2018城西世田谷東・支部内型交流試合。【裏方編】【東大和道場の中学生達】

スタッフ集合時間の30分近く前には、早めに会場に到着していた彼ら。

今回、支部で6人の手伝いスタッフが必要になり、人手が足りない中、東大和の中学生達が5名も手を挙げて、率先して手伝いを引き受けてくれた。

凄く助かり、有り難い事で立派だなと思う。

一人一人、重要な役割りを任されていたが、夕方6時まで一生懸命に働いてくれていた。

石井伽月君(中学1年生)、佐久間一華さん(中学2年生)杉浦優香里さん(高校1年生)は、赤白の各コート選手係りに。

飯酒盃龍君(中学1年生)、西村陸君(中学1年生)は、アナウンス係りと記録係りを行なってくれた。

アナウンス係りを誰にするかと、事前に聞くと…

むしろ率先してやりたがっていたのが、飯酒盃龍君だった。

130試合程もあった試合の、各選手達の名前をコールしながら、最後まで立派にアナウンスをやり遂げてくれた。

聞くと彼は現在、中学校でも放送委員を行なっているらしく、恥ずかしがらず物怖じしない様子を見た時には納得がいった。

一般部クラスでも、返事や気合いの大きさは中学生達の中でも一番凄い。

年頃になると、なかなか返事や気合いの声の大きさが出なくなりがちな中でも、彼の稽古中の気合いや気迫は、中学生になっても幼年部時代の明るさと激しさのままだ。

良い事だ。

田口支部長からも褒められていた飯酒盃龍君。

田口支部長から話をされていた中に…

家族や仲間達、応援してくれる先輩後輩を含めて、多くの人達の協力や支えがあってこその試合場であり、ただ強ければ良い訳では無いという事が本当に当て嵌まると思う。

今回行われた【城西世田谷東・支部内型交流試合】の成功の裏側には、彼らの協力もあったからこそ、参加選手達が試合を出来た事もやはり事実だ。

彼らの協力は有り難かった。

また、今の彼らの姿を見て、彼らの下の少年部の後輩達も自然にそうなっていくはずで…

長年、今の彼らの姿を理想に思い浮かべながら、空手を指導してきた成果が表れてはいるなと感じる。

入賞、優勝の試合結果だけが全てで無いという事は本当にそういう部分だ。

彼らとは中学生になる際に、部活選びについての話し合いを重ねてきたが、彼らは全員が、空手を続けたいという選択をして、中学校の部活は、週に一回、もしくは二回程度の空手に支障の出ない、稽古時間を奪われず、肉体的にも楽な部活を選択している。(読書部、科学部、美術部、花道部等)

勿論、やりたい事は一生懸命にやるべきだし、最終的には何の部活を選んでも良いし、勿論応援もすると、彼らには話をしてきている。

彼らの先輩達でもあるが、中学校の時期を更に稽古を積み重ねながら強くなり続けた、星野悠久君、川内翔太朗君、坂本元輝君、土方蓮斗君、井上彪雅君、雨宮伶空君達にも、同じ話をして空手を指導しながら育てて来たが、彼らは実際に中学校の3年間を、空手をひたすら継続して、やり切ってもいる。(現在、高校受験勉強期間の為に休会中ではあるが、彼らは誰も空手を退会してはいない)

彼らが幼い頃から、空手を通じて築き上げて来た彼らとの信頼関係の部分は少なからずあるという自負はある。

どんな形でも、長く続けていく事が本当に大切だという事を、ひたすら彼らには話しているし、その様に導いてあげる事を常に考えて、幼い時期から子供達と接している。

それくらいの気持ちで、毎日毎日長年を空手を通じて接してきたのが今の生徒達で。

試合場では、在り来たりの話をしない様にしているし、色々と言いたくは無いし、昔から実際に言わない様にしている。

そういう言葉は基本的に、子供達には全く響かないから。

毎日毎日、日頃から常に真剣な気持ちで彼らに語り掛けている為、試合場では勝っても負けても褒めてあげるだけで良い。

彼ら自身が色々と感じる事が、一番の勉強となるから。

今の生徒達も誇りだ。

少年部達には一生懸命に接していたら、自然と、今の中学生の彼らみたいになっていくし、何と無く空手を辞めない様になる。

極真空手を彼らにとっての掛け替えの無い物にさせていく事。

常にそれを理想としている。

試合結果に踊らされる必要は皆無だし、今の強い先輩達も少年部時代には、負け続けてきた先輩達ばかりしか逆に残っていない。

メダルやトロフィー、入賞結果には何ら意味も無くなる時が必ず来る。

いずれ、そんな部分は気にもならなくなり、継続していけば、今の自分自身と向き合う時が自然に来るから。

また、そこで初めて本当の意味での極真空手となるかと思う。

自分自身も勿論だが、たかだか20年、30年では理解が出来ない部分なんだなと思う。

組手試合、型試合は、それを目標にしながらも、日頃の自分を…より高める事が目的だし確認の場となる。

より長く、更に深い部分で極真空手を続けられる物にする事が出来れば良いのではないだろうかと思う。

大いに話は逸れたが、自分自身が幼い時期からの子供達に空手を教えているのは、長く継続する為の空手であり、試合の優勝結果では無いという事。

そんな喜びは本当に…ほんの一瞬の物でしか無いし、長くて2週間もすれば、徐々に忘れていく物だからだ。

ただ、自分自身の生徒達が活躍をしたら、自分の事以上に讃えるし、実際に自慢をするんだけど。

まあ、それも当たり前だ。

結局、生徒達が可愛いし、空手での彼らの成長は、自分自身の生きる上での様々な部分にも繋がっているからだ。

《2018夏合宿・組手試合 各申込み〆切りに関しての御知らせ》《6月28日(木)〜7月1日(日)少年部クラスは休みとなります》

■6月28日(木)~7月1日(日) の少年部クラスは休みとなります。

※水曜日は少年部クラスのみとなります。(夜の一般部クラスは休み)

※今週木曜日・日曜日の山田指導員の一般部クラスのみ通常通り行います。

■9月に行われる【2018横浜カップ】の申込み〆切り、8月の【極真祭】全日本女子ウエイト制、全日本青少年大会の申込み〆切りは以下となります。

※明後日6月27日(水)までとなります。(水曜日夜19:00まで)

■8月の夏合宿の一般部(中学生以上)の参加申込み中です。

※中学生以上一般部の夏合宿参加申込み〆切りは7月2日(月)まで。

■7月3日(火)~少年部4年生以上の夏合宿参加申込みを開始致します。

■7月の演武会の申込み〆切りは7月11日(水)までとなります。

※参加費無料

以上、お間違えのないよう宜しくお願い致します。

2018第9回城西世田谷東・支部内型交流試合2。【再び】

1回戦、2回戦(準決勝戦)を勝ち上がり、決勝戦に挑む宮本朝延さん。(東大和道場)

過去の支部内型試合では、幾度となく対戦してきた両者でもあるが、過去に7、8年を同じ舞台で試合をしている。(今回も昭島道場の田中さんとの決勝戦となった)

昨年2017西日本型大会での決勝戦でも対戦している両者。(2017西日本型大会では宮本選手(東大和)が優勝、田中選手(昭島)が準優勝の城西世田谷東支部の同門対決)

今大会、互いに2試合を勝ち抜き、決勝戦にて再び、ライバル対決を迎える事となったが…

本当に甲乙付け難い試合内容となった。(前回は2-1で宮本さん、今回は1-2で田中さんが勝利)

宮本朝延さん、今回も支部の型試合を盛り上げてくれながらも、東大和道場の少年部達にとっても心強かったと思う。

2018第9回城西世田谷東・支部内型交流試合1。【東大和道場】

13:30 選手集合。

アップを終えて。

14:00〜開会式。

東大和道場からは、6名の選手達が出場。

組手試合と同じく、型試合にも挑戦した事も全員が立派だなと思う。

昨年末に入会して、今年は支部内組手試合、今回は支部内型試合にも挑戦した久保太陽君。

初出場ながら2回戦に勝ち進んだ。(1回戦は3-0判定勝ち)

極真空手 東大和道場 土曜日 少年部クラス。【継続】

14:30~17:30少年部2クラスを指導。(昨日 土曜日)

最初のクラスでは幼年部の子供達が楽しく稽古に取り組んでいた。

補強、フィジカル、体幹、ロープトレーニング、ミット稽古、型稽古まで。

最後に道場訓や武道についてを皆と話しながら。

2クラス目の先輩達は、来週7月1日(日)の茨城県大会に向けた選手達の追い込み稽古。(フィジカルトレーニング、スパーリング、組手稽古)

最後は支部内型試合に向けて、選手達の反復稽古と確認をしながら。

稽古後には皆と話をしながら。

みんな確実に頭も良くなっている。

夕べ…。

空中を飛んでいたカブトを…手で叩き落として捕まえた。

飛び跳ねて右腕で、叩く瞬間に…

『あっ、雄だ』

そんな独り言を発していた。

ブンブン飛んでいた、カブトムシに右の手の平に当たる手応えがあり…

『よっしゃ!捕まえた!』

捕まえた瞬間に、カブトムシの背中の匂いを嗅ぐもの、カブトムシは臭くは無い。

深夜の森林のマイナスイオンも半端で無い。

大勢で昆虫を楽しく捕まえに行くとかは絶対にしない。

一人で、こそこそ捕まえるからこそ、楽しい訳で…仲間で、わーい!みたいなのを全く好まないし、狩りは一人で楽しみたい。

勿論、カブトムシ、クワガタに関してはだ。

他は分からないし知らないから。

幼い頃から、周囲との協調性はゼロに等しかった。

ただ、大切な物には命を懸けたい気持ちというか理想の気持ちは物心が付いた頃から常にあった。

久しぶりに。【阿部華恋さん】

良い笑顔を沢山、見る事が出来た。

中学生になり、毎日、充実した日々を送る阿部華恋さんだが、彼女のバックボーンは、本当に極真空手の稽古の積み重ねにより培ってきた…

物事に対しての粘り強さや、根気強さなんだなと思う。

道場に入って来る際の彼女の笑顔を見ると、嬉しくなり元気を貰える。

稽古中も稽古後も、本当に食い入る様に真剣に話を聞いてくれていた彼女。

過去の組手試合では、数々の感動と名勝負を繰り広げてきた彼女だが、当時、まだ保育園児だった、彼女の入会手続きをした時の様子や会話を鮮明に覚えている。

彼女の素直で優しい笑顔を久しぶりに見る事が出来て良かった。

極真空手 東大和道場 金曜日一日。《6月24日(日)少年部クラスは休みとなります》

16:45~19:30 少年部2クラスを指導。 (昨日 金曜日)

幼年部の子供達、頑張っていた。

先輩達が幼い後輩達を優しくサポートしてくれている。

誰が空手を習いに来ていても、皆にとって確実に意味のある物となる様に。

宋安洋君、お母さんがいなくても最初から最後までしっかりと稽古が出来る様になった。

西村陸君、大舘雄斗君、大舘杏紀ちゃんの兄妹も全力の頑張りで凄く良かった。(西村陸君、大舘雄斗君は中学生)

皆、本当に一生懸命に頑張っているし、空手の稽古が彼らの日常に役立つ物になれば思う。

空手を通じて何かしらの形で皆を変えていく気持ちで。

2クラス目の先輩達は、フィジカル、スパーリング、組手、型稽古の反復稽古を中心に。

来週日曜日のJOSOカップ(茨城県大会)に向けて追い込み稽古。

最後は日曜日に型試合に出場する松川恭士君、久保竜馬君、太田涼介君の型の反復稽古と確認をして終了。

毎回、色々と気にしながらチェックをする事が大切。

自分自身でもそれを出来る様になって欲しいなと思いながら。

【全てを人に言われてから動くのではなくて、自分で考えて今やるべき行動をとる事が出来る様になる事】

少年部クラスでは、いつもそれを話している。

夜の一般部クラスには、中学生達が全員、試験勉強期間中の為、珍しく誰も来なかった為、しばらく出来ていなかった事務仕事と演武会の準備を進めた。

■明日6月24日(日)は、第9回支部内型交流試合の為、午前中の少年部クラスは休みとなります。

※夜の山田指導員の一般部クラスは通常通り行います。

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【極真空手の黒帯】

16:30〜18:30 少年部クラスを指導。(昨日 木曜日)

補強、フィジカル、体幹、ロープトレーニング、ミット稽古、型試合に向けた反復稽古、移動、型稽古まで。

全員、いつも通りの凄い頑張り。

ヘッドガード、サポーター類を購入した坂井優斗君、結依ちゃん。

二人とも、いつも凄く真面目だ。

空手を始めてから、本当に驚く程に体力が付いた。

性格もとにかく優しい兄妹だ。

空手も大好きだし、好きでいさせてあげたいなと思う。

20:00 〜22:00 山田先生の一般部クラスには、多田将太朗君のみが稽古に参加していた。

2人は互いに延々と、足掛け技の研究と反復練習を繰り返していた。

【極真空手の城西世田谷東支部の黒帯とは、実際に組手が強い事】

そう話す山田先生。

自分自身も本当にそう思う。

極真空手の黒帯を取得するには、この部分は本当に必要とされている部分でもあり、ここは避けて通れない部分で、繰り返し繰り返し続けていかなければならないし、それを目指して探求し続けなければならないし、決して途中で諦めたらいけない部分の一つでもある。

稽古を継続する為のモチベーションとなる大切な要素の一つだと思う。

何の為の強さか、何が本当の強さなのかと…考えれば本当にキリが無いし、空手を通じて自分自身と向き合うこと。

自分自身も稽古では常にそれを考えて継続してはいるが、やればやるほどに、なかなか難しくて、更に継続してやり続けなければとも思うし、実際にやれる環境にいられる事にも感謝の気持ちを決して忘れたらいけないなと常々思う。

挑戦する事。

毎日毎日、常に思い続けている。