2020/6/3。【平石千賀さん】【極真空手 東大和道場】

少年部クラス1クラス目の終盤頃に…

平石千賀さんが、東大和道場に遊びに来てくれた。

少し前からLINEで連絡を取る様になり、久しぶりに道場に行きますと、数日前に連絡をくれていた。

中学2年生になり、以前よりも大人ぽく成長をしていた。

最近の様子を話して聞かせてくれた。

少年部クラス稽古後に【泡スタンプのハンドソープ】で、丁寧に手を洗う幼年部達。(上手な泡の形にするのを楽しむ彼ら)

彼女が空手を始めた当初と、同じくらいの年齢の幼い後輩達を眺めながら…

【凄く可愛いです…】

と、東大和道場を懐かしみながらも、嬉しそうに微笑んでいた千賀さん。

愛くるしい抜群の笑顔は、幼い頃から今も全く変わらない。

彼女は幼年部時代から、数々の試合実績を残してきた。(支部内初級クラス、特選クラス優勝から始まり、ビギナーズカップ優勝・神奈川県大会優勝・西東京都大会優勝・城西カップ優勝・横浜カップ優勝・全関東大会、秋季関東大会、東日本大会第3位・全日本大会準優勝・国際大会第3位

それ以上にも負けた試合や悔しい思いも含めて、極真空手を通じて沢山の掛け替えの無い経験をしてきてもいる。

東大和道場での彼女のこれまでの極真空手経験が、彼女の今後の成長と人生へと必ず役立つ物へと繋がるよと。

そういう物だからと。

そんな話をしながら。

決勝戦では、必殺の右上段廻し蹴りで優勝した神奈川県大会で。

他にも数え切れない程、彼女の写真があるけど。

平石千賀さんが、空手の体験稽古に来た時も入会初日の稽古も、パーソナル指導の全ても鮮明に覚えている。

本当に懐かしい。

また遊びに来てくれると思う。

久しぶりに会えて本当に安心したし、とても嬉しかった。

2020/6/3

極真空手 東大和道場 火曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【2020/6/2】

11:00〜職員会議。

16:30東大和道場にて入会手続き。

16:50〜19:10少年部2クラスを指導。  

雨宮海央君(新小学6年生)の、振替え昇級審査を兼ねて。(3級審査を受審)

今日から入会の永岩伊嵩君。

真面目。

磯部秀太君、自粛期間中の貴重な話を聞かせてくれた。

多くの子供達も同じくに。

今週のクラス分け、学年分けを知らずに間違えている生徒達もいるけど、彼らはわざとじゃないし、人数が制限されているから全然良し。

久しぶりに彼らと様々な話も出来たけど、楽しかったなぁ。

【先生、また稽古を宜しくお願いします!】と、久しぶりに会うなり、和気清大君が開口一番に挨拶をしてくれた。

彼は常日頃から、そういう少年だ。

皆それぞれに、この自粛期間中の彼らの新たな成長を感じ取る事が出来た。

◯◯◯…

確かに。

20:30〜22:20一般部クラスを指導。

星野悠久君、石河ローレンス君、星野久遠さんが稽古に参加。

深い。

本当に。

一般部クラスでも。

彼らには、次のステップとなる為の新たな経験を体感させながら、今後の彼らにとっての必要不可欠な話をしながら。

24:00◯◯◯◯とも貴重な話を。

まさに…

◯◯◯◯◯◯◯

じゃないかって。

あるんだと思う。

極真空手 東大和道場 月曜日。【2020/6/1】【稽古再開】

18:00〜19:10少年部クラスを指導。(月曜日)

榎本翔太君の友人が体験に来てくれた。(4年生)

真面目な子だったし、最後まで楽しみながら空手の稽古を体験した。(今週入会予定)

榎本翔太君、久しぶりながら抜群の身体能力を発揮していた。(自粛休館前を含めても、空手を通じて本当にしっかりとしてきていた)

女の子達も、久しぶりの道場稽古を楽しみながら堪能していた。

原大雅君、煤賀昂誠君、相変わらず常に色々立派に頑張れた。

2ヶ月間の自粛生活を経て。(実質3ヶ月間程か)

沢山、汗を流した子供達。

楽しそうだったな。

2020/5/31。【まだまだ…】

5月は、340,000歩か。

これで計算すると、ようやく【250キロメートル】を歩いたくらいなのか…(5月のみ)

何だかまだまだだったな。

この計算だと、1日に必ず10キロメートルは守れなかった…っつー事になるのか。(13,600歩数くらいが、俺が歩くおおよそ10キロメートル程らしいからを計算するなら、そうなってしまう)

確かにバタバタしたり、サボりはあったのかもにしても。

なかなか困難だな…

4月、5月中の2ヶ月間に、ウォーキング【600キロメートル目標】は達せずになる…(300キロずつにはなれず)

くっそ、言い訳してー。

2020/5/31

2020/5/26。【極真空手 東大和道場】【いよいよか】

考える事、たくさんあるな。

幸せな事なんだけど。

色々、整理しながら見極めながら慎重にだから。

6月1日から、東大和道場の再開となる様に。

つい先日、西原楓真君(新高校一年生)、平石千賀さん(新中学2年生)がLINEで連絡をくれた。

それぞれを幼少期から知るだけに、とても嬉しかった。

極真空手と東大和道場を通じて、多くの生徒達、子供達が成長をしながら、時には道場を離れ、時には寂しい別れや、時には残念な別れもあるにしろ、後々に立派に成長した姿で連絡をくれたり、道場に顔を見せに来てくれたりと本当に色々ではあるもの、常に一人一人に対しての自分自身となり、一人一人に対しての信頼関係と、その時々の距離感を見極めながらも、常に彼らの様子を受け入れられたらと思いながら。

何年も経ち連絡をくれたり、道場に会いに来てくれたりは実際に沢山あり、凄く嬉しくも楽しい気持ちにもなる。

色々と重なりながらも、道場再開が近付いている。

この数ヶ月間、多くの方々と真剣なやり取りが出来た事も凄く貴重だった。

当たり前の日常では知り得なかった、感じ切れなかった事柄が実際に沢山あり、自分自身、毎日に意味を持ちながら生活をする事が出来ている事にも感謝をしながら。

2020/5/26

2020/5/25。【◯◯◯◯】

18:00〜21:00自主トレ。(ランニング50分、3分ダッシュ×3本、200メートルダッシュ×5本、補強、ウエイトトレーニング)(月曜日)

良い感じに稽古は出来たし、読書も沢山した。

膝いて。

明日、注射行こう。

黒豚チャーシュー、鉄鍋炒飯。

あと、スーラースープと、ザギョー。

この2、3ヶ月間、静かーに、ウォーキングと稽古と仕事たろーはしていたけど。

一人でいた時間には、けっこう人よりも自信がある。

飲み歩いたり遊び歩いても、まるでしていない。

ただ、外でたまには飯くらいは食うけど。

元々がかなりの潔癖症だし、警戒心と猜疑心の塊。

2020/5/21。【◯◯】

あー…

試合がしたい。

とことんやる事を人生での今の目標に。

今週は将太朗君としか知った人とは会っていないし、じっくりは話していない。

【本当に毎日◯◯にいる様な気分だな、実際にそうだから】

後から来た彼に話しながら。

様々な話を毎回する。

稽古は毎日必ずやるから、体が衰えたり運動不足になる事は決してない。

自粛期間の間に更に心身共に強くなろうとずっと考えながら。

尚更に知性も磨きたい。

多くの情報を調べて、様々な事を頭の中にインプットしたいところ。

一日10キロ以上歩く事もきっちり継続。

稽古の追い込みとは別に、4月、5月の二ヶ月間で【600Km以上】は歩くと思う。

この日…。【核弾頭】

約5年ぶりに。

当時から、とにかく激しくて半端でなかったな。

激し過ぎて強過ぎたし、本当にワクワクさせられっぱなしだった。

【核弾頭】

彼にピッタリだったから、それを名付けて実際にいつも彼をそう呼んでいた。

この写真、いつだったかな。

大きく逞しく成長していて、本当に嬉しかった。

そうそう。

昨夜、自宅最寄駅に到着してから、トルコ人の兄さんと沢山話して。(月曜日夜)

【ケバブ】二つ、買って帰ってから家で食った。

辛さを選べたから。

一番辛いのにしてと。

【凄く辛いけど大丈夫?!】と聞かれ。

【得意な方だからOK!辛くして】と、しながら。

実際に辛かったけど。

いやあ…スゲー美味かったな。

来ている曜日を聞いといたけど、やはりまた買いにいくと思う。

今時期だから自分の店を閉めているから、出稼ぎに来ているみたいに話していたけど。

味や中身の良い物は、残っていける物なんだなって思いながら。

雨だったし遅かったけど、買いたくなるし客が来ていた。