2021/1/19。【火曜日一日】【少年部クラス・一般部クラス】

11:00職員会議。

16:45〜17:45〈火曜日少年部最初のクラス〉

白帯幼年部達、皆良い感じだ。

オレンジ帯、到着間近。

17:50〜19:20〈以下、火曜日少年部選手Aクラス〉

フィジカル強化、心身鍛錬を目的として。

好きなだけ体を動かしながら、それぞれの空手の稽古に取り組める事の有り難みを皆に話しながら。

心身共に、少しずつ磨かれながらが良く分かる。

20:30〜22:00〈火曜日夜・一般部クラス〉

石河ローレンス君が稽古に参加。

彼の空手と組手について、二つを話し合いながら。

縄跳び、サーキットトレーニング、帯引きダッシュ、ウエイトトレーニング、補強稽古と厳しいメニューを分けながら集中して積み重ね。

全てを含めた中で、ラストはサンドバッグで全力で追い込み稽古。

23:00事務処理して終了。

2021/1/18。【月曜日少年部クラス】【積み重ね】

18:00〜19:20〈月曜日少年部クラス指導〉

先輩達と一緒に、同じメニューでトレーニング。

今月入会したばかりの湊斗君、礼儀正しいし運動神経がとても良い。

フラフラせず、しっかりと立ち、じっとして話を聞く事も、子供達にとっては本当に重要な稽古となる。

保育園、幼稚園、小学校でもその効果は、目に見えて顕著に表れているはずで、そういう事も彼らは日々の稽古の中での訓練として、当たり前な積み重ねをしている。

全てに繋がる為の物として。

少年部クラス終了後は、高学年以上の先輩達が掃除の手伝いをしてくれた。

20:00〜22:00稽古、事務処理をして終了。

2021/1/17。【日曜一日】【午前・少年部クラス】【多田指導員・夜一般部クラス】

10:45〜12:20〈日曜日午前・少年部一般部クラス〉

午前中から皆元気だったし、楽しそうで良かった。

久しぶりに、久保田さんが日曜日午前中の稽古に参加。

フィジカル、補強、サンドバッグ稽古と、子供達に負けじと元気溌溂とした様子を見せてくれた。

【極真精神】の話をして稽古を終了。

20:00〜21:20〈多田指導員・日曜日夜一般部クラス〉

星野悠久君、石河ローレンス君、荒井翔大郎君、加藤遥斗君が稽古に参加。

中高生達が切磋琢磨。

先輩後輩である彼ら。

星野悠久君、石河ローレンス君の2つ、3つ下の世代の後輩達が、荒井翔大郎君、加藤遥斗君となる。

可愛らしい後輩達でもあるが、昨年、中学生になり一年間頑張ってきた。

これからも応援している。

23:00多田君と上級型を確認して一日終了。

2021/1/16。【土曜日少年部クラス】【一般部選手稽古】【事実と本心】【金久保典幸】

〈土曜日少年部最初のクラス〉

低学年、幼年部達には、稽古を飽きさせない事、集中力を持続させながらをテーマに指導。

皆凄く良かった。

〈以下、土曜日少年部2クラス目〉

星野悠久君、荒井翔大郎君、加藤遥斗君、中高生達も稽古に参加。

スパーリング、組手稽古を積み重ねながら。

2クラス目も、一人一人、皆凄く良かったな。

女の子達も本当に頑張った。

男子達も長く続ける程に、頼りになる先輩達へと成長して貰えたらと思う。

少年部クラス稽古後は、星野悠久君が一人で自主トレのウエイトトレーニングを行っていた。(今年4月からは高校3年生となるはず)

多田将太朗君、永吉美優さんの下に続く存在になってくれる事を期待している。

〈19:00〜22:00一般部選手稽古〉(多田君と稽古に参加)

何の為の稽古なのかを染み染みと感じながら。

厳しい組手稽古の中で、今の自分自身を振り返り感じ取り、稽古の全てに確かな意味を持たせる事。

収穫が沢山あり、意味のない事は何一つないと。

稽古後、多くの話し合いをしながら。

【男は常に鍛え続けていないとダメだそ、将太朗、本当にそこは】

【鍛えていて損をする事は何一つ無いし、いつもそこに意味を持たせて、今の自分自身の確認としていないといけないよ】

彼には長年、一年中話している言葉のほんの一部分の言葉でもあるが。

今日も様々に話をした中で。

【将太朗、稽古をすると、魂に光が宿るんだよ、本当にそういう物だから】

稽古後にしか出てこない、紛れもない本心であり、本当の言葉であり、真剣な言葉であり、心底から自然と出て来る言葉でもあった。

【こんな話をしていても、明日には死ぬかも知れないし、道を間違えて人生ドン底に落ちて終わるかも知れないし、俺は本当にそういう物だと考えて生きているから、俺が稽古を続けている事なんて、道に迷わない為でもあり、自分自身と向き合う為の物だから、将太朗達は心が天使だから、勿論、何も問題はないし大丈夫だけど、俺は本来、良い人ではないからね、元々というか人種としてね、将太朗達みたいな心が綺麗な人間ではないから、だから稽古を積み重ねて、常に自分自身と向き合いながら、自分自身を理解し続けていないといけないし、それが俺の人生での重要なテーマでもあるから本当に】

真剣な気持ちで、本心で話した本物の内容のままで。

もっともっと、更に深い部分での話は長年、彼とは山ほど話をする事がある。

生徒なだけに、等身大の自分で本心で向き合わないといけないし、そういう物だから。

長く続けていると様々な事が理解出来る様にもなり、多くの大切な事を学ぶ事が出来るし、自分自身にとっては、それが極真空手だっただけで、生きてきた中での懺悔や後悔なんてのも本当に数え切れない程あり、稽古を継続している部分に大きな繋がりと意味が実際にある。

社交辞令や建前で物事を話すのが凄く苦手だし、思っていない事はやはり言葉には出てこないし、必要の無い言葉を発するのも本当に好きではない。

いざ、本当に自分自身の中で納得のいかない事がある時には、人にはきちんと話す様にもしている。

稽古をしていると、物事の本質がよく見えてきたりが必ずあるなと感じるし、結局は一日一日、一瞬一瞬の積み重ねでしかないと思う。

一生涯背負っていかなければいけない事や、忘れたらいけない事は沢山あり、今現在は空手を通じて自分自身がどうあるべきかを日々、確認しながら、多くの生徒達と接する事でもエネルギーを沢山貰う事も出来るし、自分自身の肥やしにしていられる部分が本当に沢山ある。

生きている間に、また、今の仕事を毎日続けていられる間に、多くの子供達には、意味のあるエネルギーを沢山与えたいなと、真剣な気持ちで、空手の指導を続けているのも紛れもない事実だから。

以上、酒飲んで書いた言葉は何一つないし、というか、2週間ほど酒を飲んでいない。

体調が悪いとかも一切ないが、単に気分で。

今日の稽古後のアドレナリンが出ているのは間違いなくあるとは思うけど。

本当に良い稽古が出来たし、意味のある一日だったと思う。

23:20多田君と掃除、ストレッチをして終了。

2021/1/16

2021/1/15。【金曜日少年部クラス】【◯い話し…】

久しぶりに稽古に来た、虎徹君。

とても楽しそうだった。

【スタミナが心配…】と、笑顔で話す虎徹君。(零士君の頭を両手で優しく撫でてセットしながら)

道場に来て、久しぶりに体をたくさん動かせて少し安心したみたい。

〈以下、金曜日少年部最初のクラス〉

〈以下、金曜日少年部2クラス目〉

稽古後…

【何か誰か小さい子が(先生…)って、呼んでいたから、昂誠かな?と思って昂誠を見たら違かった…】と、お姉ちゃんの南羽ちゃん。

他にも数名の女の子達が同じ様に、その声が聞こえたと話していた。(昂誠君は、全く?な表情をしていて知る由もない様子)

【そうか…何だか、皆が楽しそうに集まっているから、何処からか子供の霊が、皆の仲間に一緒に交ざりたいなって、(先生…)って話し掛けに来たんじゃない?】と、真顔で彼女達に話すと、表情が強張る子供達。

その後の出来事は、彼らがよく知っている

夏合宿だと、更に3倍は恐いかと思う。

そういえば最近、見ないな、俺も。

2021/1/15

2021/1/14。【木曜日少年部クラス・一般部クラス】【空手の指導】

16:30〜18:20〈木曜日少年部クラス〉

集中力を切らさせない事をテーマに。

全体をコントロールしながらも、魂を注ぎ込んでいく事の積み重ね積み重ねの作業でもあり。

子供達のたくさんの成長が見られた。

稽古後の話の際にも、幼年部達の確かな成長と変化が見られる。

一日にして成らず。

〈19:00〜22:00稽古、一般部指導〉

事務作業やら未解決な部分に手間取りつつでいるものの、細かい事を気にせず、先ずは稽古に打ち込もうと決めて全力で取り組んだ。

結局、一心不乱に体を動かしながら声を発して汗を流す事で、自分自身と向き合い集中する事が出来るし、そういった意味でも稽古の積み重ねが如何に重要で大事な物かという事がよく分かる。

〈木曜日夜の一般部クラス〉には、宮本さん夫妻、石河ローレンス君、星野久遠さん、江口慶悟君、池上さんが稽古に参加。

池上さん、江口君の確認として立ち方の確認後は、皆の基本稽古、補強、受け返し、スパーリング、組手稽古までを行った。

今日、稽古に来てくれた全員にとって、確かな意味のある稽古となったと思う。

一人一人の次にやるべき事も、凄くハッキリと感じ取る事も出来た。

子供達と同じ様に、今時期でもあり、寒い時期にも関わらずに、道場に直向きに通ってくれている方々であり、少年部も中高生も大人達も、指導の際には、全員の実力をしっかりと伸ばさせていく責任と義務がある。

年齢を重ねてから、初めて極真空手を習い始めても、上級者になってからも、継続していれば必ず皆また更に良くなっていけるはずだから。

そういう物を提供していけたらと思いながら皆に語り掛けながら。

遣り甲斐を感じて貰い、積み重ねる中で、本当の自信を付けて貰う事、そういった物を追求し続けていける事を考えながら。

空手の指導自体も、自分自身の稽古でもあると感じながら。

自分自身もそれなりに継続しているつもりで、選手として長い年数を戦い続けてきた事にも、やはり今現在に活かされてきた確かな意味や価値はあり、人に何かを響かせられる物を指導したいと日々考えつつ。

本当に一日一日の積み重ねでしかないだけに尚更。

稽古後の皆の充実感に溢れた表情と、その気持ちには凄く共感が持てる。

23:10ウエイトトレーニングして終了。

24:00◯◯◯◯で。

至福。

生きているなと。

発散していないと、ここまでは感じられない物だから。

2021/1/14

2021/1/13。【水曜日少年部クラス・一般部クラス】【2020少年部・年間努力賞】【大塚海緒さん】

〈水曜日少年部最初のクラス〉

白帯の幼年部達が、全力で稽古に取り組んだ。

今月入会したばかりの、湊斗君、理孝君、二人とも集中力があり真面目だ。

今年初稽古の乃唯ちゃん、空手も道場も大好きな様子。

体力が付いて身体が強くなってきた幼年部達。

空手の稽古を繰り返し、自信の積み重ねをして明るく健やかに成長していく事を目的に。

【2020少年部・年間努力賞】は、大塚海緒さんに。(小学4年生)

彼女の昨年一年間の心身の成長と、空手での直向きな努力を大きく評価していた。

後輩達の面倒を見てくれたり、優しくリードしてくれたり、周りを見て気配りをしてくれたり、何も言わなくても幼い大勢の幼年部達の纏め役となってくれて、安心して任せていられる事が当たり前になっていた。

元々、頭も賢いが口も達者であり、入門当初は少々わんぱく娘という印象があったが、今では後輩達からも絶大な人気があり、幼年部達からしても、頼りになる優しい海緒先輩の存在は大きい。

何よりも、とにかく道場や仲間達が大好きで、一年中、本当に直向きな気持ちで、ひたすら毎日道場に通い続けている姿を見ていると、まさに年間努力賞に相応しいなと考えていた2020年末でもあった。

少し驚きながらも、彼女が喜んでくれたし良かった。

〈水曜日少年部2クラス目〉の先輩達は、補強、フィジカル、上級型、ミット稽古をフルスロットルで稽古した。

【好きな事や興味のある事をたくさん勉強して、知識を豊富にさせて想像力を豊かにする事、頭を賢くしていく事、脳に汗をかかせる事】を話しながら。

19:30〜22:00〈水曜日夜の一般部クラス〉には、石河ローレンス君のみが稽古に参加した。

【メンタルを強くしたい】という、ローレンス君。

彼が強くなる為には、何が必要かを話し合いながら。

しっかりと自分自身を受け入れて、どうしていくべきかを深く掘り下げていく事が凄く大切な事だ。

技術テクニックも兼ね備えていて、器用だしパワーも増して、空手自体の強さは日に日に増し続けている。

今年は久しぶりの組手試合に挑戦して、茶色帯も目指したいと話すローレンス君。

後半は一般部2級審査項目の型を数種類、反復稽古した。

稽古終了後、ストレッチを終えて、二人で丁寧に道場を掃除して終了。

2021/1/13

2021/1/12。【火曜日少年部クラス・一般部クラス】【一般選手を目指して】

16:45〜17:45〈火曜日少年部最初のクラス〉

今年初稽古となった湊士君。

嬉しそうにしていた。

翔一君もヤル気もあるし、とてもイキイキとしていた。

幼年部達が全力で稽古に取り組んだ。

最後まできちんと出来るし、凄くしっかりとしてきた。

基本稽古も上手になってきた。

じっくり積み重ね。

17:50〜19:20〈以下、火曜日少年部選手Aクラス〉

受け返し、スパーリング、組手稽古まで。

今年初の組手稽古を繰り返した彼ら。

【自分達の意思で考えて動いていく稽古を積み重ねる事】をテーマに。

経験を積み重ねて心身共に成長していくからこそ尚更に。

定期的に稽古を積み重ねている、中学一年生の荒井翔大郎君。

実力も少しずつ伸びてきている。

センスも抜群にあり、積み重ねた物は必ず身になる。

和気清大君、既に緑帯の先輩としての自覚も意識も高い。

稽古に取り組む姿勢、返事や気合いも、さすが緑帯の先輩だなという姿を仲間達にも感じさせてくれている。

20:30〜22:00〈火曜日夜の一般部クラス〉

星野悠久君のみが稽古に参加。

深い部分での話をしながら。

一般選手を目指していくにあたり、意識を変えていきながらも今後の更なる成長を目指していく事。

発想力を豊かにする事、日々、高い次元での稽古を積み重ねていく事。

昨年末の黒帯昇段審査会の時だけという事ではなく、現在も顎付きの拳立て伏せ連続100回をしっかりとクリアした。

他、自重を使って厳しい補強内容で稽古を積み重ねた。

当たり前の物としていく意識で行う事を伝えながら。

子供から大人の空手へと、マインドチェンジしていく事。

幼少期からの経験値と長年の積み重ねがあってこそでもある。

全てを理解した中で、サンドバッグでの打ち込みと追い込み稽古まで。

一人で稽古に参加した時ならではの収穫となる稽古として。

23:00事務処理して終了。

2021/12/12

あ…そうそう。【東大和道場HP指導員紹介】

随分と遅くなってしまったけど…

昨年7月から、東大和道場の指導員の一人として、日曜日夜の一般部クラスを受け持ってくれている、多田将太朗君の指導員紹介をようやく更新する事が出来た。

ホームページの指導員紹介となり、凄く大事な為、早くしなくてはと昨年夏からずっと思いつつ、美優さんの世界大会優勝祝賀会や、秋の全日本大会が重なったりで、なかなか更新せずにいたから。

2021/1/12

2021/1/11。【月曜日少年部クラス】

18:00〜19:20〈月曜日少年部クラス〉

祝日ながらも稽古に来た子供達。

中高生達は、石河ローレンス君、大舘杏紀さんも稽古に参加した。

久しぶりに会う生徒達が何人も来ていた。

【武道】【自分の身を守る事】についての話をしながら。

子供達は稽古を積み重ねていると、表情にも変化が出てくる。

実際に良い顔つきになってくる事が、本当に沢山あると思う。

たくさん体を動かして汗を流させて、エネルギーを発散させながら。

クラス稽古後は、少年部高学年の生徒達と中高生達が道場の掃除をしてくれた。

20:00〜21:30フィジカル稽古、ウエイトトレーニングして、事務処理して終わり。

24:00飯食う所が無い。

夜のコンビニの有り難みたるや改めて。

一週間、酒を一滴も飲まずに抜いてみてはいるんだが。

14年ぶりくらいじゃなかろうかって。

断酒している訳じゃないんだけど。

アルコール依存症ではないって事も理解が出来る。

少なくともタバコに関しては、一生涯において吸わないと、二十歳の頃には決めた。

この辺にしておこう。