極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】【極真空手の黒帯】【我が師との思い出】

予想以上に、今年夏のカブトム達が大量に幼虫を産んでいて…(軽く40匹以上はいたかと…)

めっちゃ大量にいたから、明日、新しい土に移そうかと考えていた。

彼らが眺めていたのは、10月を過ぎてまだ元気に生きている【ノコギリクワガタの雄】

カブトムの成虫達は、命を全うして全滅したかと思うけど、つい先日まではまだ雄雌ともに生きていた。

16:30〜18:50 少年部クラスを指導。

秋の各大会に向けて、補強、スパーリング、組手稽古、練習試合を挟み、最後はディフェンス稽古を中心に。

【極真空手でのスパーリングや、組手稽古で初めて知る経験が、皆の肥やしとなり経験となり、様々な部分で後々の皆の自信となっていく】

【極真空手をする上で、乗り越えないといけない経験】

それらの話をしながら。

心身ともに強くさせてあげる事。

稽古後に。

厳しい稽古を終えて、清々しい凄く良い表情だ。

女の子達の頑張りって、深い部分で本当に凄くて、本当に応援したくなる。

子供達だから日により、気分の波は必ずある。

そこは男女共に同じ。

20:00〜21:30 山田指導員の一般部クラス。

中城さんが稽古に参加していた。

茶色帯、黒帯になると、何歳になっても柔軟性を身に付けていなくてはならない。

体が硬くて出来ないではなくて、これは続けていたら誰しもが必ず体は柔らかくなる。

努力の積み重ねによりそうなる。

山田先生も中城さんも、当たり前に開脚は出来る。

元々、柔らかい訳ではなくて、ただ継続しているからに過ぎない。

自分自身も柔軟は、180°開脚は当たり前に出来るが、やはり毎日続けていなければ、直ぐに硬くなってしまうはずで。

空手の稽古は継続でしか、何事も何も成り立たない。

稽古に関しては継続していなければ【昔、少し空手をしていた人】というだけになってしまいかねない。

【茶色帯で空手を辞めると、極真空手を少しかじった人、黒帯になるとようやく、そこからが始まりとなり…いわゆる本当のスタート地点となる】

空手を知らない人達に、空手をしている事を知られれば…

【極真空手ですか?へー、いま何段ですか?】という聞き方を実際にされる。

【初段なんだ?…あぁ…】という反応をされて、初段って、初歩的な段階の物ですよね…というニュアンスの返事が本当に返ってくる。

これは本当にある話で。

【極真空手の黒帯の10段です!】とでも言わないと、知らない人達は多分、一人前だなと納得はしてくれないぐらいの感覚なんだと感じる事が、自分自身の過去にも実際に何度もあった。

せめて…というか、当たり前に黒帯にならないと【極真空手をしています】とは、本当に語れない。

ただ本気で、極真空手を好きで、遮二無二に稽古を継続していると、気付いたら黒帯にはなれる。

自分自身は遥か昔、黒澤先生に黒帯を頂いた。

当時の黒澤道場で、黒帯を取得するには【極真のファイティングマシーン】と称された伝説の空手家【黒澤浩樹先生】との厳しい組手稽古を繰り返して、先生に倒される事を何度も何度も、年間を通じて繰り返し…それを当たり前に耐え続けて…初めて、黒澤先生から本当に認めて頂いた者にしか、黒帯は手渡されなかった。

黒澤先生から黒帯を手渡される時には、先生が使用していた物と同じ【ウイニングの白いパンチンググローブ】を、その年の忘年会の時に、新しい黒帯と一緒に年間努力賞を兼ねてプレゼントに頂いた。

その後、本当にボロボロになるまで使い古したパンチンググローブでもあったが、20年以上経った今も、三茶の事務所に置きっぱなしにしてあったかと思うが、ボロボロになり、既に使用出来なくなっても捨てられなかった。(永吉美優さんが、中学生を無敗で戦い抜き、国際大会を3連覇優勝を成し遂げた時には、彼女に同じパンチンググローブをプレゼントしたのだが、彼女はいまだに、その【ウイニングの白いパンチンググローブ】を大切に持っていてくれている)

話が逸れたが…

強くなりたい、空手を好きだと一生懸命に継続していたら、気付いたら黒帯にはなれる。

ただ、ひたすら諦めない事、空手を好きでいる事。

山田先生の熱血指導の下、全開の気合いで稽古に取り組んでいた中城さん。

今後、更に強くなる事は間違いない。

中城さんのモチベーションも、限り無く高い。

2019/10/17

極真空手 東大和道場 水曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【子供達の成長】【◯◯】

16:30〜19:20 少年部2クラスを指導。

太田涼介君、良い足刀だ。

明るいし、空手を楽しみながら遮二無二、稽古に取り組んでいる。

小林乃唯ちゃん、確かに体力が付いてきた。

集中力も増している。

まだ3歳ながらも、既に色々な稽古を一生懸命に出来る。

可愛過ぎる。

天使だなと思う。

久保太陽君、凄く良い。

逞しくなっているし、リーダーシップがあり、少年部達の中でもムードメーカーでもある。

稽古の合間に、皆に大切な話を沢山しながら。

子供達が確かに変わっていくのが、毎日本当によく分かる。

時には嗜めたり、稀にではあるが厳しく叱る事もある。

空手を通じて成長させていく事が仕事だし、彼らには、生きる上での確かな意味のある時間にさせられたらと思う。

楽しむ時には、とことん一緒に笑わせて貰う事も多々あるが。

子供達の成長のスピードには、本当に個人差があり本当に色々。

19:30〜21:00 一般部クラスを指導。

宮本朝延さん、宮本泉美さんが稽古に参加。

準備体操から基本稽古をしながら、補強、ロープトレーニング、キックミット、サンドバッグで追い込み稽古まで。

日々の稽古の積み重ねで、空手の実力も心身共に、上達を繰り返している宮本さん夫妻。

御夫婦で同じ趣味を楽しみながら、継続している事が素晴らしいと思う。

23:30 事務処理をして終了。

考える事が、沢山ある事が幸せな事だなと思う。

あ…これ数日前に食った、石焼き◯。

◯◯やらないと、たまに、◯ー◯◯が◯◯◯◯から。

一緒に、朝方に大ライスを二杯食った。

極真空手 東大和道場 火曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【国際大会優勝への挑戦】【中城毅さん】

16:45〜19:50 少年部2クラスを指導。

秋の各大会に向けた稽古を中心に。

2クラス目の選手Aクラスでは、厳しいスパーリング、組手稽古を繰り返しながら。

一人一人、とても良かった。

彼らの成長を沢山、感じ取る事が出来た。

20:30〜22:00 一般部クラス。(稽古に参加)

中城さんが来てくれて、稽古の付き合いをしてくれた。

シャドー、ミット、サンドバッグでの追い込み稽古、打たせ稽古、イメージを大切にしながら、全ての技に対する受け返しのディフェンスの反復稽古、補強稽古。

多田将太朗君が来れなかった為、昨夜、中城さんに稽古の付き合いを頼むと、二つ返事でOKしてくれて、仕事を終えて直ぐに道場に駆け付けてくれた。

中城さんは、今日も必死の追い込み稽古をしながら、全身汗だくズブ濡れになるまで稽古の付き合いをしてくれた。

最近また更に調子を上げながらも、強さを増している中城さん。

日々の稽古においても、どんな内容の稽古でも、常に全力全開で取り組みながら、手を抜いたり流したりという事が本当に一切無い。

来年は【2020国際壮年空手道選手権大会】での初優勝を目指す。(2017.2018.2019年と、3年間連続の国際大会入賞経験者でもある)

来年以降の国際大会初優勝に向けて、しっかりと稽古の積み重ねさえ出来れば、その後の国際大会連覇を狙える可能性も夢ではないと思う。

破壊力抜群のパワフルな突き蹴りと、誰にも負けない大きな気合いと、必死の形相で毎回の稽古に打ち込む中城さんをカッコいいなと思う。

質の高い良い稽古が出来たし、中城さんに凄く有り難かった。

23:00 ストレッチ、掃除、マッサージを終えて終了。

《2019東京城西世田谷東支部 夏合宿アルバム2》【初日一部稽古】【大澤佳心選手・永吉美優選手 テクニックセミナー】【一級昇段審査見極めクラス】

東京城西世田谷東支部・田口支部長の指導の下、基本稽古。

今回の夏合宿では、大坪航君は一級昇段審査見極めクラスへ参加するようにと、事前に話していた為にこのあと彼は、翌日まで大人達と一緒にそちらのクラスでひたすら稽古。

田無道場の生徒達を撮影していた佐野先生。

更に今回の夏合宿では、極真会館主催で行われる【2019第12回全世界空手道選手権大会】【2019世界女子空手道選手権大会】へ、日本代表として出場予定の大澤佳心選手(昭島道場)、永吉美優選手(東大和道場)両選手によるテクニックセミナーが行われた。

星野悠久君は、黒帯昇段審査に向けて。

来年の今頃には、極真会館・東京城西世田谷東支部での黒帯を取得しているはずだ。

4時間に渡り行われた、夏合宿初日の稽古終了後。

2019//31//

ニューウェル・サンピア沼津

極真空手 東大和道場 日曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【◯◯治療…】

10:45〜12:30 少年部・一般部クラスを指導。

幼年部、小学生、中学生、大人までが参加した。

準備体操、基本稽古をしっかりと行いながら。

先輩達を上回るヤル気と、大きな気合い、返事、立ち方、動作の素早さで立派に稽古に取り組んでいた原大雅君、煤賀昂誠君。

【一つの稽古、動作に心を込める、技は一動作で行う事、しっかりとした技を身に付ける事】をテーマに。

沢山、体を動かして汗を流した。

外の空気も普段よりも澄んでいて、朝から気持ち良いなと感じながら。

天気も良くなり、楽しそうに稽古に来てくれた彼ら。

一般部の諸見里将太郎君、真面目で明るい青年だ。

仕事と家庭がありながらも、10年ぶりだという極真空手の稽古を、新たな気持ちで再開して頑張っている。

少年部、中高生、一般部ともに空手を楽しみながら強くなって貰いたいと思う。

20:00〜21:30 山田指導員の一般部クラスには、中城さんが稽古に参加。

最近、また更に調子を上げている中城さん。

日曜日夜…

最近、定期的に行くようにしている鍼治療だが…

【今日は、200ヶ所近くは刺しました(頭頂部から足の指先あたりまでを、仰向け、うつ伏せの状態で全身)…膝周辺には最大で、6.5センチくらいは刺していますね】と、先生から教えて貰った。

膝周りに何回も何ヶ所も刺す鍼は、すげぇ痛いんだけど… そうか、6.5センチも刺さってんのか…と驚きながら。

身体中、悪い部分があり過ぎるみたいだけど、最近確かに鍼灸治療の効果も感じてはいて、定期的に通う様にはしているが、あれは意味と目的が明確でなければ、曜日を調整して時間を作りながら、何となくは通い続けられないなと感じていた。

側頭部、頭頂部、後頭部とか、顔や目の周辺にも普通にあちこちを刺される。

【先生、これ…毛が無いから余計に痛いんですかね? 刺激で(髪の毛)更に無くなったりしないですか?】と、先生に尋ねると…

【生えてくるかも知れませんね(髪の毛)】と涼しい笑顔で返された。

しかし、唸るな…

何発も何発も、6.5センチも、膝に深々と鍼を刺されると…(針と例えた方がイメージがしやすいのか)

堪えていると、痛くて笑いを発してしまう、流石に。

腰の悪い部分とか、股関節内側、臍の下あたりとかも同じく。

痛みには免疫はあるはずだが、長年を体感してきた格闘技の痛みや怪我の感覚とも、また全く違う感じだし。

2019/10/13

極真空手 東大和道場 金曜日一日。【少年部クラス】【一般部選手稽古】《10月12日(土)道場休館となります》

16:45〜19:20 少年部2クラスを指導。

今日は最初のクラスから対人稽古として、ディフェンス稽古、スパーリング、組手稽古を行いながら。(対人稽古に取り組んで間もない生徒達は受けの稽古、軽めのスパーリングから)

田中千尋ちゃん、山下悠君、土屋賢太郎君、濵田蒼晴君、片岡結斗君も著しい成長を見せていた。

初めて経験して、様々な事を感じ取る事が貴重な経験となり、積み重ねの繰り返しとなる。

土屋賢太郎君、2クラスを連続で参加したが…

【組手やりたい!】と話すのは、いつも彼。

最初のクラスで、先輩達に全力で挑み、腹を効かされたり顔を蹴られながらも、豊富な稽古量とセンスを生かして、前向きに成長を繰り返していた。

2クラス目でも、対人稽古を中心に組手稽古を最後まで。

【明日(土曜日)台風でも空手あるなら、99.9パーセント、稽古に来る!】と、土屋賢太郎君が、稽古後に笑顔で話しかけてくる。

【いやあ…明日はまあ、休みだな…皆の安全を考えないとだしね】と、彼に返しながら。

空手と道場を大好きな彼。

そういう部分が既に立派な才能であり、これから日に日に強くなると思う。

中学生達も終始、高い集中力を保ちながら頑張っていた。

少年部2クラスの稽古後に。

凄く良い笑顔だ。(星野久遠さん、和気清大君)

20:00〜22:30一般部クラス。(稽古に参加)

多田将太朗君のみの為、彼と稽古をしながら。

ロープトレーニング、体幹、ウエイトトレーニング、補強、打たせ稽古(腹、太腿)、腹踏み腹筋、帯引きダッシュ、サンドバッグ稽古、受け返しの対人稽古を中心に、ディフェンス稽古と、対戦相手達の分析を繰り返しながらの反復稽古とイメージを高めながら。

明日、土曜日を休館とする為、タイミング的に今日の稽古へとスライドさせた。

良い稽古を積み重ねてきた為と、稽古の疲労と怪我にも気を付けたい為、明日のハードな選手稽古を控えようと決めながら、調整の稽古をしながら。

24:00 掃除、マッサージを終えて終了。

◼️10月12日(土)は、道場休館となります。

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【◯◯】《※土曜日の台風に関しての御知らせ》

16:30〜18:30 少年部クラスを指導。

一番早くに来た海緒ちゃん。

彼女の空手と東大和道場と仲間達を大好きな気持ちも既に半端な気持ちではない。

健気だし本当に良い子だと思う。

日々の積み重ねから来る強さが、最近明らかに身に付いて来ている。

秋には2度目の経験となる組手試合へと挑む。

今日も色々しながら。

みんな、めちゃくちゃ元気だ。

【尊敬・感謝・忍耐】の話をしながら。

一年中、年齢学年に関係無く共に稽古を積み重ねている為、自然と全員が兄弟姉妹みたいな間柄になる。

そういう場所であり、彼らの大切な居場所だ。

稽古後…

【…せ…んぱいたちが…たくさん…いる】ワールド空手を見ながら、安洋君が呟く。

彼は、中国語も日本語も英語も話せる。

凄く可愛らしい男の子だが、とにかく真面目だし、しっかりしていて礼儀正しい。

恭士君、太陽君、全力で頑張っていた。

盛り上げてくれた。(松川恭士君は秋季関東大会に出場予定)

19:00〜22:00 自主トレ。(サンドバッグ、ミットで追い込み稽古、3分×12ラウンド、帯引きダッシュ、打たせ稽古、ウエイトトレーニング、補強、シャドー)

放心状態になり動けなくなるまで、とことんやった。

既に仕上がっていると思う。

あと数回の稽古で切り上げる予定。

自分自身の稽古も試合も大事な仕事として。

調整も緊張も全てが、本当に同じ気持ち。

こんなに幸せな人生があるのかと、様々な事に感謝をしながら。

そこは決して忘れたらいけない部分で、全てが当たり前ではないから。

24時間、本当に常にそんな気持ちでいる。

20:00〜21:30 山田指導員の一般部昇級昇段クラス。

山田指導員の一般部クラスには、二ノ宮さんが稽古に参加していた。

山田先生の熱血指導のもと、積み重ねをしていた二ノ宮さん。

最近、定期的に稽古にも来れるようになり頑張っている。

古くからの会員さんであり、凄く真面目な方で、これからも大好きな極真空手を続けて貰いたいと思いながら。

23:30 山田先生にマッサージを施して貰い、ストレッチをして終了。

◯◯、◯◯◯てから。

熱い風呂、水風呂、繰り返しが、とにかく効く。

27:00 食事。

◼️10月12日(土)は台風接近に伴い、道場臨時休館となる可能性があります。

※10月11日(金)夜のホームページにて御知らせします。