2020/9/28。【少年部クラス】【心身錬磨】

月曜日少年部クラス。

布田飛翔君の振り替え審査を兼ねて。(小学6年生)

立派な審査内容だった。

9級審査に合格。(オレンジ帯一本線)

赤城瑠唯君、入澤泉樹君、先輩達に負けじと、イキイキと頑張っていた。(共にマイペースな性格で凄く真面目だ)

中学生達も稽古に参加。(大舘杏紀さん、清水大地君)

皆、凄い勢いで稽古を積み重ねた。

【心身錬磨】【何の為の空手の稽古なのか】の意味を全員に伝えながら。

2020/9/28

2020/9/27。【日曜日一日】【多田将太朗指導員・夜一般部クラス】

日曜日午前中の少年部クラス。

朝から皆元気だった。

佐藤桃花ちゃんの振り替え審査を行いながら。(全てばっちり)

一般部の宮本さんも、久しぶりに日曜日午前中のクラス稽古に参加。

沢山、体を動かして汗をかいて心身共に健全に。

子供も大人も凄く大切な事だ。

20:00〜21:20日曜日夜の多田将太朗指導員による一般部クラスには、神代さん、星野悠久君、星野久遠さん、荒井翔大郎君、加藤遥斗君が稽古に参加。

対人稽古が中心で稽古が行われた。

後半はフィジカル、補強稽古まで。

ウエイトトレーニングしながら、多田君の一般部クラスと皆の様子を眺めていたけど。

スパーリング、組手稽古も全員良かった。

徐々に量も増えていくかと思う。

23:00多田君と稽古のチェックをして終了。

2020/9/27

2020/9/26。【少年部昇級審査会】【飯田理愛さん】【一般部選手稽古】

15:00〜17:20少年部昇級審査会。(土曜日)

礼法、立ち方、基本稽古では、全種類を全員が全力で行いながら。

立ち方の足の角度、一つ一つの基本技の意味を一人一人に質問をしながら審査を進めた。

皆、緊張していた。

上級者となる、緑帯4級審査を受審した飯田理愛さん。(小学6年生)

彼女にも課題は常日頃から伝えてあるが、基本技、移動、型、しっかりと稽古を積み重ねてきた立派な内容だった。

今年は実際に、心身共に物凄く成長している。

一番評価してきたのは、彼女の向上心の部分で、大好きな空手に夢中になり、自分自身を高めるのだという意気込みを、日々の稽古の中で見て感じてきている。(稽古時の彼女の立ち振る舞いにも、それらの変化がありありと表れていた)

これまでには時に苦手としてきた、基本技、移動稽古、今回の審査項目となる上級型にも、積極的に自主トレも積み重ねて、日々の稽古を積み重ねてきた。(現在の稽古回数は週に5日間を、毎週欠かさずに道場に来て稽古している)

過去の組手試合では、数々の優勝経験と入賞実績もある。(昨年の支部内交流試合での組手試合では【特選クラス】での準優勝)

彼女には今後の課題を伝えた後【今のままの真剣な気持ちで続けていけば間違いないし、好きな空手で更に自分を高めて自信を積み重ねて、皆の(仲間達、先輩後輩)リーダーになっていって貰いたいし、ならそれが出来るし期待している】という話をした。

対人稽古での受け返し、スパーリング、組手審査も行いながら。

最後は柔軟審査、補強審査までを全員で。

2時間以上の審査会となたが、緊張の中で一人一人が凄く立派な審査内容だったと思う。

今日の審査会では一番歳下となった、原大雅君、また一つ経験と自信を積み重ねた。

道場に来た時から表情から緊張感が伝わってきたが、最初から最後まで汗だくになりながらも本当に一生懸命に頑張れた。

全員を合格とした。

19:00〜22:00一般部選手稽古。(多田将太朗君と稽古)

心技体を鍛える事。

厳しい稽古を積み重ねる事に、自信と誇りを持つ事。

常に創意工夫を積み重ねて、イメージと経験を元に更に深い稽古としていく事。

フルコンタクト競技ルールのみの空手の稽古に留まらない事。

新しい経験を取り入れながら積み重ねる事、試行錯誤する事。

その全てが、結局は心の稽古の積み重ねとなる。

それだけの事をしているし、何一つ無駄な事がない。

23:10永吉美優さんの祝賀会に向けた会議を進めて一日を終了。

2020/9/26

2020/9/25。【金曜日一日】【子供達の成長】【一般部昇級審査】

金曜日少年部最初のクラス。

色々。

皆良くなっている。

幼年部達、めちゃ元気。

以下、金曜日少年部2クラス目。

中学生達も稽古に参加。

対人稽古を中心に。

立ち方、話の聞き方、返事や気合いに関しても、様々な部分で意識の高くなっている生徒達が見受けられる。

和気清大君(物事全てに対しての真面目な姿勢、先輩としての自覚、組手での粘り強さや気持ちのコントロールに関しての成長を感じる

磯部秀太君(稽古に対する意識の高さと前向きな姿勢、補強に関しては筋力、持久力が著しくアップしている)

太田涼介君(組手での強くなろうとする意識の高さ、話の聞き方であったり、自然体(不動立ちの)姿勢も凄く良くなっている)

久保太陽君(日々の稽古の積み重ねで筋力や体幹が強くなり、組手の強さも伸びている)

彼ら以外にも全員にそれぞれの課題があり、それぞれが少しずつ変化して良くなっている部分がある。

積み重ねと継続でしか変われない部分ばかりの為、時に浮き沈みや停滞もあり、難しい部分もあるが、諦めずに根気強く続けているとやはり変わる物だから。

金曜日夜の一般部クラスには、石河ローレンス君、丹羽さん、池上さんが参加。

丹羽さん、池上さんの昇級審査を行いながら。(10級審査を受審)

礼法、立ち方、基本、移動、型、体力、柔軟、対人稽古の受け返し、筆記審査までを90分間程でじっくりと行った。

対人稽古の審査では、石河ローレンス君がパートナーを務めてくれた。

丹羽さん、池上さん、二人とも素晴らしい審査内容だった。

2020/9/25

2020/9/24。【2年間の積み重ねと成長】【木曜日一日】

木曜日少年部クラス。

今週土曜日の少年部昇級審査に向けて。

見極めをしながら。(数名に審査用紙を渡せた)

佐藤桃花ちゃん、気合い、返事、いつも一番立派。

組手も絶対に強くなるはず

自分の苦手な部分や欠点、逆に良い部分となるセールスポイントを知る事、よく理解する事を皆に話しながら。

皆、真剣に考えて話をしてくれた。

濱田蒼晴君、引越しの為に退会となるが、東大和道場に来てからの2年間の空手での頑張りと経験を今後に活かしてくれると思う。

地方の道場から東大和道場に移籍して来た当時と比べても、心身共に凄く強く逞しくなったと思う。(今年は惜しくも出れなかったが、昨年出場した初の組手試合も凄くカッコ良かったし、彼らしい立派な組手だった)

【別れではないし、引っ越す間際まで道場においで】と、彼には伝えた。

いつも彼自身が感じた素直な気持ちを、その場でその時に、常に真剣に話して聞かせてくれた生徒の一人だ。

少年部クラス稽古後には、昇級審査に向けた、一人一人の課題や時期とタイミング、次にステップアップするにおいての大事な意味を話しつつ、彼らの気持ちを聞きながら話し合いながら。

明るくて素直な子供達ばかり。

19:00〜23:00稽古、指導。

稽古を積み重ねる事、深く考える事、自分自身と向き合う事。

心身を練り上げる気持ちで。

20:00〜21:30木曜日夜の一般部クラスには、石河ローレンス君のみが参加。

彼のみの為、一緒に稽古をしながら。

厳しい追い込み稽古の際に、必死の時に感じる心の保ち方、乗せ方、踏ん張りどころを話しながら。

ストレッチの重要性も、日頃から常に話しながら。

彼は日々積み重ねる柔軟で開脚をしながら、胸や腹が床に着くようになっている。

2020/9/24

2020/9/23。【連休明け】【水曜日一日】【武道】

水曜日少年部最初のクラス。

今週土曜日の少年部昇級審査に向けて。

正しい技にしていく事を意識させながら。

返事、気合いを大きくをテーマに。(基本稽古を全種類を全員でしっかりと)

以下、水曜日少年部2クラス目。

フィジカルトレーニングを徹底して稽古しながら。

後半はミット、サンドバッグで更に追い込み稽古。

稽古に取り組む姿勢、ヤル気を含めて全てを審査の見極めとしながら。

水曜日夜の一般部クラスには、湊さん、神代さん、星野悠久君、石河ローレンス君が稽古に参加した。

入念なアップと対人シャドーから。

受け返し、スパーリング、組手稽古を行いながら。

様々な状況を想定する事として。

競技ルールのみの為の稽古に捕われない事を話しながら。

常にお互いが高まっていける事を理想として稽古を積み重ねている事。

それらを含めて皆に語り掛けながら。

皆素晴らしい頑張りを見せていた。

まだまだ進化すると思う。

稽古後は全員が更に、それぞれの自主トレに取り組んでいた。

2020/9/23

2020/9/20。【日曜日少年部クラス】【多田将太朗指導員・一般部クラス】

日曜日午前中の少年部クラス。

届いた箱を開けながら、カブトムシの新しい土を楽しそうに出してくれた彼ら。

夕方、土を入れ替えると、5、60匹の幼虫達が育っていた。(早くに産まれていた幼虫達は既にかなりのデカさに)

審査の見極めを含めて。

秋庭仁君に、審査用紙を渡せた。

連休中ではあるもの、日曜日の稽古を楽しんでいた子供達。

日曜日夜の、多田指導員の一般部クラスには、神代さん、荒井翔大郎君、加藤遥斗君が稽古に参加。

加藤遥斗君、一般部クラスでの稽古を成長の糧にして貰いたい。(中学一年生)

2020国際青少年大会を目指す、荒井翔大郎君。(中学一年生)

破壊力のある突き蹴りを放ちながら、ひたすら追い込んでいた神代さん。

自己鍛錬を積み重ねる。

2020/9/20

2020/9/19。【土曜日少年部クラス】【◯◯感】【一般部選手稽古】

土曜日少年部最初のクラス。

一人一人、みんな凄く良かった。

毎回毎回の稽古の積み重ねではあるもの、本当に日々、様々な成長と変化を繰り返している子供達。

以下、土曜日少年部2クラス目。

石井透真、高い集中力とヤル気を発揮していた。

日々、溢れんばかりの才能を見せている、和気清大

煤賀昂誠君、先輩達も凌駕する物凄勢いだった。(絶対に強くなる)

一日にして成らず。

19:00〜23:00一般部選手稽古。(多田将太朗君と稽古)

対人稽古、スパーリング、ウエイトトレーニング、サンドバッグ、フィジカル、補強稽古までを確実に。

心の稽古なんだと。

本当に。

そこ。

共に怪我も無く、無事に稽古が終われて良かった事、意味のある本当に深い稽古が出来た事。

本物の充実感。

2020/9/19

2020/9/18。【金曜日一日】【少年部クラス・一般部クラス】【高校生・壮年部】

夕方、山田先生が久しぶりに道場に来てくれた。

永吉美優さんの祝勝会の事を含めて打ち合わせ。

忙しい様子ながらも元気そうで良かった。

また稽古か指導にも来てくれるかと思う。

金曜日少年部最初のクラス。

審査の見極めを中心に。(腕立て伏せ、基本稽古を全て)

白帯の幼年部達、稽古に集中する持続力が少しずつ付いてきている。

以下、金曜日少年部2クラス目。

こちらも審査の見極めをしながら。(フィジカルトレーニング、補強、後半は移動、型稽古を重点的に)

今現在の自分自身を分析しつつ、常に課題を持ちながらと、稽古前に皆に話しながら。

前半、後半、数名に審査用紙を渡せた。

金曜日夜の一般部クラスには、中城さん、池上さん、星野悠久君、石河ローレンス君が稽古に参加。

池上さんは、マスシャドーや、対人稽古の受け返しの稽古をひたすら反復。

半年ぶりに道場稽古に復帰している中城さんだが、久しぶりの対人稽古となるスパーリングではあるもの、素晴らしい技術テクニックと強さを見せていた。

中城さんの場合、稽古を繰り返し継続していくだけで、若者達と変わらないかの様な伸び代と成長のスピードを感じられる事が多々ある。

開口一番でスパーリングをやりたがっていた中城さんだが、久しぶりの対人稽古を堪能していた。

前日に引き続き、頑張っていた高校生達も成長が見られた。

身体能力の高い池上さん、極真空手を通じて心身鍛錬を目的とされているとの事。

怪我と体調に気を配りながら、焦らずじっくり楽しみながら継続して貰えたらと思う。

一般部クラス稽古を終えて掃除後には、全員が自主トレのウエイトトレーニング、補強稽古を行いながら。

今月、一般部10級を受審予定の池上さんも、自主トレの反復稽古に取り組んでいた。

2020/9/18

2020/9/17。【少年部クラス】【一般部クラス】【高校生達】

木曜日少年部クラス。

濱田蒼晴君、元気そうだし良かった。

彼は数年前に東大和道場に移籍してきた生徒だが、当時よりも本当に逞しくなった。

小林乃唯ちゃん、しっかりしてきた。

野津愛翔君、昔の星野悠久君に少し様子が似ている。

木曜日、けっこう来たな子供達。

久しぶりの対人ミット稽古。(突き技を正確に打ち込む事をテーマに)

今日だけでも、皆の確かな上達が見られた。

明日以降も審査の見極め。

20:00〜22:00木曜日一般部クラスにて、星野悠久君、石河ローレンス君と三人で稽古。

対人稽古となる、スパーリング、組手稽古、ウエイトトレーニング、補強稽古まで。

自分自身、そろそろ必要な時期と考えていた為、今日は自主トレではなく、皆と手合わせをするつもりでいた。

夜稽古に来たのが、たまたま高校生達のみだったが、彼らの今現在の実力を観察しながら、ユース達の組手技術やスピードを体感する事を目的として。

まだ壁にはなれるから、彼らの今後の経験と肥やしになればと。

二人とも純粋だし、これからの若者達だから。

星野悠久君は、秋の2020高校生ワールドユースエリート大会にエントリーしていて、石河ローレンス君は、秋の2020関東青少年大会を目指す。

幼い頃から見てきた生徒達だし、強くなって貰いたいし、これからも頑張って貰いたいな。

本当に。

2020/9/17