極真空手 東大和道場 月曜日一日。【試合後】

18:00~19:45 少年部クラスを指導。 

大切な話を沢山する事が出来た。 

一人一人の多くの成長を見る事が出来た。 

日に日に変化を繰り返す彼ら。 

一日一日の積み重ねでしかないが、数年、10年するうちに彼らの空手は凄い物になっていく。 

道場に来ていたら空手を通じてではあるが必ず変えていける。 

今日の一人一人の成長は本当に凄かった。 

昨日の城西カップで見事、優勝をしてきた煤賀南羽ちゃん。(小学2年生)

道場に入って来るなり、嬉しそうな笑顔を見せてくれた。 


『あ!チャンピオン来た!』と話し掛けると彼女もお兄ちゃんの煤賀瑛心君も…(道場には最初に南羽ちゃんが入って来た)

昨日は、試合の応援有り難うございました』と話してくれた。

仮に…お父さん、お母さんに言うように促されていたとしても 

やはり立派な事だし、そういう部分は彼らが成長していく上で必ず役に立つ事だと思う。 

松川恭士君、和気清大君も言えた。 

一年を通して観察していると、試合後には、中には会っても…何事も無かったかの様にして素通りしていってしまう子供達も実際には沢山いる。

自分自身が彼らから御礼を言われたい訳では決して無いし、そこの部分では勿論ない。

幼くても中にはきちんと御礼を出来る子供達がいるという事もあるけど、そういう事は本来は親御さんが促してでも教えていく部分だとは思う。

彼らから改まって御礼を言われるといざ照れ臭くもなり【頑張ったな、強かったな!】彼らを誉めるけど、みんな偉いなと思うし

実際に大切な事で、大人になっても全く何も出来ない人は実際に沢山いるかと思う。 

では、全てをきちんとやれるのか?と自分自身に問い質すと 

◯◯だけ、◯◯◯◯か…

そんな気持ちになる事は、年がら年中あるし、足りていない事ばかりでしかないのだが。

多くの子供達を見ていると様々な部分で本当に色々な事を気付かされる。 

和気清大君(小学2年生)、彼の礼儀正しさは、既に本当に立派で。


【皆の良い部分は、更に伸ばす様に何が足りない部分を常に考えて、努力をしながら付け足しをしていく事】

彼らには、いつも話している。

物事の様々な部分を見極められる様になりたいなと

勉強が出来ればなと思う。

極真空手 東大和道場 日曜日一日。【2018西東京都空手道選手権大会・第16回城西カップ】【生徒達の軌跡】【彼らの今後の目標】

埼玉県飯能市駿河台体育館にて行われた【2018城西カップ・西東京都空手道選手権大会】が終了。


朝8時30分夜7時半までスタッフ手伝いとして試合会場で働いてくれた、石河ローレンス君、佐久間一華さん。(共に中学2年生)

手伝いスタッフが足りていない中、支部からは彼ら2名のみが【手伝いをやらせて下さい】と、手を挙げてくれていた。

【是非、手伝いをしたい】という事で数週間前に本人達からの申し出を受けていた。

立派に働いていてくれていた。 

まだ中学生の彼らだが、とても立派だなと思うし、人手が不足している中で支部としても凄く有り難かった。(彼らは同じ中学に通う同級生)

日頃から彼らを知るだけに嬉しい光景だった。 

仲間達の応援には、平石千賀さん(小学6年生)も来てくれた。 

最近、道場に来る度に笑顔を増している彼女。 

道場や仲間達を大好きな気持ちが伝わって来る。 

彼女が5、6歳の時から空手を教えてきたが、これからも空手や仲間を好きでいて貰えたら嬉しい。 

今日の城西カップでは、加藤遥斗君、煤賀南羽ちゃんが見事に優勝。(共に組手試合での2度目の優勝、太田涼介君が第3位入賞)

煤賀南羽ちゃんは、7月の茨城県大会チャレンジカップ初優勝に続き【2連覇優勝】を成し遂げた。

加藤遥斗君、日頃から直向きに稽古を追い込み積み重ねをしてきた中で見事に優勝を果たした。(彼の優勝も本当に嬉しい…) 

白帯かオレンジ帯の頃に、【組手が嫌だから空手を辞めます】と道場に話しに来た彼を、話をしながら直ぐに辞めさせなかったのだが、あの時に止めなければ今の彼は無かったから。


『遥斗は組手以外の稽古 (走ったり、皆と楽しく稽古をしたり、ミット稽古) は好きか?(彼は頷いた…) そうかなら、組手はしなくていいよ、道場や空手は好きな訳だから、先ずは好きな稽古を一生懸命に続けてごらん』

しばらく話すと彼は納得して、その後はそれまで以上の頑張りで、東大和道場での空手の稽古を続けた。

みるみるうちに強くなり始めた。

小さな体からは想像も付かない頑張りで、倍以上の体重差のある相手にも、勇猛果敢に立ち向かう様になり、昨年は【2017支部内交流試合】で初優勝を遂げた。 

今年2018年、初の関東大会では茶色帯の選手にも前に前にと、あと一歩で勝ちかける素晴らしい試合を演じた。(ラスト10秒、一本敗退)

迎えた今大会での決勝戦、2018支部内交流試合特選クラスの1回戦で、敗退を喫していた対戦相手にリベンジを果たして見事に再び優勝して見せた。

今の彼はもう空手を簡単に辞める心配は感じさせない程に逞しく成長を続けている。(小学5年生) 

【小さな巨人】【無尽蔵のスタミナ】

彼を大好きだし可愛い。

【小よく大を制す】

極真空手が今後の彼の人生で大きな自信になればなと思う。 (以下、写真は優勝した加藤遥斗君)

それは日頃、必死に頑張っている一人一人へ同じ気持ち。 

そして加藤遥斗君の親友であり先輩でもある荒井翔大郎君。(小学5年生)

彼らはいつも一緒に道場に来る。 

極真空手を通じて、東大和道場で知り合った親友同士でもある。 

荒井翔大郎君は、言わずと知れた実力者であり、今の東大和道場の今後の少年部達の中で、現在の平石千賀さん(小学6年生)に続く、次の核ともなる生徒の一人だと思う。

その才能と空手センスはピカ一で、今後の関東大会、国際大会でも入賞以上を狙える生徒でもある。【2017西東京都大会・第3位】【2018支部内特選クラス・準優勝】

彼の課題も幾つかあるが、道場では常に真面目で優しい性格の彼は、今後も続けていれば後々、必ず大きな華を咲かせる選手となれると感じる。

焦らず継続しているだけで、必ず伸びれるから心配はしていない。 

いつも生徒達に話している事だが【試合場では勝っても負けても全力でやれば良い】

むしろ、もっと大切な事は沢山あり、子供達の一人一人が日々、厳しい稽古を積み重ねているからこそ尚更にこの部分が当てはまると思う。 

今日の皆の頑張りも一人一人が素晴らしかったと思う。 

松川恭士君の成長ぶりも嬉しかったが、彼は勝ち負けよりも、もっと大切な部分が出来る様にもなって来たし、試合場で日々の稽古での成長を感じ取る事が出来た。 

最近の指導の中で、彼には何度も幾つもの話をしていた。 

彼ら皆が良くなれればと思う。

自分自身が、もっともっと深い部分で自分向き合っていたいし常に勉強もしたいし、空手を通じて子供達にも何かしらの良い影響を与えられたらとも思う。

幸せな事だなと思う。

午前・午後の部にて。

日曜日、夜の山田先生の一般部クラスには、星野悠久君、土方蓮斗君が参加したとの事。(共に中学3年生)

極真空手 東大和道場 土曜日一日。【子供達の成長】

14:30~17:10少年部2クラスを指導。 

明日の城西カップを控えた子供達が来ていた。(荒井翔大郎君、加藤遥斗君、煤賀瑛心君、松川恭士君、和気清大君、煤賀南羽ちゃん)

彼らの最終調整をしながら。(稽古は本当に軽めに、2クラス参加した選手達は通常の50分の1くらいの稽古量で)

彼らが試合前日、道場にいる事が落ち着くみたいだから、じっくり話を聞いて、話をしながら体を休ませながら。

一人一人、皆の良いところ、課題は全て理解しているつもりだが、本当に手塩にかけている生徒達であり、緊張や不安が伴う真剣勝負の試合場で彼らが全力で戦う姿に価値がある。 

勝っても負けても全力でやれば良い。

【試合場での立ち振舞い、戦ってくれる相手選手へ対しての感謝の気持ちを大事に感じながら試合に挑む事】 


【伸びしろ】【根気がいる】についての話。

今日の2クラスで、それらを細かく皆に説明をしながら。 

何かの言葉の意味を彼らに伝わる様に解りやすく説明する事が、日々、たくさんあるけど、彼らは大人が発する単語の意味を、しっかりと理解するまでに、本当に解りやすく説明をしないと、なかなか伝わらない事が実際に沢山ある。 

高学年でも、何かの言葉のニュアンスは理解していても、その言葉の意味を知らない事がよくある。


『今から説明をするから、今日、それをしっかりと覚えて帰って』

【今までに知らなかった事を知る事も皆にとっての武道でもある】

よく、そんな話をする事がある。 

彼ら一人一人との接点で、瞬間瞬間に教えられる事本当に沢山ある訳で、試合で勝つ事、空手の技術だけでは決して無い事を凄く楽しくも感じる。

21:00 埼玉県 飯能にて。 

都心のチェーン店とは、全く違う部分が幾つもあり、色々と驚くばかりだが凄く良い。(自分自身の試合時にも長年来ている店で)



【ホタテ】 

栄養が半端でない。

でけぇ 

風呂入って、読書して寝よう。

極真空手 東大和道場 金曜日一日2。【一般部クラス】《10月21日(日)少年部クラスは休みとなります》

19:45~22:10一般部2クラスを指導。 

宮本朝延さん、宮本泉美さん、石河ローレンス君、佐久間一華さん、鈴木さんが稽古に参加。 (集合写真を忘れてしまう…)

基礎体力の向上をテーマに、幾つもの内容で。

2クラス目は、スパーリングを行いながら。(質の高さをテーマに)

一人一人にとって、確かな意味のあるスパーリングが出来たと思う。(細かな部分での指導をしながら)

※10月21日(日)夜の山田指導員の一般部クラスは通常通り行います。

◆10月24日(水)〜29日(月)までの少年部クラスは休みとなります。

※木曜日・日曜日の山田指導員の一般部クラスは通常通り行います。

極真空手 東大和道場 金曜日一日。【少年部クラス】【心を込める】

16:45~19:30少年部2クラスを指導。 


今週日曜日の城西カップ、11月の支部内交流試合に向けて。 

新しい幼年部達は、道場や先輩や仲間達、空手の稽古を少しずつ知って貰いながら。 

宋心洋ちゃん、原大雅君(共に3歳)、長い時間を飽きずに楽しそうに稽古をしてくれる。

二人とも3歳とは思えないくらいだ。 

2クラスを先輩達と最後まで稽古した宋心洋ちゃん。(華洋君の妹)

妹を凄く大事にしている兄の華洋君。(小学2年生)

凄く優しい生徒だけど、彼は誰に対しても同じ様子で人に接する。

妹の心洋ちゃん華洋君が幼い頃の様子に良く似ている

溢れんばかりの笑顔原大雅君。(3歳)

彼は原環奈ちゃん(小学2年生)の弟だが、一人でも泣かないし集中力も高い。(真面目だ) 

2クラス共に大切な話を沢山しながら。 

【心を込める事】

何事にも当て嵌まる大切な部分であり。

幾つもの深い話をしながら。

一人一人皆に伝わるようにという気持ちで。

【孝を原点として他を益する】

【皆にとっての他を益する事の意味とは?】

子供達だから、社会に貢献するという言葉よりは、皆にとって(子供達)空手の稽古が何かしらの形で皆の役に立つ事。


【空手稽古して強くなれた】

【集中力が付いた、体力、忍耐力や自信が付いた】

【前向きになれた】

性格も明るくなれた】

何でも良いと思う。 

その話しもよくする。

だけどもっと更に深い部分で皆を変えてけたらと思うし、大切な部分を感じさせていけたらと思う。

19:45~22:10一般部2クラスを指導。 

◆10月24日(水)〜29日(月)までの少年部クラスは休みとなります。

※木曜日・日曜日の山田指導員の一般部クラスは通常通り行います。

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部・一般部クラス】【中学3年生達】

16:30~18:40少年部クラスを指導。 

日曜日の城西カップ、11月の支部内交流試合に向けて。 

先日入会したばかりの土屋賢太郎君(小学3年生)頑張っていた。 

先輩達は補強、フィジカルを挟み、ディフェンス稽古を中心に後半はスパーリング、組手稽古、試合までを追い込みながら。(後輩達はミット稽古を中心に)

日曜日の城西カップに出場予定の生徒達の調子を観察しながら。

腰塚優華ちゃん(小学4年生)、同学年の山崎心優ちゃんと激しい打ち合いをしながら組手試合を行った。 

女の子達も伸びている。

11月には組手試合初出場となる小林祐大君。(小学3年生)

苦手としていた組手も力を付けて少しずつ強くなっている。 (とても真面目)

佐藤直紀君(小学3年生)、坂井優斗君(小学4年生)も良かった。(彼らも初の組手試合にエントリーしている)

課題は一人一人皆それぞれだけど、稽古は本当に一生懸命に頑張っている。

夜の山田先生の一般部クラスには、雨宮伶空君、西村陸君、久保朝陽君が稽古に来ていた。 

中学のテスト期間を終えた生徒達や高校受験を控えている生徒もいる。 

山田先生の熱血指導の中、彼らは一生懸命に稽古をしていた。

久しぶりに稽古に来てくれた雨宮伶空君。(中学3年生)

久しぶりに彼の元気な笑顔を見れて良かった。(体格も大きくなり逞しくなってきた)

彼は中学3年間を連日の野球部での部活を行いながらも、空手を諦めずに続けた生徒の一人でもある。

来年の高校受験を控えながら、高校生になってからも空手を続ける気持ちを聞かせてくれた。

彼の同学年の仲間達も含めて全員が無事に高校受験を終えて戻って来て貰えたらと思う。(雨宮伶空君、星野悠久君、川内翔太朗君、坂本元輝君、土方蓮斗君、井上彪雅君)

そして中学1年生の西村陸君、久保朝陽君も同じく前向きに頑張っている。 

諦めずに続けて貰いたい。

極真空手 水曜日一日2。【一般部クラス】《今週末10月21日(日)少年部クラスは休みとなります》

19:50~22:00一般部クラスを指導。(水曜日) 

石河ローレンス君のみの為、彼の11月の秋季関東大会に向けて。(中学2年生) 

じっくり積み重ねながら、後半は彼のミットを持ちながら極限まで追い込みをさせた。


『ヤバすぎますこれ、パーソナルです(個別指導の稽古)』くたくたになり、床に座り込みながらも笑顔のローレンス君。 

最後はフィジカル、ウエイトトレーニングを行って終了。 

二人で掃除をしながら、一般部では稽古後に道場を綺麗に掃除する事の意味を説明しながら。 


【自分の心を綺麗にするつもりで行う事】【少年部の子供達、後輩達、一般部の仲間達が怪我をしないようにと思いながら】【どんなに疲れていても掃除までを含めてが、自分自身の空手の稽古と思ってやるように】

『結局、道場の床がザラザラしていたり、埃で汚いのを気にならない事の方が良くないし、細かい事を気付けるようになるという気持ちで、自分稽古と思ってやってごらん、そういう気持ちがローレンスの空手にも繋がって来るから、自分の道場が綺麗になったら気持ち良いだろ?』


『押忍家でも部屋を綺麗にしなくちゃなって思ってきます

笑顔で答えるローレンス君。

空手が大好きな彼だが、これからも続けて貰いたい。

極真空手 東大和道場 水曜日一日。【少年部クラス】【武道】

16:40~19:30少年部2クラスを指導。 


今週末の城西カップ、11月の支部内交流試合に向けて。(補強、体幹、フィジカルを徹底的に反復稽古)

後半はミット稽古で全員で追い込み稽古。

終盤になるにつれて、全員が凄まじいヤル気で追い込みながら。

最初のクラス後には時間をかけて大切な話を皆にしながら


【武道の意味】【自分の意思を大切にする事、誤魔化したり人のせいにしない事】【自分の気持ちをきちんと言葉にして最後まで相手に伝わる様に話をする事】【真剣に考えて話し掛けられた事に対して適当にやり過ごさない事】についての話を皆に細かく説明をしながら。

【忘れ物をしない事】この部分も同じ様に重要で。


【大事な物となる提出物は(空手だけで言えば、各大会の申込書、審査の用紙等)、きちんと何の為の物かの内容を自分で把握して無くさず忘れずに、お父さんお母さんに見せる事】

渡した用紙を道場に置きっぱなしにしたり、何処かに無くしてしまい、再度、同じ用紙を貰いに来たりという事が本当に沢山あるが…

子供達だから、そんなのも様々な部分で沢山ある事だけど、やはり少しずつでも減らして無くさせていきたいし、空手を習う以上は、組手の強さだけに限らず、幾つもの部分で確実にしっかりとしていって貰えたら本当に嬉しいなと思う。 

そういう部分も彼らにとっては、やはり武道の意味に確実に当て嵌まる事だから。 

それらの話しもしながら。

【日常生活でのストレスを、空手で発散する為】

子供達でも、そんな事は実際に沢山ある。

自分自身も子供の頃を思い返すと、二進も三進もいかなくなる様なストレスを感じる事思い出も沢山あったかと思い返す事があるが。

外でのストレスを抱えたまま道場に来て、悔し涙を流しながらも必死にミットを叩いて空手の稽古に打ち込んでいた生徒がいた。

今日のクラス稽古後には、凄くスッキリしたみたいだし良かった。 

空手が様々な部分で、彼らの役に立つ事、意味のある物となる様に。 

2クラス目の先輩達も同じく。 

2クラス連続参加の煤賀南羽ちゃん、本当に良く頑張った。(7月の茨城県大会ではチャレンジカップで、組手試合2大会目にして初優勝を遂げている)

彼女は今週日曜日には、城西カップでのチャレンジカップでの優勝を狙う

今回、城西カップに出場するメンバー達は、実際に全員が伸びている為、彼らの戦いぶりが楽しみだ。(一般部の湊さんを含めて、東大和道場からは10人が出場予定)

19:50~22:10一般部2クラスを指導。 

極真空手 東大和道場 火曜日一日2。【少年部クラス】

16:45~19:50少年部2クラスを指導。(火曜日)

11月18日(日)の支部内交流試合に向けて。(組手試合)

2クラス共に対人稽古を中心の稽古としながら。

みんな本当に良く頑張った。

積み重ねにより、良くなっている生徒達が沢山いる。

2クラス目の先輩達は(少年部選手Aクラス)、更に厳しい内容となったが、稽古に参加した一人一人に確実な意味のある良い稽古となったと思う。

今週日曜日の城西カップに出場予定のメンバー達も楽しみだ。

じっくりストレッチを行い稽古を終了。

【ストレッチ】【好き嫌いをせずに沢山食べる事】【エネルギー補給】の重要性を話しながら。

良い表情だ。

支部内型試合の申込みを開始した。