《2018東日本空手道選手権大会 試合結果》【極真空手 東大和道場】【星野悠久・平石千賀】

■小学6年生女子+40キロ級

第3位

平石千賀【城西世田谷東支部・東大和道場】

《昨年【2017全日本青少年大会】での準優勝の結果を皮切りに、2017年は東日本大会、秋季関東大会ともに第3位に入賞。今年2018年3月の西東京都大会では、圧倒的な強さを見せ付けての優勝、4月の【2018国際青少年大会】では、過去最高成績となる国際大会第3位に初入賞を遂げていた。今大会【2018東日本大会】では、優勝を狙っての出場となり、事前の稽古では全ての技にパワーアップが施されながら、組手技術にも磨きを掛けていた。初戦から相手選手を倒しに掛かる。スピーディー且つ、破壊力のある攻撃を浴びせかける。重く鋭い左の中段膝蹴りで相手選手のボディを抉る。(本戦3ー0優勢勝ち)(3審判制)続く準決勝戦では、4月の国際大会準優勝者との再戦となり、真っ向勝負の激しい打ち合いの末に惜しくも判定敗退。念願の優勝は持ち越しとなったもの、今後も可能性を感じさせる確かな強さを見せ付けながら、東日本大会での第3位入賞となった。》

■中学2・3年生男子-55キロ級

優勝

星野悠久 【城西世田谷東支部・東大和道場】

《今年3月の【2018西東京都大会】では圧倒的な強さを見せ付けて優勝。中学生最後となる4月の国際青少年大会では、まさかの初戦敗退と…上位入賞を狙う実力がありながらも、勝負の世界の厳しさを経験。気持ちを改めながら、中学生生活での最後の組手試合となる【2018東日本大会】へと照準を絞る。空手で長年積み重ねた猛稽古と、体の成長と共にパワーが増して、確かな強さを身に付けて来ていた。初戦はボディを狙う強烈な膝蹴りで一本勝ち。準々決勝戦も本戦で相手を圧倒する。準決勝戦こそ延長戦にもつれるもの積極的に攻めながら優勢勝ち。迎えた決勝戦は、4月の国際青少年大会での初戦で敗退を喫していた強豪選手との再戦となった。(過去の対戦成績は2勝1敗)4度目の対戦となった東日本大会の決勝戦では、激しく打ち合いながらも後半はパワーで手数足数、下段廻し蹴りの有効打を纏めながら明確な差を付けて見事に勝利を納めた。東日本大会(全関東大会)を制圧。中学生での最後の大会と決めて挑んだ組手試合で、念願の全関東大会(東日本大会)優勝のビッグタイトルを獲得。高校生以降は、ワールドユースエリート大会(国際青少年大会)での入賞以上の結果が伴うと、高校生にして一般選手権大会への出場が可能となる。同門の先輩である多田将太朗【城西世田谷東支部・東大和道場】の後を担う、支部の若手選手としても期待が掛かる。》

2018東日本空手道選手権大会 東大和道場 速報【午前・午後の部】【少年部・中学生】【2018/7/28】

■小学3年生男子+30キロ級

太田涼介の1回戦、横蹴りで技あり優勢勝ち。

続く2回戦、上段廻し蹴りによる技ありを奪われる、必死に打ち合いながら、技ありを取り返しにいくもの、惜しくも本戦判定敗退。

大きな舞台でも日頃の実力を出せる様になってきた。

■小学4年生男子-30キロ級  

雨宮海央の1回戦、パワフルな突き技でボディを効かせて、技ありを奪う、コンビネーションの下段廻し蹴りも強烈。(技ありを含む、本戦判定勝ち)

続く2回戦、強豪選手と激しい打ち合いとなる、やや手数と有効打の差か…(本戦0ー2判定敗退)

抜群の空手センスとパワー、豊富な稽古量もあるだけに、継続しながら更に心身の強さを積み重ねたい。

■小学4年生男子-30キロ級

松川恭士の1回戦、茶色帯の選手との対戦、パワフルな突き技の連打で、ひたすら前に出る、なんと…

茶色帯の選手を相手に本戦3ー0優勢勝ち! 素晴らしい戦いぶりだ。

続く2回戦、国際大会王者との一戦、果敢に挑もうとするもの、上段前蹴り、上段後ろ廻し蹴りによる合わせ一本敗退。

茶色帯の選手を相手に、関東大会での1勝利を獲得した。

■小学4年生男子-30キロ級

久保竜馬の1回戦、緑帯の選手を相手に善戦するもの、転倒させられてからの残心による技ありを奪われて本戦判定敗退。

空手センスも、稽古量もヤル気もある。

継続していたら必ず華が開く様になる。

■小学4年生男子+30キロ級

煤賀瑛心の1回戦、茶色帯の選手と激しい打ち合いとなる…

大善戦、打ち合いは互角、下段廻し蹴りの連打で食い下がるも、惜しい上段による技ありを奪われて、本戦判定敗退。(後半の戦いは五分五分以上だっただけに本当に惜しかった)

確実に強くなっている。

■小学5年生-35キロ級

荒井翔大郎の1回戦はシード、初戦となる2回戦、激しい打ち合いとなる(本戦1ー1引き分け)、延長戦、右上段廻し蹴りによる技ありを奪う。(延長戦3ー0優勢勝ち)

続く3回戦、激しい打ち合いとなるが、後半、押し込まれてしまい…本戦0ー3判定敗退。(対戦相手は今大会の優勝者となる)

実力者なだけに、トップ選手の壁を破りたい所だが、継続していたら必ず結果が出る時が来る。

■小学5年生-35キロ級

加藤遥斗の1回戦、茶色帯の選手を相手に前に前に出ながら、ひたすら追い掛ける。

ラスト20秒程だろうか、このままいけば勝てる…という流れで、対戦相手の中段膝蹴りにより、一本敗退となる。

本当に惜しかったが、確実に強くなっている。

■小学5年生-35キロ級

飯島伊織の1回戦はシード、初戦となる2回戦、積極的に攻める、前に出る。

本戦2ー0優勢勝ち!初出場ながら関東大会での1勝利を獲得。

続く3回戦、前に出ていく瞬間を、一発目のカウンターの上段廻し蹴りを合わされてしまう…果敢に攻め込むもの、更に上段廻し蹴りによる合わせ一本敗退。

気持ちで前に出て攻め込む姿も凄く良かった。

■小学5年生女子+35キロ級

星野久遠の1回戦、茶色帯の選手と一進一退の激しい打ち合いとなる、後ろ廻し蹴りを何度も繰り出す。

一歩も引かない素晴らしい戦いぶりだが、少しのパワーの印象か…

惜しくも本戦0ー3判定敗退。

しかし、確実に強くなっている。

■小学6年生女子+40キロ級

平石千賀の1回戦、積極的に前に出ていく、ひたすら攻める、強烈な中段膝蹴りで対戦相手のボディを抉り、確実に効かせる、上段膝蹴り、中段廻し蹴りで更に攻め込む。(パワー、スピードがアップしている)

本戦3ー0優勢勝ち。

続く準決勝戦、4月の国際大会準優勝者の強豪選手との再戦。(国際大会では準決勝戦で敗退を喫している)

激しい打ち合いとなるが、体重差のあるパワーファイターに、正面から打ち合い過ぎてしまったか…

後半のサイドステップは凄く良かった。

本戦0ー3判定敗退。

前回よりも競って来ている。

次は勝てる。

■小学女子6年生+40キロ級

第3位

平石千賀【城西世田谷東支部・東大和道場】

■中学1年生男子-50キロ級

飯酒盃龍の1回戦、茶色帯の強豪選手との対戦、打ち合いとなるが、鋭い膝蹴りの連打で前に前に出られてしまう、必死に応戦するもの、本戦0ー3判定敗退。

稽古量も豊富なだけに、課題としているパワーを身に付けたら必ず変わる。

■中学2・3年生男子-55キロ級

星野悠久の1回戦はシード、初戦となる2回戦、強烈な膝蹴りによる一本勝ち。

続く準々決勝戦、本戦3ー0優勢勝ち。

続く準決勝戦、城西世田谷東支部・狛江道場の選手との同門対決を制する。

延長戦3ー0優勢勝ち。

迎えた決勝戦、今年4月の国際大会での初戦敗退を喫している、国際大会入賞経験者との4度目の対戦。(過去2勝1敗)

激しい打ち合いとなるが、後半、パワーで前に出ていく、明確な差を付けての本戦3ー0優勢勝ち!

関東大会での初優勝となり、初のビッグタイトルを見事に制圧!(今年3月に行われた、2018西東京都大会でも優勝を遂げている)

■中学2・3年生男子-55キロ級

優勝

星野悠久【城西世田谷東支部・東大和道場】

■中学2・3年生男子-55キロ級

石河ローレンスの1回戦はシード、初戦となる2回戦、強豪選手を相手に、課題として来たメンタル強化の部分も磨かれていて、しっかりと戦えていた。

惜しくも上段前蹴りの技ありを奪われての判定敗退となるが、日々の稽古でも、メキメキと実力を付けているだけに、今後の活躍に期待。

■中学生女子+45キロ級

佐久間一華の1回戦、黒帯の強豪選手との対戦。

一進一退の激しい打ち合いとなるが多少、後手になる場面もあったが、ラスト20秒程は、持ち前のパワーで前に出ながら攻撃を纏めたのも凄く良かった。

既に同世代のトップ達と打ち合う、フィジカルの強さは十分にあり、豊富な稽古量から来る強さを感じる。

衰えを知らない空手への情熱もあり、物凄い勢いで実力を増して来ている部分があり、実践での試合経験を積み重ねていくのみ。

空手経験こそ浅いもの、既に大きく化けそうな予感も漂う。

2018東日本空手道選手権大会 速報【一般選手権無差別級】

◾️多田将太朗(城西世田谷東支部・東大和道場)の第3位決定戦。

山上大輝 選手(東京城北・光が丘)との一戦。

ワールドユースエリート大会で、数多くの実績を残して来ている山上選手が、長いリーチとサウスポースタイルから変則的な右の上段前蹴りを繰り出しながら、再三、多田選手の顔面を狙って来る。

上段前蹴りを、ことごとく掻い潜りながらも懐に入り、突きの連打から左右の下段廻し蹴りで山上選手の動きを止めに掛かる。

何度か山上選手の上段前蹴りが顔面を掠めたり、ヒットする場面もあるが、相手の蹴り足を掴んで離さない多田選手。(山上選手に残心を決めさせない執念を見せる)

後半…足が止まった山上選手に、突きの連打から左の下段廻し蹴りの連打を浴びせに掛かる。

本戦終了。(3分間)

本戦5–0優勢勝ち!!

第3位が確定。

◾️2018東日本空手道選手権大会【一般選手権無差別級】

第3位

多田将太朗【城西世田谷東支部・東大和道場】

2018東日本空手道選手権大会 速報【一般選手権無差別級】

◾️優勝候補の一角、多田将太朗(城西世田谷東・東大和)の準決勝戦。

第11回全世界大会日本代表選手、山川竜馬選手(東京城北・上板橋)との一戦。

互いに見合う。

先手は山川選手から。

突きから下段廻し蹴りを返していく。

体格とパワーで前に出て来ようとする、山川選手に対して、試合場を広く使いながら手数、足数で応戦する。

中に入りながら、山川選手のボディへと速射砲のごとく纏める、突き技の連打からの下段廻し蹴り、上段廻し蹴りを繰り出す。

凄く良い。

山川選手のパワフルな下段廻し蹴りを、しっかりとカットしながら、有効打を許さない。

本戦半分までは一進一退の互角の試合展開。(手数では確実に上回る)

ラスト1分、山川選手が更に圧力を掛けながら、突きの打ち合いから両手押しのテクニックを織り交ぜながら、多田選手を体ごと場外へと数回押し出す。

必死に技を返していく。

最後の最後まで必死に打ち合い、起死回生を狙う、鋭い右の内廻し蹴りを繰り出す。

技ありを奪いたいところだが、惜しくも時間切れにより本戦が終了。(本戦3分間)

本戦0−5判定敗退。

大善戦となるもの本当に良い試合だった。

次は第3位決定戦。

現在ベスト4。

2018東日本空手道選手権大会 速報【一般選手権無差別級】

◾️優勝候補の一角、多田将太朗の準々決勝戦、2018千葉県大会王者・小嶋和真 選手(本部直轄松戸)との一戦。

互いに見合う。

長い距離からの突きからの下段廻し蹴りを主体に試合をリードしていく。

距離を取りながら、相手選手を中に入れない。

強引に距離を詰めながら、パワーで前に出て来ようとする相手選手を、突きの回転力、左右の下段廻し蹴りを、内、外へと蹴り分ける。

ラスト30からは、更に相手選手に付け入る隙を与えずに手数、足数で突き放して試合終了。(2分間)

本戦4−0優勢勝ち!!

強い!

次は第11回全世界大会日本代表選手の山川竜馬 選手(東京城北・上板橋)(身長186センチ・体重100キロ)超重量級の強豪選手との準決勝戦。

期待が掛かる。

2018東日本空手道選手権大会 速報【一般選手権無差別級】

◾️優勝候補の一角、多田将太朗【2017第25回全関東大会・重量級 優勝】の1回戦はシード、初戦となる2回戦、前半は落ち着いて距離を取りながら相手の出方を窺う。

ヒットアンドアウェイで主導権を握る。

下段廻し蹴りが、相手選手の金的へと流れ、注意1を取られる。

数試合を挟んでから試合を再開。

膝蹴り、突きのコンビネーションから、左の鋭い上段廻し蹴りが相手の顔面を捉える。

後半は攻撃をまとめながら前に出る。

本戦5–0優勢勝ち!(5審判制)

調子が良い。

《2018茨城県空手道選手権大会JOSOカップ》【東大和道場・試合結果】

■小学4年生(黄色帯以上・チャレンジカップ)  

第3位

煤賀瑛心

【2月に行われた2018西東京都大会では上級クラスで準優勝を遂げて、今大会は優勝を狙って出場した。準決勝戦では惜しくも敗れるもの立派な第3位入賞となった。日々、鬼気迫るヤル気と気合いを発しながら稽古の積み重ねをしているが、2018年7月28日(土)の東日本大会(全関東大会)では更なる力を発揮する意気込みで、茨城県大会の試合翌日から既に稽古を積み重ねている。】

■小学1・2年生(白・オレンジ帯・チャレンジカップ)

優勝

煤賀南羽

【今年2018年4月には初の組手試合となる支部内交流試合に出場して第3位入賞を経験。空手を心底大好きで週に6回、7回を毎日稽古に明け暮れる日々。とにかく明るい。道場では既に後輩達をリードする存在になりつつもある。組手試合2大会目となった今大会では、なんと4試合を戦い抜き見事に初優勝を遂げた。決勝戦ではなんと…身長で20センチ、体重で20キロも大きな対戦相手との試合も激しい戦いぶりで劣勢だった試合を(本戦0-1引き分け)、延長戦では逆に前に出て試合を引っくり返して見せた。(延長戦2-1優勢勝ち)性格的にも今後、心身共に更なる成長が予想されるが、空手と道場と仲間達を大好きだという部分が最大の長所であり強みでもある。】

■小学2年生(青帯以上・チャレンジカップ)

優勝

和気清大

【今年3度目の組手試合となった今大会。組手試合、型試合と積極的に取り組んできたが、日々の稽古で常に課題としていたテーマは、心を強くしていく事。ヤル気も空手センスも抜群にあり、日々の稽古で手を抜く事もない。今大会では4試合を戦い抜き、組手試合では2度目の優勝を飾る事となった。準決勝戦では緑帯の長身選手を相手に果敢に前に出て勝利を掴んだ。心身の鍛練と共に今後も更なる飛躍を目指していきたい。秋の支部内交流試合では確実に優勝を狙っている。】

■中学生女子 (黄色帯以上・茶色帯以下チャレンジカップ)

優勝

佐久間一華

【8ヶ月ぶりの組手試合となったが、日々のたゆまぬ努力の積み重ねにより、道場では黙々と実力を伸ばしていた。今大会では優勝のみをテーマとして掲げながら、同時にチャレンジカップを卒業する事を念頭に稽古を積み重ねてきた。初戦では現在、黄色帯ながらも、茶色帯の選手を相手に打ち合いを制してみせた。破壊力抜群の下段廻し蹴りの連打と、サイドステップが冴え渡る試合内容となった。(決勝戦は相手選手の欠場により不戦勝)予定通りにチャレンジカップでの優勝を果たし、2018年7月28日(土)の東日本大会(全関東大会)では、初の上級カテゴリーへと挑む事となる。9月の第10回横浜カップへも上級カテゴリーにエントリーをしているが、フィジカルの強さ、ポテンシャル共に既に高いレベルにあり、今後の成長が楽しみな逸材でもあるが、既に同世代のトップ選手達とも戦える準備も出来上がって来ている。何よりも空手を大好きで大切にする気持ちも人一倍強く、心身の強さに磨きを掛けながら更なる飛躍を目指す。】

湊さん、神代さん、多田将太朗君はセコンドとして、石河ローレンス君、鈴木さんも試合会場に応援に来てくれていた。

2018/7/1〈開催地:つくばカピオ〉

《2018茨城県空手道選手権大会JOSOカップ・速報》【東大和道場・出場選手】

■小学1・2年生(白・オレンジ・チャレンジカップ)

煤賀南羽の1回戦(3-0優勢勝ち)(3審判制)前に出る、手数、足数で圧倒(神代)

突きの連打から下段、多くて良い(湊)

2回戦(3-0優勢勝ち)前に出る、1回戦同様、手数で圧倒(神代)

突き+下段、繰返しが共に良い(湊)

準決勝戦(本戦1-1引き分け)、延長戦(3-0優勢勝ち)相手選手が前に出るも有効打で対抗する(神代)

本戦、下がり気になる、延長戦、先手で前に出た(湊)

決勝戦(本戦0-1引き分け)延長戦(2-1優勢勝ち)相手選手、大型選手で対格差を生かして前に出る、本戦では、やや押されていたものの、延長になり逆に気持ちで前に出る(神代)

打ち合い、相手【大】(湊)

煤賀南羽、優勝!!

■中学生女子 (茶色以下・チャレンジカップ)

佐久間一華の1回戦(本戦2-0優勢勝ち)(3審判制)、茶色帯の相手、前半はお互いに突き、蹴りが互角、後半、回り込み、下段の連打で(本戦3-0優勢勝ち)(3審判制)(神代)

本戦2-0優勢勝ち、相手、茶色帯、必ず出す下段(湊)

決勝戦、相手選手の欠場により不戦勝。(神代)

優勝(湊)

佐久間一華、優勝!!

■小学2年生(白・オレンジ・チャレンジカップ)

久保大地、欠場。

■小学2年生(青帯以上・チャレンジカップ)

和気清大の1回戦、身長のある相手選手、相手のガードが下がっているところに左上段蹴り、技あり、その後、消極的になった相手に左上段蹴りで合わせ一本(神代)

左上段×2(湊)

2回戦(2-0優勢勝ち)(3審判制)

相手選手が前に出てくるところを、自分の距離をとり、積極的に上段を合わせていく(神代)

打ち合う、上段かする(2-0優勢勝ち)(湊)

準決勝戦(3-0優勢勝ち)緑帯の長身の選手を相手に積極的に前に出る、距離をつぶして上段を絡めた攻撃を行う(神代)

よく詰めて前に出る(3-0優勢勝ち)(湊)

決勝戦(3-0優勢勝ち)準決勝戦同様に積極的に前に出る、手数を出す、上段を絡めた攻撃のため相手が消極的になるも構わず前に出る(神代)

(3-0優勢勝ち)(湊)

和気清大、優勝!!

■小学4年生(黄色以上・チャレンジカップ)

久保竜馬の1回戦(3-0優勢勝ち)(3審判制)お互いに見合う感じで距離をとる、竜馬が自分の距離から上段廻し蹴りをヒット(副審1名技ありも取れず)技あり気味、終始、有効打で勝る。(神代)

(3-0優勢勝ち)上段×2かする(湊)

2回戦(0-3判定敗退)相手は対格よく、前に出る相手、お互いに打ち合い、延長と見られるものの、若干、相手が前に出ており判定負け(神代)

(0-3判定敗退)(湊)

■小学4年生(黄色以上・チャレンジカップ)

煤賀瑛心の1回戦はシード、初戦となる2回戦(3-0優勢勝ち)(3審判制)一方的に前に出て、相手が後退、手数で圧倒し、ワンサイドの内容(神代)

(3-0優勢勝ち)突き蹴り共に相手を上回る。(湊)

準決勝戦(0-3判定敗退)お互いに距離をとる、お互い上段蹴りの警戒をし、少し見合う場面が多い、相手の方がやや前に出ているため判定負け(神代)

(0-3判定敗退)(湊)

煤賀瑛心、第3位入賞!

■2018茨城県空手道選手権大会JOSOカップ(一般選手権・無差別級)

金久保典幸、1回戦シード。

2回戦(本戦4-0優勢勝ち)

準々決勝戦(本戦1-1引き分け)(延長戦0-2引き分け)

体重判定(84キロ,81・8キロ)

最終延長戦(0-5判定敗退)

《2018第9回城西世田谷東支部内・型交流試合》【東大和道場 速報・試合結果】

■小学2年生【太極3】の部

和気清大(支部内型大会第3位)の1回戦(1-2判定敗退)

■小学3年生【平安1】の部

太田涼介(支部内型大会準優勝)の1回戦(0-3判定敗退)

■小学3年生【太極1】の部

久保太陽(初出場)の1回戦(3-0判定勝ち)

続く2回戦(0-3判定敗退)

■小学4年生【平安1】の部  

久保竜馬(支部内型大会第3位)の1回戦(0-3判定敗退)

■小学4年生【平安1】の部

松川恭士の1回戦(0-3判定敗退)

■壮年【撃砕小】の部

宮本朝延 選手(2017支部内型大会優勝・2017西日本型大会優勝)の1回戦(3-0判定勝ち)

続く2回戦(2-1判定勝ち)

決勝戦(1-2判定敗退)

■壮年【撃砕小】の部

準優勝

宮本朝延【城西世田谷東・東大和道場】

《東大和道場 出場選手・6名》