、受け返しの稽古をひたすら反復稽古、スパーリングも組手も含めて。

全員を様々な角度から、確実に上達と積み重ねへと引き上げる事が出来たと実感がありあり。

良い感じだ。

今日は、数名に審査用紙を渡せた。

和気清大君には、上級者となる緑帯4級審査の用紙を渡した。

組手の強さ、試合実績(組手・型)審査項目の基本、移動、型稽古は完璧にクリア、礼儀や年間を通じての稽古態度、課題に取り組む前向きな姿勢の全てを含めても、何も申し分が無いと判断して彼の緑帯上級審査を許可した。

この数ヶ月、課題に取り組みながらも精神的にも確かな成長が見られていた。

煤賀南羽ちゃんには、6級黄色帯の審査をOKと判断した。

共に、仮に合格した後は、次の審査までにはそれなりの時間は要するとは思うが、そのくらいに簡単な物ではないという事だけど、二人なら必ずクリアしていけるはずだから。

だからこそ、課題と向き合って努力を積み重ねていく事に価値が生まれる物だから。

ただ、空手を好きで一心不乱に稽古を積み重ねていたら、気付いたら極真空手の黒帯には必ずなれる。

勿論、ただ空手年数を重ねているだけでは簡単には、緑、茶色、黒帯になれる物ではなくて。

弛まぬ努力も踠きも、必ず必要にはなる。

継続するという事。

19:50〜22:20 一般部クラスを指導(多田将太朗君のみが稽古に参加)

基礎体力、パワーアップをテーマに様々な稽古内容で。

彼は、厳しい稽古も黙々と当たり前にこなしながら。(いくつかの稽古を一緒に行いながら)

最後に打たせ稽古、顔面への突き技に対するディフェンス稽古は交代で、ひたすら反復稽古を行いながら稽古を終了。

技術向上を目的として、組手に対する意識を高めながら、全てが全てに繋がっている事、繋がっていく事を話しながら。

進化していく事を目的ともしているが、もっと更に深い部分での話を彼にしながら。

24:20 掃除、マッサージ、話し合いをして終了。

確かに。

昔と今と、多少なりでも文体の変化は感じるな。

何を伝えるかに重きを置きながらだけど、時代ならではの一つの楽しみ方としてもいる。

何かを表現したり、感情の伝え方にしても難しさはあるけど、物事を深く考える事が楽しいから。

◯◯の◯◯◯◯に◯◯すると、◯◯◯◯だけだから。

もっと読書しよ。

◯◯の◯◯めは、笑えたけど。

基本的に◯◯◯◯。

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】《12月1日(日)8日(日)夜の山田指導員の一般部クラスは休みとなります》

16:30〜18:30少年部クラスを指導。

審査の見極めを含めて。(大塚海緒ちゃんに8級審査の用紙を渡せた)

支部内交流試合に向けて基礎体力アップをテーマに行いながら。

19:00〜22:00自主トレ。(サンドバッグ、ミットで追い込み稽古、3分×12ラウンド、打たせ稽古、帯引きダッシュ、ウエイトトレーニング、補強)

寝不足ながらも、調子が良かった。

目的を明確に、イメージを大切にしながら追い込んだ。

長くやってきたからこそ、稽古はしなきゃダメだと思う。

やらなくなると、心技体は直ぐに錆び付いていく物だし、雑念にとらわれてしまう事が増えてしまう気がするから。

全うしたい。

幸せだから尚更に。

稽古も確かな仕事だし、それがやはり指導へと繋がる物ともなるから。

木曜日夜の山田指導員の一般部クラスには、久保田さんのみが稽古に参加していた。

来年の黄色帯6級審査に向けて、みっちり移動、型稽古に取り組んでいた久保田さん。

気合いや返事、ヤル気が本当に立派で、若者達には見習って貰いたい、御手本となる壮年部の一人だと思う。

稽古はいつも真剣で技も上手。

極真空手 東大和道場 水曜日一日。【少年部クラス】【50年後 100年後の極真の歴史】【永吉美優さんの伝説】

16:45〜19:40 少年部2クラスを指導。(演武会リハーサル、支部内交流試合に向けた内容で)

体幹、フィジカルトレーニング、補強稽古を挟んでから、演武会リハーサルを行いながら。

演武会での役割分担を皆と話し合いながら、全体の骨組みを大方決められた。(演武参加者以外の生徒達も来ている為、合間に全体稽古も挟みながら)

最近、数年間はこんな感じで。

誰が来ても全員に意味を持たせられるように、リハーサル時も演武参加者以外の生徒達にも稽古には普段通りに来て良いと呼び掛けている。(誰かしら必ず間違えて来てしまうから、リハーサルだからと帰らせるのは可哀想だから、纏めて全体で稽古もさせながらとする様になったのかと思うけど)

今時期は組手試合も近いし、今日は全員が物凄い頑張っていたし、貴重な稽古時間となったのも間違いない。

腰塚優華さんや、煤賀南羽ちゃんも、協力してくれるし実際に凄く頼りになる。(何か物事に取り組む時には、女の子達って本当に頼りになるから、男の子達とは役割りが全く異質だし、双方を場面により上手く協力して貰いながらが、とても楽しかったりする)

後半の全体ミット稽古も、全員が物凄かったな。

本当に。

稽古後、先日の【2019世界女子空手道選手権大会】において劇的な優勝で幕を閉じ、極真空手の伝説的人物となった、永吉美優さんの成し遂げた偉業の凄さとその意味、今回の世界大会で5試合を戦い抜いた試合内容と、錚々たるメンバーとなった世界の強豪選手達のこれまでの試合実績や、決勝戦で極真の歴史に残る名勝負を繰り広げた佐藤七海選手との大激闘、勝敗を超えた戦いの様子を子供達全員に話して聞かせた。

過去を合わせて、佐藤七海選手とは今回で3度目の戦いとなった事や、二人の青少年時代からの輝かしい試合実績と、大人になり一般選手権において再び三度戦い、世界大会無差別の頂点へと駆け上がる明暗を分けて、互角の試合内容の勝負を、最終的に制した物は何だったのか等も全てを含めて。

歴史の証人でもあるという事や、中には実際に試合場で応援した子達も、この中にいた訳だし、これから50年後、100年後の極真空手の歴史に東大和道場の皆の【永吉美優先輩が語り継がれる訳だから、皆も今日話した事はしっかりと理解して人に話せる様にした方が良いという話をしながら。

全員が最後まで、真剣に話を聞いていた。

【めっちゃ、リアルな話だった…】と、帰りに、久保太陽君が呟いていた。

大塚海緒ちゃんも【美優先輩、凄すぎる!】と、目を丸くしながら、ずっと頷きながら話を聞いていたのも可愛かった。

反対側のブロックで、日本の佐藤七海選手が、世界大会で7度の優勝実績のあるロシアの【ウリアナ・グレベンシコワ選手】や、2017全日本女子無差別級優勝、2019オールアメリカン大会優勝実績のある、ロシアの【アナスタシア・カサノワ選手】を止めて、美優さんとの決勝戦へと勝ち上がって来た試合の話にも、子供達はかなり興奮していたみたいだけど。

文字にすると、ほんの一部分だし、空手で知る永吉美優さんの事は、もっと深い部分で子供達には幾らでも話は出来る。

本物のスーパースターであり、それだけの逸材であり、極真会館の至宝だという事。

本当になるべくしてなったし、そうなる様になっていた。

そうなれた最大の理由は、一番は本人の積み重ねた努力の賜物と、彼女の御両親の愛娘に対する深い愛情があったからこそだと思う。

キリがなくなってしまうから、このくらいにしとこ。

2019/11/27

極真空手 東大和道場 火曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【大人達の空手】

16:50〜19:40 少年部2クラスを指導。(火曜日)

3連休だった為か、みんな終始楽しそうにしていたのが印象的だ。

再来週の支部内交流試合に向けた稽古を中心に。

メンバーを見て判断しながらだが、時期やタイミング、心技体を含めながら審査の見極めも兼ねて。

最後は基本稽古を全体で。(立ち方、手技を丁寧に)

行事が続いていて、タイトだし審査見極めの難しさはある。

演武会も煮詰めていかなきゃだし、メンバーを呼び掛けながら。

2クラス目の選手Aクラスは支部内交流試合に向けて、対人稽古、スパーリング、組手稽古を中心に。

20:30〜22:20 一般部クラスを指導。

湊さん、宮本朝延さん、宮本泉美さん、中城さん、久保田さん、丹羽さんが稽古に参加。

宮本さん夫妻は、なんと3日間を全て世界大会のスタッフとして試合会場で朝から夜遅くまで働いて下さった。

なかなか支部からスタッフが集まらない状況で、宮本さん夫妻に頼むと、二つ返事で引き受けてくれた為、安心してお任せする事が出来た。

世界大会の選手係りであり、大変な仕事であったが、最後まで笑顔で仕事をして下さっていた。

湊さん、中城さん、久保田さんも、世界大会観戦を含めて、何よりも永吉美優さんの応援の為に試合会場に足を運んで下さった。

シャドー、ディフェンス稽古、受け返しの反復稽古、スパーリング、組手稽古を中心に全員で稽古。

みんなの心技体が、互いを通じて高まる場とする事をテーマに指導。

一般部の大人達が揃うと、みんな気合いも凄いし活気があり見応えがある。

何の為の稽古かという事と、年末に向けた行事確認や、次の演武会や支部内交流試合の話をしながら。

長嶺修会長の古希祝いにて。【2019/11/25】【三軒茶屋道場の先輩方】

2019第12回全世界空手道選手権大会の翌日。(2019/11/25)

三軒茶屋駅付近にあるパスタ店【トレット】にて、東京城西世田谷東支部師範代の長嶺修会長の古希祝いに参加。

多くの先輩方や、偉い師範方が来られていた。(極真会館・第24回全日本大会無差別級王者の田村悦宏師範も来られた)

【田村師範に話し掛けて頂くだけでも光栄です】と、田村師範や長嶺会長の話を聞きながら、真剣な眼差しで受け答えをしていた多田将太朗君。

誰に対しても常に謙虚で、ニュートラルな将太朗君の姿勢は本当に立派。

一番、年齢の若い多田将太朗君が、積極的に動いてくれていた。

彼には、この日の全部が凄く有意義で貴重な場であり、【将太朗、楽しいだろ?貴重だし来て良かったろ】という話を彼にしながら。

長嶺会長は、今現在も三軒茶屋道場で土曜日の一般部選手稽古にて、若手選手達の指導をされている。

70歳になられた今現在も、日頃から一般部クラス等でも、長嶺会長自身も常に稽古をされておられる。

昭島道場分支部長の真銅先生と話す将太朗君。

三軒茶屋道場の近藤先輩、橋本先輩も参加されていた。(近藤先生は第17回・20回の全日本ウエイト制大会・重量級王者であり、第8回全世界大会の元日本代表選手でもあり【極真の重戦車】と称された猛者であった)

もちろん青木さんも来ていた。(青木さんの写真を撮り忘れたけど)

二次会でラーメンを食べてから、近藤先輩、橋本先輩と三人で三次会へ。

昔から長年、一緒に稽古をさせて頂いていた先輩方であり、一次回から既に昔話に花が咲きとても楽しかった。

トレッテでも沢山食べていて、二次会ではラーメンを食べて、三次会では、更に定食を食べられていた橋本先輩…

俺は軽く摘みながら飲んでいただけ。

【橋本さん、次何食います?】と、真顔で近藤先輩が何度も聞いていた。

【…今、食べてます…】と、笑顔で返す橋本先輩。

【近藤先輩、次、酒なに飲みますか?みたいに聞くの辞めて下さいよ…面白いですけど…しかし、橋本先輩、相変わらず凄い食べますね…半端じゃないですね】と、二人に話しながら。

しばらく話をしながら。

そして、俺がトイレに行っている間に、終電がギリだからと、先に会計を済ませて近藤先輩だけが消えていた。

【先輩、消えましたね、太ってますよ(近藤先輩)先輩消えていたので、今から◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、ご馳走さまでした】と、近藤先輩にメールを打ちながら。

しばらくメールのやり取りをしながら、あまり食べていなかったから、俺は四次会で朝方暴食して終了。

しかし、色々久しぶりに楽しかったな。

長嶺会長の御祝いにも行けて良かったし、昔から親しい先輩方とも一緒に飲めて良かった。

2019/11/25

世紀の一戦を終えて…。【極真会館 2019世界女子空手道選手権大会・無差別級王者】【生きる伝説】【永吉美優】

本当に凄すぎて、声も出ない、言葉にならないという感覚を知った…

数時間しても、鳥肌も止まないし、頭の中が凄くて何も纏まらないけど…

彼女の場合、人に感動を与えるとかの次元を遥かに超えているし、自分自身もキャパオーバーなのだが、彼女だからこそだし、こうなる様になっているという事は言い切れる。

それと、もう一つは、彼女をひたすら信じていた事、信じられる事が当たり前だった事。

前々から言葉にしてはいるけど、極真空手で知り得る彼女を語るだけでも、本を書けるくらいの分厚い思い入れはあるという自負はある。

この先、50年間は現れないと思う…

彼女本人にも、それを話した事もある。

彼女は、そのくらいの逸材だから。

見守るだけで良いと、ずっと考えてきたし、本心や必要な言葉やらは、関わった人々には直接、自分で心を込めて話す様にはしているし、ここには様々その全ては語りきれないから。

極真会館において…日本人女子初の偉業達成を、今年2019年に2度目…

本当に偉業達成でしかなくて…

過去に極真空手初の歴史を、何度も何度も塗り替えて積み重ねながら、負け無しの姿で、本当に生きる伝説となって帰って来てくれた彼女。

彼女には【頂点】【一番】のみが、本当に一番似合うから。

こうなる様になっていた。

様々を文字にしたいけど、全てはまるで話しきれないから。

今日は辞めとこ。

あと何よりも長年、彼女を見守りながら親身に必死に応援されてこられた、彼女のお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんの気持ちと愛情を近くに感じながら。

本当に感動させて頂いた。

兎にも角にも…

誰も超えられないのではないかという、極真空手の生きる伝説となった。

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級【極真会館】

優勝

永吉美優

【東京城西世田谷東支部・東大和道場】

武蔵野の森総合スポーツプラザ

2019/11/23,24

《極真会館2019世界女子空手道選手権大会 2日目 速報》【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【決勝戦】

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制大会・中量級王者】永吉美優選手。

極真会館の歴史的な一戦となり、一般選手権女子無差別級トーナメントでの日本人初優勝の期待が掛かる。

佐藤七海選手【2018世界女子ウエイト制・軽量級王者】との決勝戦。(過去を含めて3度目の対戦となる)

左右に素早く動くステップワーク、回転の速い突き技の連打と上段前蹴り、下段廻し蹴りを武器に、本戦序盤から佐藤選手が勝負を仕掛けてくる、対する永吉選手も突き技と左右の膝蹴り、前蹴りで前に出ていく。(まさに一進一退互角の攻防は本戦0-0引き分け)(本戦3分間)

延長戦も更に気合いを入れて、互いに激しく打ち合う、後半、永吉選手が突き技から左右の膝蹴りでやや前に出ていた印象。(延長戦2分間)

延長戦1-0。(永吉)

再延長戦に突入…両者共に、気力、体力その全てを振り絞り必死の形相で戦う…(再延長戦2分間)

再延長戦が終了…(判定は赤白の旗が1-1引き分け)(5審判制)

試し割り判定へと縺れる…(その場での試し割りの試技により、割った枚数の多い方が勝者となる)

永吉選手が先に試し割りを行い、肘打ちによる試技で4枚数を成功させる…

永吉美優選手が【2019世界女子無差別級王者】の栄冠を掴み取った…

神がかり的…

まさに劇的な優勝…

《極真会館2019世界女子空手道選手権大会 2日目 速報》【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【準決勝戦】

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制大会・中量級王者】永吉美優選手の準決勝戦。

初日の準々決勝戦(4回戦)で、ロシアの強豪、iuliia grigoreva選手(russia)から、上段廻し蹴りによる技有りを奪って勝ち上がってきた強豪、shainez elehaimour選手(france)との対戦。

大きな気合いを入れて対峙する両選手。

序盤から激しい打ち合い一進一退互角の試合展開となる。

強烈な突きから下段内股蹴り、中段廻し蹴りで前に出てくるパワーファイターの相手選手に対して、一歩も退かない永吉選手が必殺の左上段前蹴りを放つ。(相手選手の顔面に当たり、バランスを崩して倒れ込み技有りかと思えたが審判の旗は認められず)

更に打ち合いが続く、相手選手の鋭い上段廻し蹴りを何度も見切りながら、自分の距離を保ちながら打ち合いでの突き技、下段廻し蹴り、中段前蹴りと返していく。(突きで前に出てきたい相手選手が、掛けや顔面殴打の反則を繰り返して、試合が中断される場面もあるが、相手選手の注意3で減点1となる)(減点1は技有りと同じ効果)

試合再開数秒後に本戦終了。(本戦3分間)

本戦判定5-0で永吉選手の優勢勝ち!!

準決勝戦を制して見事、決勝戦に進出を決める。

決勝戦の相手は、逆ブロック準決勝戦で【2017全日本女子無差別級王者】【2019オールアメリカン・重量級王者】anastasiia khasanova選手(russia)との激戦を制して勝ち上がってきた、佐藤七海選手【2018世界女子ウエイト制・軽量級王者】との1年ぶりの再戦となる。

永吉選手、2019世界女子無差別級制覇まであと一つ。

世紀の一戦を迎える事となる。