《2018城西世田谷東・支部内交流試合 速報2》【2018/11/18組手試合 午後の部】

■小学4年生初級+30キロの部
坂井優斗(組手試合初出場)1回戦、黄色帯の選手を相手に善戦するもの、右上段廻し蹴りの技あり×2を奪われて合わせ一本敗退。

■小学4年生初級+30キロの部
磯部秀太の1回戦、緑帯の選手との対戦、打ち合うもの、上段による技ありを奪われてしまう(本戦0-5判定敗退)

■小学4年生特選の部
久保竜馬の1回戦、緑帯の大きな選手との対戦、回り込みながら、上段を狙うが、奥足、奥外の下段廻し蹴りを貰ってしまい無念の一本敗退。

■小学4年生特選の部
煤賀瑛心の1回戦、体格の大きな黄色帯の選手との対戦、回りながら手数と、右下段廻し蹴りの連打を繰り出すが、体格差とパワー負けによる判定敗退(本戦0-5)

■小学4年生特選の部
松川恭士の1回戦はシード、初戦となる2回戦、激しく打ち合う、気持ちが出ていて凄く良い!体格差があるもの果敢に立ち向かう、打ち合いは五分五分、上段膝蹴りで技あり×2を奪われてしまい、惜しくも一本敗退、惜しいし良く頑張った。(気持ちが出ていて良かった)

■小学4年生特選の部
雨宮海央の1回戦、スピードが有り、凄く良い、強烈な突きのコンビネーションと下段廻し蹴り、回りながら突きの連打でのボディへの有効打が凄く良い(本戦1-2引き分け)

延長戦、左上段前蹴りによる技ありを奪われてしまう…必死に上段を狙いながら取り返しにいくもの、更に左上段前蹴りを浴びてしまい無念の合わせ一本敗退…(絶好調だっただけに本当に惜しかった)

■小学4年生女子初級の部
松島愛実(組手試合初出場)、1回戦、青帯の選手との対戦、積極的に攻めるもの、自分よりも身長の低い対戦相手の顔面を再三、叩いてしまい減点1…(本戦0-5判定敗退)

■小学4年生女子特選の部
飯田理愛の1回戦、身長の高い選手と激しく打ち合う、前に出る、中盤以降…上段による技ありを奪われてしまうが、打ち合いが凄い!(本戦0-5判定敗退)…激しく攻め立て、前に出ながら打ち勝てそうな試合内容だっただけに本当に惜しい。

■小学4年生女子特選の部
山崎心優の決勝戦、打ち合いながら、しっかりと崩していきたかったが…上段による技ありを先に奪われてしまう…最後まで前に出ながら、上段も狙うが時間切れ…(本戦0-5判定敗退)

■小学5年生初級の部
飯島伊織の1回戦、打ち合い、回り込みながら内股下段廻し蹴りで攻める、パワーアップしている、サイドにズレながら技を纏める(本戦2-0引き分け)、延長戦、細かくサイドにズレながらきっちりと差を付ける(延長戦4-1優勢勝ち)

続く2回戦、ガードを固めながら気合いを入れて前に出る、上段への技ありを奪われる…惜しい…(本戦0-5判定敗退)

続く第3位決定戦、安定した戦いぶりで、手数、強い下段廻し蹴りで攻めきる(本戦5-0優勢勝ち)

第3位入賞!

■小学5年生特選の部
荒井翔大郎の1回戦、前半、やりにくさが窺えるが、中盤からきっちりと差を付ける、前蹴り、膝蹴り、突きの連打を効かせる(本戦5-0優勢勝ち)

続く2回戦、強豪との一戦、リーチの長さに戦い難さを感じるが、まさに一進一退の攻防となる(本戦0-1引き分け)、延長戦、互角の展開のまま互いに一歩も譲らずだが…上段前蹴りによる技ありを奪われてしまう…最後まで必死に取り返しに攻めるが時間切れ…(延長戦0-5判定敗退)(対戦相手はそのまま決勝戦も勝利して優勝)

続く第3位決定戦、右下段廻し蹴り、中段廻し蹴りで有効打を重ねる、左下段内股蹴りが強い(本戦4-1優勢勝ち)

第3位入賞!(支部内の一週間後の【2018第26回全関東大会】では、初の準優勝の成績を残した)

■小学5年生特選の部
加藤遥斗の1回戦、リーチのある選手と対戦、激しい打ち合いとなる、上段による技ありを奪われてしまい、必死に取り返しに攻めるが時間切れ…(本戦0-5判定敗退)

課題としていた部分が克服され、心身共に確かな成長と強さが身に付いていた。(組手も一つ一つの技にパワーが付いて強くなっている)

■小学6年生初級の部
堀見尚吾の1回戦、パワーのある緑帯の選手との対戦、真向勝負で応戦するが前に出られてしまう、技術と経験の差により(本戦0-5判定敗退)

■小学6年生初級の部
末吉祐尋の1回戦、大きな相手との対戦、中に入りひたすら激しく攻める、手数とスタミナが凄い(本戦5-0優勢勝ち)

続く2回戦、前に前に出る、激しい手数と強靭なスタミナ、回り込む相手を追い掛ける(本戦5-0優勢勝ち)(勢いがある)

迎えた決勝戦、緑帯の選手との対戦、激しく打ち合うもの、パワー負けにより惜しくも(本戦0-5判定敗退)

準優勝を獲得!

■小学6年生特選の部
清水大地の1回戦、前半、上段による技ありを奪われるが、パワフルな組手でひたすら前に出て攻める、中盤、強烈な下段廻し蹴りで技ありを取り返して、更に最後まで前に出る(本戦3-0優勢勝ち)

続く決勝戦、黄色帯の選手と対戦、ひたすら追う×3、強い下突きの連打でボディを効かせながらパワーで前に出る(本戦5-0優勢勝ち)

特選クラス優勝!

■中学生初級の部
西村陸のワンマッチとなる決勝戦、前半動きながら積極的に攻めるもの、中盤、上段前蹴りによる技ありを奪われてしまう、後半、更に中段突きでボディへの技ありを奪われてしまい、合わせ一本敗退。

■一般初級の部
内山由暁(組手試合初出場)の1回戦、大型選手同士の対戦、パワフルな技で攻める、打ち合う、中段膝蹴りが良い、後半も激しく打ち合うもの、徐々にパワーで前に出られて後ろに下げられてしまう…(本戦0-5判定敗退)

2018/11/18【午後の部

極真空手 東大和道場

《2018城西世田谷東・支部内交流試合 速報1》【2018/11/18組手試合 午前の部】

■小学2年生初級-24キロの部
和気清大の1回戦、青帯の選手との対戦、見合う、ガードを固めて追う、ガードOK、噛み合わないながらも積極的に攻めた。(本戦5-0優勢勝ち)

続く2回戦、突きから左の上段廻し蹴りへの繋ぎOK、サイドにズレながら左上段技あり!更に中段突きによる技ありを奪い(合わせ一本勝ち!)

続く準決勝戦、相手の攻撃をしっかり捌く、見切る、中に入る、前に出る、左上段廻し蹴りで技あり、ガードOK(本戦5-0優勢勝ち)

迎えた決勝戦、強豪との対戦、左上段廻し蹴りによる技ありを奪う!相手の攻撃を見切る、ラスト打ち合う(本戦5-0優勢勝ち)

支部内初級クラスでの初優勝!!

■小学2年生初級-24キロの部
宋華洋の1回戦、激しい打ち合い、右の下突きが良い、回り込みOK、しっかり打つ、下段廻し蹴り良し(本戦0-1引き分け)、延長戦、エンジン全開(延長戦5-0優勢勝ち)

続く2回戦、右下突きから回り込み、ガードOK、右下段廻し蹴りOK、…左手でしっかりとガードをしていたが、上段による技ありを奪われてしまう(主審による3本技あり)、凄く強くなっていた…本当に惜しい…(本戦0-5判定敗退)

■小学2年生初級+24キロの部
久保大地の1回戦、青帯との対戦、前へ前へ出る、回り込む相手に対して前に出る、右の下突き、左下段内股蹴り良し(本戦1-1引き分け)、延長戦、後ろ廻し蹴り出す、パワーで激しく打ち合う、凄く良かった!(延長戦3-2優勢勝ち!)

続く2回戦、大きな青帯の選手との対戦、右の下段廻し蹴り、右下突き、手数も良し!(本戦1-0引き分け)、延長戦、手数で前に×2、ラッシュが凄い、前蹴り良し!(延長戦5-0優勢勝ち)

続く準決勝戦、青帯の選手と対戦、激しく打ち合いながら前に出る、上段ガード良し、打ち合う、…ラスト10秒、右上段廻し蹴りによる技ありを奪われる…惜しい…良い試合だった。(本戦0-5判定敗退)(礼も良い)

第3位決定戦、青帯の選手との対戦、手数とパワーで前に出る(押しで注意1)、激しい打ち合いになる!(本戦0-1引き分け)、延長戦、右の下突きの連打で前に出る(延長戦0-5判定敗退)、惜しい…、蹴りの印象の差か…

第4位入賞。(組手試合での初入賞となる)

■小学2年生初級+24キロの部
許世潾の1回戦(組手試合初出場)、青帯の選手との対戦、打ち合う、下段内股蹴り良し!ガードOK、突きから前蹴りで前に出る(本戦1-0引き分け)、延長戦、前蹴り、突きのラッシュOK!後半、激しい手数のラッシュで更に前へ出る(延長戦5-0優勢勝ち)

続く2回戦、パワーで前に出る、前蹴り、ガード良し、パワフルな組手で相手を逃がさずに前に出続けた!(本戦5-0優勢勝ち)

続く3回戦、青帯の選手との対戦、手数で前に出る、前蹴り良し、回り込む、右上段廻し蹴りによる技ありを奪われる…惜しかった…(本戦0-5判定敗退)

ベスト8。

■小学2年生初級+24キロの部
松島颯汰(組手試合初出場)の1回戦、青帯の選手との対戦、前に出る、激しい!(本戦0-1引き分け)、延長戦、回りながら激しい打ち合い、前に出る、前に出られた(延長戦0-5判定敗退)

よく頑張った。

■小学2年生女子初級の部
煤賀南羽の1回戦、大きな対戦相手に激しい連打で打ち合う、回り込みながら連打(手数、下段廻し蹴り)…手数が凄い!(本戦4-0優勢勝ち)

続く準決勝戦、激しい打ち合い、右下段廻し蹴りOK、少しずつ前に出る、ラスト、右下段廻し蹴りを効かせる!(本戦4-0優勢勝ち)

迎えた決勝戦(原環奈との同門決勝戦)、どちらも譲らない、回り込む(4-0煤賀南羽の優勢勝ち)

良い試合だった。

煤賀南羽、今年3回目の優勝!(茨城県大会チャレンジカップ、西東京都大会ビギナーズカップ、支部内初級クラス全てを優勝した)

■小学2年生女子初級の部
原環奈(組手試合初出場)の1回戦、打ち合う、右下段廻し蹴りが強い!良い!(本戦5-0優勢勝ち)

素晴らしい!強かった!

続く準決勝戦、突きで前に出る、右下段廻し蹴り、サイドに回る、後半、下段廻し蹴りが増える(本戦5-0優勢勝ち)

迎えた決勝戦(煤賀南羽との同門対決となる決勝戦)

共に頑張った。(0-4判定敗退)

初出場ながら準優勝を獲得!

■小学2年生女子特選の部
山崎希優の1回戦、的確な有効打を積み重ねながら、左上段廻し蹴りで技あり×2!一本勝ち、強い!

迎えた決勝戦、大きな青帯の選手との対戦、距離を詰めながら前に出る、上段が危ない…(本戦0-1引き分け)、延長戦、前に出る…ラスト数秒…左上段廻し蹴りによる技ありを奪われる(延長戦0-5判定敗退)

惜しい…(強くなっていた)

■小学3年生初級-30キロの
佐藤直紀(組手試合初出場)の1回戦、回り込みながら打ち合うが下がってしまう…足技が欲しい…(本戦0-5判定敗退)

初出場ながら良く頑張った。

■小学3年生初級+30キロの部
田中凰貴の1回戦、激しく打ち合う、手数で前に出る、気合いが良い、上段ガード良し、下段廻し蹴りを蹴れる様になった。(本戦5-0優勢勝ち)

続く2回戦、大きな青帯の選手との対戦、手数で打ち合う!上段廻し蹴りで技ありを奪われてしまう、上段を取り返しに狙う、惜しかった…(本戦0-5判定敗退)

■小学3年生初級+30キロの部
小林祐大(組手試合初出場)、1回戦、前に出る、上段前蹴りで技ありを奪われる、右上段廻し蹴りで技ありを取り返す!パワーで前に出る(本戦5-0優勢勝ち)

逆転!

続く2回戦、受けも良い、右下段廻し蹴り強い!(本戦1-0引き分け)、延長戦、右膝蹴りが良い、右下段、右中段廻し蹴りが良い!(延長戦4-1優勢勝ち)

素晴らしい!

続く準決勝戦、大きな青帯の選手との対戦、下がらず右の下段廻し蹴りで有効打を重ねる…粘る…(本戦0-2引き分け)、延長戦、同じ展開で最後まで粘る(延長戦1-4判定敗退)

惜しい…(良く頑張った)

続く第3位決定戦、左下段廻し蹴りが強い!突きからの蹴り技が良い!(本戦3-1優勢勝ち)

第3位入賞!(良かった!)

■小学3年生特選クラス

太田涼介の1回戦、回りながら左中段廻し蹴り良し、前蹴り、左上段内廻し蹴り良し!

試合終了ラスト数秒間…左上段廻し蹴りで技ありを奪われる…(本戦0-5判定敗退)

調子が良かっただけに本当に惜しかった…

2018/11/18【午前の部】

極真空手 東大和道場

《2018第10回城西世田谷東・支部内型交流試合 速報・試合結果》【極真空手 東大和道場】

小学2年生【平安2】


和気清大、1回戦(3判定敗退)  

小学3年生【平安1】

久保太陽、1回戦(0優勢勝ち)

2回戦(3判定敗退)

小学3年生【平安1】

小林祐大、1回戦(0優勢勝ち)

準決勝戦(3判定敗退)

第3位決定戦(1優勢勝ち) 

第3位入賞! 


壮年の部【征遠鎮】 


宮本朝延選手、1回戦(0優勢勝ち)

準決勝戦(0優勢勝ち)

決勝戦(2判定敗退) 

準優勝!! 


壮年の部【征遠鎮】 


宮本泉美選手、1回戦(2判定敗退)

《2018ロシア・カムチャッカ空手道選手権大会 試合結果》【多田将太朗】

カムチャツカオープン・キョクシンカイカラテカップ(スポルチヴニ・コムプレクス体育館)

一般選手権男子80キロ級 
第4位 
多田将太朗【城西世田谷東支部・東大和道場

《敢闘賞・受賞》


大会後

レセプションパーティーに参加した後、温泉に連れて行って頂いたとの報告をくれた。

今大会を通じて、本当に素晴らしい経験となったかと思う。

2018/12/1

《2018ロシア・カムチャッカ空手道選手権大会 速報》【多田将太朗】

一般選手権男子80キロ級
多田将太朗【城西世田谷東支部・東大和道場】

一回戦、本戦50優勢勝ち。

準決勝戦、本戦1引き分け、延長戦相手選手の足掛け下段突きにより技ありを奪われて延長戦05判定敗退

第3位決定戦、本戦13判定敗退。(5審判制)

第4位入賞。 

一般選手権男子80キロ級 
第4位《敢闘賞・受賞》

多田将太朗【城西世田谷東支部・東大和道場

2018/12/1

極真空手 東大和道場 金曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【ロシア・カムチャッカ】【多田将太朗】

16:45~19:30少年部2クラスを指導。 

今日も全員、凄い元気だったな。(山崎心優ちゃんに審査の用紙を渡した)

しっかりと積み重ねながら、審査技の移動、型も上手になっている。 

日曜日に型試合の和気清大君、久保太陽君も順調。(全員で移動、型を反復しながら) 

来週金曜日まで審査の見極めを行う予定。(まだ何人かに渡していけるかと思う)

12月2日()は支部内型交流試合の為、午前中の少年部クラスは休みとなります。 

夜の山田指導員の一般部クラスには通常通り行います。 

19:50~21:30一般部クラスを指導。 

石河ローレンス君のみが稽古に参加。(ウエイトトレーニングを中心に、補強、後半はサンドバック、フィジカルトレーニングで追い込み稽古)

明るい。 

彼は空手が大好きだし、【空手が(僕に)無くなったら本当に落ち込みます 

現在、勉強にも力を入れながらみたいだが、学校の勉強も、来年以降の高校に向けた受験勉強も頑張って貰いたい。

そして…(2018/11/30)

夜7時頃多田将太朗君からメールが来ていた。(この時点で日本時間とは、約3時間の時差があるとの事だった)

無事にカムチャツカに到着したとの報告をくれた。(以下=カムチャッカ空港での写真)

以下の写真=昨日のハバロフスク空港では… −17℃だったみたいだが…

本当に寒そうだ。

以下=宿泊先のホテルとの事。

以下=多田将太朗君のゼッケン。

トーナメントは◯◯◯

今日、金曜日は…

ロシア本部にて、軽めに体を動かしながら調整をしたとの事。

調子が良いみたいだ。

【OK 有り難う、健闘を祈ります!】と、返信した。

本当に祈る気持ちだ。

それだけ。

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部クラス】【東大和道場の壮年部】【ロシアから…】【多田将太朗】【◯◯】

16:30~18:30少年部クラスを指導。

審査に向けた稽古内容と見極めをしながら。(確か佐藤直紀君に審査の用紙を渡した昨日だったかもだけど)

日曜日の型試合に出場予定の小林祐大君、久保太陽君の型を試合形式で反復しながら。 

前半はフィジカル、補強稽古、全員で基本、型稽古。 

後半はミット稽古で徹底的に追い込み稽古。 

特に終盤以降、全員が本当に凄かった。 

溢れ過ぎるエネルギーだ。

半端で無いな 

スゲー本当に。 

19:00~22:00自主トレ。(ミット、サンドバックで追い込み稽古、3分×12ラウンド、ロープトレーニング30秒ダッシュ×10セット)、打たせ稽古(腹、太腿)、ウエイトトレーニング、補強稽古、シャドー、体幹トレーニング)

生徒達の空手の指導に繋がる様にという気持ちで。

あとは、自分自身と向き合う為、全ての自信に繋がる様にという気持ちで徹底的に追い込んだ。

稽古は毎回それの積み重ねとなり、それを今世で自由に出来る事が幸せだと思う。

一発一発に魂を込める気持ちで。

集中力に関しては日によるし、体調や調子にもよるけど、色々な確認をしながら。

20:00~21:30山田先生の一般昇級昇段クラス。(神代さん、湊さん、久保田さんが稽古に参加していた)

神代さん、関東大会を終えて、来年の選手活動に向けてと、黒帯としての強さの探求の積み重ね。

この数ヵ月間、実力を伸ばしていた神代さんだが、日頃の稽古と実践での組手試合での動きがリンクしていたし、収穫となる凄く意味のある大会だったと思う。(2018第26回全関東大会・壮年選手権45〜49歳−80級・第3位)

先日の試合が、今日の組手の動きにも繋がっていたし、凄く良い感じたなと思いながら観察していた。 

湊さん、神代さんの組手を観ていると、さすがに黒帯だなという強さと、積み重ねられてきた空手の厚みがある。

過去には数々の試合実績を残してきた、湊さんの強にしても、稽古で組手をしている誰もが感じ取れる部分だと思う。 

久保田さん、楽しそうに一生懸命に稽古に来てくれている。 

仕事が忙しい中でも、最近は継続して稽古を積み重ねている。 

来年は久しぶりに組手試合に挑戦する可能性もあるかも知れないし楽しみだな。

山田先生の熱血指導で、楽しそうに稽古をしている様子がとても良かった。  

クラス稽古後、山田先生、神代さんは更に自主トレのウエイトトレーニングに励んでいた。

23:20山田先生にマッサージを施して貰って終了。

23:40風呂へ。 

生きている事の有り難さを痛感する気分になるが、これの為にしているのか?そんな気持ちになるくらい。

最高、本当に。

25:20事務処理を終える。 

26:30食事。

木曜日夜9時頃…

多田将太朗君からメールが届いていた。 

無事に【ハバロスク】に到着したとの報告と…

ロシアは予想通り噂通りに凄く寒いみたいだ。

ロシア支部の【アーテム・プーカス師範】に、ロシアの本部道場を案内して頂いたとの報告をくれた。 

土曜日にロシア・カムチャッカでの大会に挑む事となる多田将太朗君。

自分を信じて、全力必死で挑んで貰えたらと思う。 


大山総裁だ…(ロシア支部・本部道場)

《2018第26回全関東空手道選手権大会 試合結果》【極真空手 東大和道場】【神代慎一・荒井翔大郎】

小学5年生男子35キロ級 
準優勝 
荒井翔大郎 【城西世田谷東支部・東大和道場】

《2018年支部内特選クラスでは、準優勝、11月は第3位入賞と、レベルの高い城西世田谷東支部の【特選クラス】で毎回入賞を果たしてきた。秋の支部内交流試合から、1週間後に迎えた今大会【2018第26回全関東大会】 結果は過去最高成績の試合実績となる全関東大会での準優勝という入賞結果を獲得。絶好調で迎えた今大会、決勝戦を含めた4試合を全て本人の組手を貫いた。持ち味となる抜群の組手センスを遺憾無く発揮してみせた。突き技の回転力、狙い済ました必殺の上段廻し蹴り、破壊力のある左右の下段廻し蹴り、右の中段廻し蹴りを振り分けながら対戦相手を揺さぶり次の瞬間には、相手の攻撃を貰わない場所に素早く移動するヒットアンドアウェイ戦法を用いながらも、混戦を次々と勝ち上がっていった。準決勝戦では今大会で【2018全日本大会王者】に勝利を納めて勝ち上がってきた、関東大会入賞常連選手を(本戦2)で下す快進撃を見せ付けた。終始、積極的に攻め込みながら前に出ていくスピーディー且つ、勝負への執念を感じさせる熱い戦いぶりで、決勝戦へと駒を進めた。決勝戦の相手は【2018国際大会入賞者】との優勝決定戦となり、全力を尽くす健闘ぶりながら惜しい判定敗退となったが、関東大会では初入賞になると同時に関東大会王者へとあと一歩までに迫る戦いとなった。 国際青少年大会、全日本青少年大会王者が集う今大会において、全国トップの実力がある事を証明してみせた。来年2019年4月の国際大会では、本気の優勝を視野に稽古を積み重ねていきたい。それだけの実力とポテンシャルの高さもあり【せたひが賞】を受賞した事に、既に意味を持たせながらも、日々の稽古の全てを自信に変えて挑みたい。今後も大きな変化の予感が漂う。》

壮年45歳~49歳80キロ級 
第3位 
神代慎一 【城西世田谷東支部・東大和道場】

《【優勝を狙っていただけに本当に悔しい限りです】と、試合後に話す。今大会を振り返り、確かな強さと実力を見せる戦いぶりとなった。日々の稽古では積極的にウエイトトレーニングに取り組みながらも、一般全日本選手達との厳しい組手稽古で自信の積み重ねを繰り返してきた。体格はバルクアップが施され、打たれ強さとパワーを増した肉体と精神力、日々、強さを増している組手の実力…今大会では黒帯の大型選手達との戦いが続いたが、真向勝負で受け止めながら立ち向かった。2015第23回全関東大会、3年ぶりとなる関東大会での入賞となった。来年2019年は3月の壮年団体戦、4月の国際大会、7月の東日本大会、8月の全日本壮年選手権での入賞以上の試合結果を目指す意向を示している。黒帯を取得後、更なる実力を積み重ねているだけに、来年以降にも確実な強さの積み重ねが予想される。》

《2018城西世田谷東・支部内交流試合 試合結果》【極真空手 東大和道場9】【番外編】

スゲー試合だったな…

本戦2−1(大坪航君がリード)(延長戦…本戦と同じ展開ながらも終盤、橋田君の上段前蹴りで技ありが入り5−0橋田君が優勢勝ち)(身長差約30センチ)

支部内交流試合の一週間前に出稽古に来た彼に、大きな選手が何を嫌がるか、どの角度で突き技を攻撃したら、大きな相手に威力が伝わるのか、今の航君の持っている技で何を一番の武器にして戦いに挑めば良いのか…様々な戦略を立てながら彼と話しをした。

『うわ!…どっかで見た事のある突きだ!…あの左の突き!』佐野先生が、大坪航君の様子を見ながら楽しそうに言葉を発する。

田無道場の橋田君は、佐野先生の生徒であり、ここ数年メキメキと実力を伸ばしながら、各大会では毎回実績を残している。(強豪選手達が集う10月の城西カップでも優勝していた)

佐野先生と一緒に、橋田君 VS 大坪航君の決勝戦を見守りながら。

しかし、俺の組手にソックリだな…本当に。

突きの打ち方とか、挟み方とか…まさにコピーなんだけど、長年を付ききりで、まんま教えて来たし、当たり前と言えば当たり前なんだけど。

面白い程に似ているな。

彼は俺が話す話しの全てを、驚く程に何でも吸収してくれる生徒でもあるが。

様々な物に対しての観察能力に長けている。

彼は静かで口数が少ないし、余計な事を一切語らない性格だが、日頃から物凄く様々な事を観察しながら分析をしている。

極真空手が大好きだし、極真空手に誇りを持っている。

頭も良い。