極真空手 東大和道場 水曜一日。【短期講習5日目終了】【子供達の成長】

14:00~17:20(短期講習5日目)

飯酒盃龍君、大坪航君、佐久間一華さん、平石千賀さん、星野久遠さん、松川恭士君、松島愛実さん、松島颯汰君、原環奈さん、煤賀南羽さんが参加。(10名)

フィジカル、補強稽古の後は、移動、型稽古。(移動、型稽古には1時間40分間を割いた) (合計3時間の稽古となった)

平安1~5までを反復稽古と、全ての型の分解説明を指導しながら。

大坪航君、飯酒盃龍君、平石千賀さん、佐久間一華さんには、御互いを使って分解説明を皆の前でして貰いながら。(御互いに確認をしながら)

彼らはこの5日間で、様々な型の分解の意味を理解してくれた。

上級型は【三戦】【突きの型】【撃砕大】【最破】【転掌】等を行った。

初級型は【太極1~3】【足技太極1~3】等。

移動稽古は9級~2級審査までの内容を反復しながら。(少年部・一般部審査内容)

中学生以上の緑茶・茶色帯については、どうあるべきか、少年部と一般部の違い、参加者の現時点での実力と課題を、様々な角度から分析しながら一人一人に話をしてきた。

帯に見合う空手の実力と人間性を身に付けていかなければいけないという事を、大坪航君、飯酒盃龍君、佐久間一華さん、平石千賀さんに話をしながら。

組手が強いのは当たり前、組手の試合実績が秀でているだけでも勿論ダメで。

彼らには、細かく説明をしながら話をしながら。

【ただ優しいだけでもダメだよ】と。

【きちんと色々な事を理解していないといけないし、自分の気持ちを、きちんと相手に伝わる様に、大きな声を発して物事をしっかり話せる様にならなければいけない】

そんな話をしながら。

道場での立ち振舞い、空手の稽古への取り組み方は、彼らの日常や学校生活にも必ず繋がってくるはずで、上級者になれたのであれば、少年部でも中学生でも尚更に理解をしていかなければいけないと思う。

彼らに話をする度に、自分自身にも常に言い聞かせている部分もあるが、未熟なだけに、非情に苦しさを伴う事が沢山あったりもする…

大人になる程に、簡単では無くなる部分が沢山あるから。

いつまで経っても、前後が何も繋がらなくて、いつまでも…全く同じ話ししかしない大人も沢山いる。

子供達は純粋なだけに、そうならないでいて貰いたいし、今の純粋な気持ちに空手を通じて、感受性豊かな、強く優しく、賢い人間になって貰いたいなと思いながら、彼らに空手を教えている。

最終日、今日の後半の稽古は受け返し、スパーリング、組手稽古、ミット稽古で終えた。

この5日間で、彼らの沢山の成長を感じ取る事が出来た。

毎年夏には、恒例となっている短期講習でもあるが、普段のクラス稽古とはやはり様々な部分が実際に異なる物でもある。

稽古内容も短期講習のコンセプトも、普段のクラス稽古とは全く別物だからだ。

この5日間で、皆の更なる可能性や、良い部分を沢山感じ取る事が出来た。

それが物凄い収穫だと思う。

5日間の短期講習で、彼らは15時間以上を全力で極真空手の稽古に取り組んだ。

東大和道場の短期講習5日間を、無事に終える事が出来た。

暑い中、皆本当によく頑張ってくれたと思う。

稽古後には、子供達が一生懸命に道場を綺麗に掃除をしてくれた。

5日間、みんな本当にお疲れ様でした。

18:00~20:00自主トレ。(ウエイトトレーニング、体幹、ロープトレーニング、補強、シャドー)

明後日から京都入りとなる為、今週やるべき稽古をしながら。

先日、月曜日の選手稽古の疲労が朝から、ありありだったが。

時期なだけに、稽古の内容は慎重にした。

しかし、腹減ったな…

ちょっと飲みたいし。

極真空手 東大和道場 火曜日一日。【短期講習4日目】

14:00~17:20(短期講習4日目)

飯酒盃龍君、大坪航君、佐久間一華さん、大舘雄斗君、大舘杏紀さん、荒井翔大郎君、松川恭士君、原環奈さん、和気清大君が参加。(9名)

松川恭士君、昨日の不調が嘘の様に、今日はフルマックスの絶好調な頑張りをした。(昨日は実際に調子が良くなかった)

大きな気合い、ヤル気、技の勢い、誰よりも凄かった。(特にミット稽古も半端でない…)

和気清大君も、日に日にセンスを増している。(運動神経が抜群に良い)

飯酒盃龍君、大坪航君、佐久間一華さんも、連日の厳しい稽古で疲労が溜まる中、最後まで全力でやりきっていた。(全員、パワーを増していると思う)

大坪航君は、今週土曜日に京都で【極真祭】に挑む予定だが、既に凄い仕上がりだと思う。

明日の稽古では、調整を考えて最後の稽古となる。

佐久間一華さん、松川恭士君、原環奈さんも明日が最後となるが、彼らも4日間を短期講習に参加している。

大舘雄斗君、大舘杏紀さんの審査の見極めと、彼らの審査技を反復しながら、二人に次の課題を伝えながら。(雄斗君も稽古に来たら真面目だし、技も上手い)

飯酒盃龍君、大坪航君、佐久間一華さん、荒井翔大郎君は、上級の移動、型稽古を反復しながら。

彼らは緑帯、茶色帯を控えている事もあるが、じっくり積み重ねる時期でもあり、焦らず根気よく続けて貰いたい。

【周りと自分を比べない事】

【今やるべき事をしっかり積み重ねていく事】

【次に何が必要かを自分自身でも常に考えながら稽古に取り組む事】

いつも皆に話している部分でもあるが、大人になっても、空手の黒帯になっても、そこは常に同じだし変わらない。

そんな話をしながら。

移動、型稽古以外は、組手稽古を無しとして、フィジカル、補強稽古、ミット稽古を中心に徹底的に追い込み稽古を繰り返した。(今日も3時間の短期講習となった)

最後はじっくりストレッチをして、皆に話をしながら。

短期講習4日目が終了。

明日は最終日となる。

楽しみだ。

極真空手 東大和道場 月曜日一日2。【一般部選手稽古】

19:00~22:20 一般部選手稽古。(神代さん、湊さん、多田将太朗君と一緒に稽古に参加)

シャドー10分間、組手2分×27ラウンド、打たせ稽古(腹、太股)、サンドバック、中ミットで打ち込み、追い込み稽古、ウエイトトレーニング、補強稽古。

今の時期に、本当に良い稽古が出来た。

極真会館でのルールが改定されてから2年が過ぎたが…

いくつかの改定ルールの技が、実際に身に付いてきているのも事実で、継続していると、必ず変化があるのだという事に実感が持てて、それはとても嬉しく思う。

改定技に関しての対応力にも、免疫が付いてきているかとも思う。

まだまだ研究する事ばかりだし、実践の組手試合で、それを発揮する事が出来るまでには実際に根気も勇気もいる。

組手稽古後には、皆で稽古を振り返りながら、御互いの感想を話し合いながら。

多田将太朗君とも毎回、ガチガチの組手を繰り返しながら、常に稽古と試合を融合させながらの話し合いを重ねている。

神代さん、湊さんも同じ場で厳しい稽古を繰り返している。

厳しい稽古を諦めずに、10年間をひたすら積み重ねて来たからこそ、念願の黒帯を取得する事が出来て、二人の今があるのだと感じる。

神代さんは今週末京都で行われる【極真祭】の全日本壮年選手権大会へと挑む。

湊さんは、秋の組手試合を目指すと話してくれた。

多田将太朗君は、秋に体重無差別で行われる【第50回全日本空手道選手権大会】に向けて積み重ねている。

極真空手で国内最高峰となる大会へ挑む事となる。

日々、成長を繰り返す有望な逸材だ。

頑張って貰いたい。

本当に。

23:30 マッサージ、ストレッチを終える。

26:00 夕食。

味的には余り好きでも無いが、もつ鍋は体に良いみたいだし。

美味いっちゃあ、美味いんだけど…

豚骨スープで、麺や御飯入れたりも、まあ美味い。

極真空手 東大和道場 月曜日一日。【短期講習3日目】

14:00~17:10(短期講習3日目)

大坪航君、飯酒盃龍君、星野久遠さん、松川恭士君、煤賀瑛心君、原環奈さん、和気清大君、煤賀南羽さんが参加。(8名)

『ケ○の上が筋肉痛になってる…』と、和気清大君。

『○ツの上って、何処だよ…』と、飯酒盃龍君。

日頃、使わない箇所が筋肉痛になっている彼らだが、今日も全員、全開の頑張りをした。(3時間の稽古となった)

最初の1時間はフィジカル、ロープ、補強稽古を満遍なく。

型稽古を1時間。

組手稽古を1時間とした。(大坪航君、飯酒盃龍君の各組手試合が近い為)

ガチガチの組手を延々と繰り返した。(二人は最初から最後までペアでやり抜いた)

厳しい稽古だったと思う。(補強、フィジカル、型稽古で、既に全員が疲れきっていた)

星野久遠さん、煤賀瑛心君も激しい組手稽古を繰り返しながら。(共に凄い気合いと頑張り)

煤賀瑛心君、絶好調だった。

松川恭士君も、体調が良くない中、後半は頑張り抜いた。(中盤は休憩を挟みながら見学)

原環奈ちゃん、空手を大好きだ。(苦手なスパーリング、組手稽古にも取り組んでいる)

移動、型稽古も上達している。

いつか組手試合にも挑戦出来る様になれればと思うが、必ず出来る様になると思う。(焦らずじっくり)

和気清大君、素晴らしいセンスを発揮している。

強くなっている。(7月の茨城県大会ではチャレンジカップで優勝)

煤賀南羽ちゃん…凄く強くなってきた。(7月の茨城県大会ではチャレンジカップで優勝)

日頃、週に6日、7日を当たり前に稽古に来る彼女だが、とにかく毎日でも道場に来ていたいと話してくれるが、本当に空手も道場も仲間達も大好きだ。

いやぁ…強くなると思う。(組手稽古でも気持ちが強くなっている事もあるが、豊富な稽古量から来る強さが明らかに出てきている)

移動、型も上手になっている。(青帯一本線7級審査の用紙を渡した)

大坪航君、飯酒盃龍君は、中学生の上級者の同世代でもあるが厳しい稽古を課した。

大坪航君は、今週末に京都で行われる【極真祭】全日本青少年大会に向けて。

飯酒盃龍君は、9月1日のを【神奈川県大会】横浜カップに向けて。

頑張って貰いたい。

短期講習3日目が終了。

19:00~22:20一般部選手稽古。

極真空手 東大和道場 日曜日一日。【短期講習2日目】

14:00~17:00(短期講習2日目)

飯酒盃龍君、佐久間一華さん、平石千賀さん、雨宮海央君、煤賀瑛心君、松川恭士君、太田涼介君、和気清大君、松島愛実さん、松島颯太君、原環奈さん、煤賀南羽さんが短期講習に参加。(12名)

昨日の稽古で、かなりの筋肉痛になっていた生徒達には、別メニューで補強、フィジカルトレーニングを行わせながら。

今日初めて来たメンバー達には、先ずは昨日の内容を。

短期講習では毎年、普段行わないメニューを取り入れたりもするが、みんな楽しいみたいだ。

『尻と太股がヤバい…お尻がヤバい事になってるよぉぉ…』と、雨宮海央君。(彼は一見、クールに見えるが、時々かなり、さくさく喋るのが面白い)

今日も皆の審査技を細かく、ひたすら反復稽古。(移動、型のみで1時間40分を反復)

白帯の颯太君の立ち方、基本稽古を見ながら。(いくつか課題を伝えながら)

お姉ちゃんの愛実ちゃん。(十分な実力が付いてきている)

オレンジ帯一本線(9級)審査用紙を渡した。

型稽古は平安1~5までを分解説明をしながら反復。

分解説明も皆、意外と好きみたいだ。

更に上級型3種類を昨日に引き続き反復。

この2日間だけでも、みんな多くの型を覚えて来ている。(移動、型も上達を感じる)

皆もいつもとは様子も少し違うが、短期講習は確かな意味を感じる。

最後は疲れた頭と体のストレスを発散する為に、全員で追い込みのミット稽古。

飯酒盃龍君、煤賀瑛心君、松川恭士君、太田涼介君の気合いも凄かった。

女の子達の頑張りも凄かった。

稽古が終わりに近付くと、宮本さんが息子の真之介君を連れて道場に来てくれた。

彼と会うのは4年ぶりだっただろうか。

28歳になり、以前よりも更に精悍な様子の若者へと成長していた。

相変わらず爽やかで明るい様子だし元気そうで良かった。

結婚して綺麗な奥さんと一緒に挨拶に来てくれた。

宮本さん夫妻は、今週末に京都で行われる【極真祭】の全日本型試合に出場する。

極真空手 東大和道場 土曜日一日。【短期講習1日目】

14:00~17:15 (短期講習1日目)

佐久間一華さん、平石千賀さん、雨宮海央君、煤賀瑛心君、和気清大君、煤賀南羽ちゃんが参加。

3時間以上の稽古となったが、全員、本当に一生懸命に稽古に取り組んでくれた。

補強、フィジカルトレーニングを一時間半、移動、型稽古を一時間半。

本当にあっという間の3時間となった。

細かい部分をひたすら、反復稽古をする事が出来た。

佐久間一華さん、平石千賀さん、凄く上達している。

煤賀南羽ちゃん、先輩達の移動、型稽古を全て最後までやり抜いた。

最後は寝そうになるくらいに疲れもあった様子だが、本当に偉かった。

雨宮海央君、煤賀瑛心君、和気清大君も、次の審査技と上級型を、ひたすら反復をしながら。

『型、めっちゃ覚えた!』と、和気清大君。

短期講習は、少ない人数で、細かい確認をしながら稽古が出来る為、確かな効果があるなと思う。

あ…皆に掃除をして貰うのを忘れた。

18:00〜20:10自主トレ。(補強、フィジカル、ウエイトトレーニング)

久々。【自由研究】

夕べは、これを食って来て。

ここのは実際に美味いと思う。

そういえば、麺○一○…いつ行ったかすら既に記憶に無いが、一度は食ってみたんだが…

あれは本当に普通…というか、ああ…行きたいなって、ならない。

その後、2週間ぶりにパトしてきた。

麺もパトも自由研究。

下の写真が7月25日(水)ので。

載せようとして、忘れていたが。

麺も良いけど、やはり自然は良い。

極真空手 東大和道場 金曜日 一般部クラス。《8月11日(土)〜8月19日(日)御盆休みの為 道場休館となります》

19:45~21:45一般部クラスを指導。

雨宮伶空君、飯酒盃龍君、杉浦優香里さん、鈴木さんが稽古に参加。(飯酒盃龍君は少年部クラスからの連続参加)

中学の部活を終えて、久しぶりの稽古に来た雨宮伶空君。(中学3年生)

3年間、連日の野球部の部活動を続けながらも、空手を辞めずに継続した伶空君。

いよいよ完全復活に向けて稽古を再開した。

高校生になったら、再び選手として組手試合にも挑みたいと話してくれた。

同世代の仲間達が、中学の3年間を空手で強くなり続けていた時期も、彼は時々しか来れない稽古でも、空手を辞めずに継続してきただけに、これからは完全復活に向けて頑張って貰いたい。

杉浦優香里さんも、久しぶりの稽古参加となったが最後まで頑張っていた。

■8月11日(土)~19日(日)まで御盆休みの為、道場休館となります。