2019第36回全日本ウエイト制空手道選手権大会・2019全世界女子ウエイト制空手道選手権大会に向けて。【多田将太朗・永吉美優】【決意】【生徒達】

土曜日夜、多田将太朗君、永吉美優さんと焼肉屋で待ち合わせ。(2019/4/6)

2週間後に控えた【2019第36回全日本空手道選手権大会】【2019全世界女子ウエイト制空手道選手権大会】に向けて。

壮行会、決起集会を兼ねて。

彼らに沢山、食べさせながら。

自分自身の、半分の年齢となる彼らではあるが…

成人を過ぎて、一緒に酒を飲める年代になった生徒達と、同じ時間を共有出来る事や、現役選手として、同じ舞台へと試合に挑める事がどんなに幸せな事か。

酒が入り、様々な本音を話してもしまうが、彼らの今大会に向けた意気込みや、決意を聞きながら。

自分自身も現役の選手だからこそ、彼らの今の気持ちを、凄く理解出来る部分はあるのだが、彼らに対して今の自分自身がどうあるべきなのかを常に考えてもいる。

実践の試合に挑むにあたり、共に緊張感を感じながら、少しでも彼らを盛り上げてあげたいし、少しでも彼らが心強く感じて貰えたら幸せだなと。

なかなか想像すら出来ないであろう、大きな重圧に耐えながら、その立場や緊張感や恐怖感と向き合いながらも、極真女子日本最強という立場で、世界一を目指す状況にある、今の永吉美優さんを感じ取る事が出来た。

二人とも、凄く良い表情をしていた。

店を出て駅前に向かいながら…

【悔いの残らない様に、全力でやろうぜ!】

彼らと握手をして別れた。

2019/4/8

金久保典幸

極真カラテ専門誌。【ワールド空手】【最新号】【永吉美優】【更に】

永吉美優さん、表紙に出ている。(東京城西世田谷東支部・東大和道場)

2019全世界女子ウエイト制空手道選手権大会−65キロ級(中量級)に挑む、全日本女子の絶対的なエースでもある永吉美優選手のインタビューが、カラーページでも掲載されている。

NEWS & INFORMATIONには【2018全日本女子無差別級優勝の祝勝パーティー】の記事も。

事実を文章にして伝えたかった、幾つかの重要な部分も、ほぼ編集無しの内容で載せて貰えた。

バッチリだ。

2019/4/2

極真空手 東大和道場 水曜日一日。【一般部選手稽古】【現役選手として】

16:30〜19:10 少年部2クラスを指導。

19:30〜22:50 一般部選手稽古として。(皆と一緒に稽古に参加させて貰いながら)

多田将太朗君、石河ローレンス君、高橋知宏さんと稽古。

(シャドー、体幹、フィジカル強化をテーマにウエイトトレーニング3種目、打たせ稽古、腹踏み腹筋、ミット、サンドバッグで打ち込み、蹴り込み、追い込み稽古3分×15ラウンド、更にウエイトトレーニングを4種目、補強(兎跳び)

高橋さんは1クラスのみの稽古参加として、強度を落としながらも、全ての稽古を全力で取り組んでいた。

高橋さんは、長年の空手経験が心身に染み付いている為、何かを促せば、当たり前にこなしてしまいがちな彼女だが、様々な状況を把握しながら、稽古では無理をし過ぎず、リラックスしながらも、自分自身の空手の稽古に意味を持ち、気ままに道場を活用して貰えたらと話をしながら。

石河ローレンス君、厳しい稽古を最後まで頑張っていた。

彼にとっても全てが勉強となり、空手の稽古や道場での先輩後輩の関係は、凄く意味のある物だと感じられる。

多田将太朗君、連日の激しい厳しい稽古を、ひたすら黙々とこなしながら。

【文武両道】

彼ほどにその言葉が似合う人も、なかなかいないと思う。

生徒達を観察しながら、彼らに声掛けをしながら、自分自身も凄く良い稽古が出来た。

試合を終えて、今日やるべき稽古に重きを置いて、真剣に稽古を積み重ねながら。

24:10 掃除後、ストレッチ、マッサージを終える。

25:50 事務仕事を終える。

26:00 食事へ。

まだまだ…試合のアドレナリンが沈まらずに寝不足にもなるし、苦しい日々が続いているが。

門井選手との真剣勝負には本当に燃えたし、世界トップの外国人選手達との試合とも、全く異なる不思議な気持ちを体感させて頂いた。

男としての深みというか、暖かみというか。

試合場で何度か交わした会話の中には、それらの気持ちを感じながら。

昔から尊敬する偉大な選手でもあったし、実際に今後も、あれだけの存在感のある選手もなかなか現れないと思うけど。

今の自分自身を、全力でぶつけられる偉大な空手家であり、実際に極真空手の試合場で戦えたからこそ知れた、更なる熱さというか。

20年以上を、実践の試合場で戦ってきて…

幸せだなって。

4位で落ち込んでる訳じゃなくて、そんな気持ちを感じていたのと…

【4位だしな…ちっちゃいトロフィーもないんだな…】

下に置いた賞状の配置を気にしながらも、そんな事を考えていたかと思うけど。

長く続けていなければ、知る事すら出来ない感動は必ずある。

毎日毎秒、焦りながらも、様々な事に対しての感謝の気持ちを絶対に忘れたらいけないという事を含めて、常に弱い自分自身と向き合っていたいなと思う。

男として強くなりたくて、極真空手に出会ったからこそだ。

2019/3/21

金久保典幸

試合前後。【青◯様の…】【極真会館2019千葉県空手道選手権大会】

試合前日…

千葉県八幡宿の宿泊ホテル近辺で、試合当日の打ち合わせを兼ねて夕食。(3月16日)

【◯◯◯ウ】に、ついて話し合い。

ちょー、ウケた。

以下…(3月17日)

19:50 試合後に、神代さんに自宅付近まで送って貰った。

20:00〜22:00 恒例の(青木様のダメ出しの御時間)

スッゲー食うな…しかし、青木さんは毎回…(食事の摂取量が半端でないから、しっかり稽古をしないと、マジで太りますよと話しながら)

【極真のレジェンド】門井選手との試合に、凄く喜んでくれたから、それで許して貰えた。

朝のアップや、一日のセコンドの手伝いを考えて、前日から千葉県八幡宿まで、ホテル入りで応援に来てくれた青木さん。

セコンドの指示出しも的確だし、声の大きさも素晴らしい。

ホテルでの朝のアップと、試合場でのセコンドには、神代さんと一緒に多田将太朗君も、朝早くから応援に来てくれた。

皆、有り難い限りだなと。

門井選手との試合は本当に…

【燃えた】

この一言だけ。

【極真空手】【真向勝負】【ド突き合い】を代名詞とする、本当に偉大で凄い選手であり、簡単に語れない大選手だから、ここら辺で。

田口支部長や、一般部の生徒達、親しい仲間達に観て頂けただけで、本当に大きな価値があった。

長く続けていなければ、感じられない気持ちでしかないなと。

2019/3/17

金久保典幸

極真会館 2019全世界女子ウエイト制空手道選手権大会へ。【Fight & Life】【永吉美優】

永吉美優さんが【城西世田谷東支部・東大和道場】、格闘技専門誌【fight & life】のカラーページに、またもや、3ページも特集された。

極真空手専門誌だけではなくて、格闘技専門誌にも毎回、掲載されてしまう彼女のスター性。

当たり前な事ではなくて、本当に凄い事で。

しかも、カラーで3ページ。(1ページは、彼女のアップ写真と、紹介とインタビューから…)

明日、少年部の子供達にも見せよう。

2019/2/25

それから。【ワールド空手に…】【永吉美優さん祝勝パーティー】

美優さんの【2018全日本女子・無差別級優勝 祝勝パーティー】の記事を書いて、写真と一緒に、ワールド空手編集部に送信する事が出来た。

…次のワールド空手(おそらく3月末に発売予定)

美優さんの4月の【2019全世界女子ウエイト制空手道選手権大会】に向けての内容にもしてある為、意外に苦労して文章を考えて書いたつもりだ。

ただの結果報告や、粗筋ではなくて、何を発信して貰いたいかを、簡潔に文章に纏めて、ワールド空手編集部に送信した。

もちろん、編集される部分はあるかと思うけど、彼女の昨年の【2018全日本女子・無差別 優勝】の、祝勝パーティーの様子が、少しでも極真空手関係者に分かりやすく伝わる物として、ワールド空手に掲載されたら良いなと思う。

昨年、彼女が2度目の日本一に輝いてから数ヶ月間、祝勝会の事を考えて、幹事をやりながら祝勝会を無事に終了する事も出来た。

4月の世界大会前のワールド空手発売日にも間に合う様にしたいと、2019年2月3日の祝勝パーティーを終えてから、2週間を考えていたけど、ようやく気分もスッキリした。

ワールド空手に掲載されるまでが、完璧な祝勝会だと考えながら。

極真会館女子のスター選手だし、生徒でもあるし、やれる事をきちんとしてあげたい。

これで、次のワールド空手に祝勝会の記事が掲載されてなくて、4月の世界大会が終わってしまったら恥ずかしいけど…

多分、大丈夫。

2019/2/21

2018/10/28(武蔵野の森総合スポーツプラザにて)

極真会館【2018全日本女子・無差別級】の表彰式で。

永吉美優さん 2018全日本女子 無差別級 優勝 祝勝パーティー番外編2。【エピローグ?】【◯い◯の◯◯◯】

【ローレンス…お前なぁ…空気を読めよ…空気を読むっていう事はなぁ…◯い◯だぞ…中城をやれる、って思った時に執れる行動が…/-¥~\|*$>€>€<•~#€$…】

中城さん、兎に角、面白い人だけど…

中高生達のいなくなる二次会では、いつも更に想像を超える面白さになる中城さん。

しかし、なんつーイケメンだ…(布田大樹君)

この爽やかなフェイスで、更に極真の黒帯で、しかも組手は本当にメチャ強い。

伏見麗奈さんも来てくれたし。

彼女も本当に明るくて、凄く性格が良い。

良い写真だ。(多田将太朗君、布田大樹君、伏見麗奈さん)

こんな笑う事あんのか…っつーくらい、笑った日だった。

2019/2/3

永吉美優さん 2018全日本女子 無差別級 優勝 祝勝パーティー番外編1。【サイン】

永吉美優さんの【2018全日本大会 優勝 祝勝パーティー】終了後には、彼女のサイン会が。

少年部達は皆、楽しみにしていたみたいだ。

多くの少年部の後輩達が列をなした。

極真女子日本最強である、永吉美優さん【2016・2018全日本女子無差別級チャンピオン】からのサインは、東大和道場の直々の少年部の後輩達は、絶対に貰っておくべきだし、大正解だ。

美優さん、大変だったと思うけど、一人一人に快く対応してくれていた。

東大和道場の少年部・一般部の皆で書いた、御祝いメッセージの色紙4枚を美優さんに渡した。

東大和道場一般部からは、山田先生、神代さん、湊さん、宮本朝延さん、宮本泉美さん、中城さん、小林さん、平野さん、多田将太朗君、布田大樹君、伏見麗奈さん、二ノ宮さん、久保田さん、久保さん、雨宮伶空君、阿部華恋さん、石河ローレンス君、佐久間一華さん、飯酒盃龍君、石井伽月君、西村陸君、植村春介君が参加。

2019/2/3

BIG BOX東大和店 宴会場

極真空手 東大和道場 水曜日一日。【少年部クラス・一般部クラス】【多田将太朗】

16:30〜19:30 少年部2クラスを指導。

今日、体験に来てくれた、小学1年生の男の子達。(ユイト君、リョウスケ君)

秋庭仁君の通う、上宿小学校の仲間達との事だったが、二人とも一生懸命に、初めての空手の稽古に取り組んでくれた。

不動立ちや黙想も、しっかりと出来たし、ミット稽古では、大きな気合いも沢山出ていてとても良かった。(ユイト君も、昨年末の上宿小学校での演武を見てくれたとの事)

先日の体験から既に入会した、上宿小学校の瑠唯君も含め、秋庭仁君の同世代(小学1年生)の仲間達が、たくさん増えるのを楽しみにしている。

少年部の先輩達が、体験の男の子達をしっかりとサポートしながらリードしてくれて、とても助かった。(久保太陽君(小学3年生)、稽古に対するヤル気と気合い、話の聞き方、大きな返事も全て素晴らしかったし、とても先輩らしかった)

星野久遠ちゃん、ずいぶんとお姉さんになった。(小学5年生)

2クラス目では、生徒達の3月2日の昇級審査に向けた見極めと、フィジカルの底上げをしながら。

後半は移動稽古の反復練習と、最後は型稽古で終了。

明日以降も3月の昇級審査の見極めと、埼玉県大会に向けた選手達の追い込み稽古を行う予定。

19:40〜22:00 一般部クラスを指導。

多田将太朗君のみの参加の為、マンツーマンで、全ての底上げをテーマに。(体幹、ロープトレーニング、フィジカル、ウエイトトレーニング、サーキットを挟みながらの、サンドバッグでの追い込み稽古、キックミットでは、上段の各蹴り技の反復稽古、パンチングミットでは、突き技のフォームを修正しながら、戦いのイメージをしながら、本人の組手と、全ての稽古に繋げていく為の高い意識とイメージと反復稽古、コンビネーションの反復稽古、反応の速さを意識した強打の突き技の打ち込みとコンビネーション、追い込み稽古まで)

様々な角度から、今の彼の分析を繰り返しながら、本当に厳しい稽古内容を課しながら。

幾つもの話をして、話し合いをしながら。

まだまだ彼は、本当に伸びシロだらけだし、これからも空手を続ける程に、更に強くなる事が予想されるし、本人がそれを感じ取る事が出来る瞬間が、今後も幾度も来るはずだ。

それが、彼が現役選手を引退した後かも知れないし、まだまだ実際に年齢も若いし(22歳)、彼の限り無いポテンシャルの高さを考えても、様々な部分で本当に、まだまだこれから更に、もっともっと強くも確実になれる。

ただ…

彼の競技選手としての限られた期間を考えると…時間が足りな過ぎるのも事実で。

その為、様々な角度からアプローチと負荷を掛けながら、やれるべき事を本当に急ピッチで進めながらの稽古を積み重ねている状況となる。

やるべき目標に向けて、確かな意味のある○○を○○○○たらと思う。

クラス稽古後、彼はノルマのウエイトトレーニングを積み重ねながら。

23:50 将太朗君にマッサージを施しながら、今後についての話し合いをして終了。

26:00 食事。

2019/2/13