《極真会館2019世界女子空手道選手権大会 2日目 速報》【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【準決勝戦】

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制大会・中量級王者】永吉美優選手の準決勝戦。

初日の準々決勝戦(4回戦)で、ロシアの強豪、iuliia grigoreva選手(russia)から、上段廻し蹴りによる技有りを奪って勝ち上がってきた強豪、shainez elehaimour選手(france)との対戦。

大きな気合いを入れて対峙する両選手。

序盤から激しい打ち合い一進一退互角の試合展開となる。

強烈な突きから下段内股蹴り、中段廻し蹴りで前に出てくるパワーファイターの相手選手に対して、一歩も退かない永吉選手が必殺の左上段前蹴りを放つ。(相手選手の顔面に当たり、バランスを崩して倒れ込み技有りかと思えたが審判の旗は認められず)

更に打ち合いが続く、相手選手の鋭い上段廻し蹴りを何度も見切りながら、自分の距離を保ちながら打ち合いでの突き技、下段廻し蹴り、中段前蹴りと返していく。(突きで前に出てきたい相手選手が、掛けや顔面殴打の反則を繰り返して、試合が中断される場面もあるが、相手選手の注意3で減点1となる)(減点1は技有りと同じ効果)

試合再開数秒後に本戦終了。(本戦3分間)

本戦判定5-0で永吉選手の優勢勝ち!!

準決勝戦を制して見事、決勝戦に進出を決める。

決勝戦の相手は、逆ブロック準決勝戦で【2017全日本女子無差別級王者】【2019オールアメリカン・重量級王者】anastasiia khasanova選手(russia)との激戦を制して勝ち上がってきた、佐藤七海選手【2018世界女子ウエイト制・軽量級王者】との1年ぶりの再戦となる。

永吉選手、2019世界女子無差別級制覇まであと一つ。

世紀の一戦を迎える事となる。

《極真会館2019世界女子空手道選手権大会 初日 速報》【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【準々決勝戦】

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制大会・中量級王者】永吉美優選手の準々決勝戦。

【2019世界女子ウエイト制・軽量級王者】ekaterina kozlova選手(russia)との対戦。

身長181センチの長いリーチから繰り出される上段前蹴り、上段膝蹴りを掻い潜りながら中に入り、突きの連打から下段廻し蹴りを繰り出す永吉選手。

互いの上段前蹴りが何度もぶつかり合いながらも飛び交う。(ラストで激しく動き、ロシア選手をやや動きで上回り本戦2分間が終了)

本戦1-0。(永吉)

延長戦に入る。

相手選手の懐に入りながら、更に回転を上げる。(上段膝蹴りが何度も顔面付近へと迫るが、ガードとスウェーでかわしながら突きの連打と下段廻し蹴りで応戦する)(延長戦2分間が終了)

延長戦4-0優勢勝ち!!

初日の難関を見事に突破して最終日へと駒を進める。

現在ベスト4!

《極真会館2019世界女子空手道選手権大会 初日 速報》【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【3回戦】

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制大会・中量級王者】永吉美優選手の3回戦、milera kovaleva選手(germany) との対戦。

序盤、激しい打ち合いとなるが、前蹴り、突きから下段廻し蹴りで主導権を握る。

左右に動きながら、突きの連打からの蹴り技へと繋いで終始ペースを握り続けた。

本戦4-0優勢勝ち!!(本戦2分間)

現在ベスト8。

次は身長181センチのロシアの強豪【2019世界女子ウエイト制・軽量級王者】との準々決勝戦。

2019世界女子ウエイト制王者同士の一戦となる。

《極真会館2019世界女子空手道選手権大会 初日 速報》【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【初戦】

◼️2019世界女子空手道選手権大会・無差別級

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制大会・中量級王者】永吉美優選手の1回戦はシード。

初戦となる2回戦、1回戦を上段による技有り優勢勝ちにより勝ち上がってきたbianca vaz borba選手(Brazil)との対戦。

試合開始早々に切れ味鋭い上段の蹴り技が放たれる、序盤、左中段前蹴りにより相手選手を転倒させて技有りを奪う。(本戦2分間)

中盤、終盤と右構え左構えで対戦相手を揺さぶり、試合終了ラスト1秒、鋭い左上段前蹴りが、相手選手の顔面を捉えて見事な技有りにより合わせ一本勝ち!!

絶好調な立ち上がり。

2019世界女子空手道選手権大会へ。【東京城西世田谷東支部・東大和道場】【永吉美優】【同期の仲間】

金曜日夜。(2019/11/15)

【2019世界女子空手道選手権大会】を一週間後に控える、永吉美優さんが道場へ。

落ち着いた良い表情をしていた。

一時間程、美優さんと話をした。

彼女が発する心技体の充実ぶりが窺えた。

極真会館の無差別で行われる世界大会、4年に一度の大舞台に挑む中で、緊張や不安、重圧や恐怖が無いわけはないが、心底から溢れ出てくる力強い闘志を感じ取る事が出来た。

【海外選手、強豪ロシア選手達には、気持ちでは絶対に負けない!】と、美優さんが何度も言葉にしていた。

自らを鼓舞しながらも、早く戦いたい気持ちが溢れ出る、彼女自身の本物の言葉だった。

絶対にやってやるぞという強い意志が伝わってきた。

2016・2018全日本女子無差別級王者でもあり、2019世界女子中量級王者へと上り詰めた極真会館の至宝であり、一般女子日本の絶対的なエースでもあり、過去にも数々の歴史的快挙を成し遂げてきた永吉美優選手。

【2019世界女子無差別級制覇】に向けて。

人生最大、今世最大の大一番に挑む。

2019/11/

東京城西世田谷東支部・東大和道場

美優さんが帰ってからしばらくすると…

入れ替わりで、大森明日夏さんが数年ぶりに道場に顔を見せてくれた。

明日夏さんは、幼少期から東大和道場で極真空手を修行してきた生徒でもあり、美優さんの同世代でもあり、少年部時代から道場や先輩後輩、極真空手を本当に大好きだった生徒でもある。

彼女は少年部時代から、将来は保育士になりたいという話をしてくれていた。

その進路を実現する為にと、高校2年生の頃に大好きな極真空手を一度辞めて今へと至る。

今現在は、当時の夢を叶えて立派に働いているという話を聞かせてくれた。(0歳から5歳までの子供達と接しながら毎日一生懸命に働いているという事だった)

【仕事は大変ですけど、子供達めっちゃ可愛いです!】と、楽しそうに話す明日夏さん。

笑顔が本当に昔のまま。

幼い頃から仲間達からも好かれていて、幼い後輩達への面倒見が良く、とても優しかった明日夏さんだが元気そうで良かった。

道場を辞めてからも、時に連絡をくれたり、演武の手伝いに来てくれたりと、東大和道場や極真空手との繋がりはあり、美優さんの活躍やテレビ出演を伝えると、凄く喜んでくれていて、来週行われる【2019世界女子空手道選手権大会】にも是非、美優さんの応援に行きたいと連絡をくれていた。

試合会場では美優さんを全力で応援してくれると思う。

2019/11/3 極真空手 東大和道場2。【極真会館2019世界女子・中量級王者】【直筆サイン】

帰る間際…

【サイン、お願いします!】店のマスターから、サインのお願いをされる美優さん。

【以前、テレビで見た事があります、是非、その辺りにでも書いて下さい!】と、マスターが笑顔で話してくれた。

なんと…店内のテーブル席の仕切りの壁に、美優さんのサインを書いて貰いたいとの事だった。

以前一人で食事をしに行った際に、彼女の話になり、極真会館の全日本女子の無差別級を2度制していて、更には体重別の世界大会でも優勝して、現在は極真会館の日本女子を代表する世界チャンピオンになったという事を話してはいた。

今月末には【2019世界女子無差別級制覇】を狙う、極真会館の日本女子のエースでもあるという事も宣伝しておいた。

【極真会館 2019世界女子中量級 チャンピオン 永吉美優】

永吉美優さんの直筆サインが書かれた。

貴重だし良い感じだ。

2019/11/3

2019/11/3 極真空手 東大和道場。【永吉美優】【2019世界女子無差別級制覇に向けて】

2019年11月23・24(土・日)武蔵野の森総合スポーツプラザにて行われる【2019世界女子空手道選手権大会】に向けて、戦いを間近に控える永吉美優さんの激励会を兼ねて。

永吉美優さん、多田将太朗君と一緒に焼き肉を食べに。(2019/11/3)

最近、試合前になると、彼らを呼んで焼き肉を食べに行く事があり、3週間後に世界大会を控える永吉美優さんが、元気になる様にという気持ちで。

過去、彼らと焼き肉へ行った時には、全ての大会を優勝している美優さんだが。

人生最大とも言える大一番に向けて、心身共に、彼女が充実している様子を感じ取る事が出来た。

何が何だか分からないくらいに、ひたすら彼らに食べさせながら。

二人とも約3時間を、本当に物凄い沢山食べたかと思う。

顔色一つ変えずに、笑顔で全てを食していく美優さん。

将太朗君は、いつもながらに本当に沢山食べる。

あれだけ食べさせて…翌日、彼ら大丈夫だったかな…と、一日、彼らを心配してはいたが。

激辛スープに汗だくになる、将太朗君。

彼のスープと交換しながら。(実際に辛かった)

美優さんは、鳥スープ。

長年、愛情を注いできた生徒達だし、彼らと飲む時は、本来の自分自身を見せてしまう。

楽しかったな、久しぶりに。

記憶も少し朧げだけど、沢山話をした。

今の自分自身の気持ちで接する事、心で接する事、自分自身を偽らない気持ちで。

アホな話に、いつも笑顔で付き合いをしてくれる生徒達でもあり。

美優さんの試合は…

いつも自分自身の試合よりも、緊張を感じてきた事が実際に沢山あった。

彼女の大一番となる試合前には、自分自身の自宅を掃除して整理整頓をしたりが、過去に何度もあったけど。

彼女は長年、ミラクルな戦いを繰り広げて、数々の前人未踏の領域を築き上げてきた。

永吉美優さん、多田将太朗君、いつも二人を誇りに思う。

彼らと、将来的な話もしながら。

凄く有意義だった。

永吉美優さん、極真会館の日本女子のスター選手でもあり、彼女は今月【2019一般選手権女子の世界大会無差別級制覇】を目指す。

このあと、店のマスターから、美優さんへ…

2019/11/3

極真空手 東大和道場 火曜日一日2。【永吉美優】【2019世界女子無差別級制覇を目指して】【生徒への気持ち】

21:00〜22:30 火曜日一般部クラス。

湊さん、宮本朝延さん、宮本泉美さん、平野さん、永吉美優さん、多田将太朗君が稽古に参加。

11月23.24日(土・日)に、武蔵野の森総合スポーツプラザにて行われる【極真会館2019世界女子空手道選手権大会】に日本代表として出場する、永吉美優さんの壮行会を兼ねた一般部クラス稽古となった。

【2016・2018全日本女子無差別級王者】【2019世界女子ウエイト制・中量級世界王者】でもあり日本女子の絶対的なエースであり、極真会館女子の至宝でもある永吉美優さん。

幼馴染みでもある多田将太朗君や、彼女の事を少年部時代から知る、東大和道場一般部の仲間達とスパーリング、組手稽古で手合わせをしながら。

全ての取り組みがハイレベルな素晴らしい組手稽古となった。

多田将太朗君の思い遣りに満ちた気遣いや、完成度の高い技術を、同門の幼馴染みでもある、永吉美優さんに投げ掛けながら、長身外国人選手を仮装しながら、手合わせをする二人の組手も本当に素晴らしかった。

美優さんは、準々決勝戦での初日の山となるであろう、身長180センチを超えるロシアの強豪選手【2019世界女子ウエイト制・軽量級世界王者】との戦いを想定していた。(初日の3試合目となる準々決勝戦を勝ち抜くと、ベスト4の選手達のみが最終日となる2日目へと駒を進める形となる)

そして、最近の稽古場での繰り返しの積み重ねにより、自信を積み重ねて、スケールアップを繰り返している宮本朝延さんと、東大和道場の古豪でもある、湊敏明さんによる一進一退の激しい組手稽古には本当に熱くなりながら、声掛けをしながら見詰めていた。

二人とも本当に素晴らしくて、もっともっと更に強くなっていける事を感じ取れて、凄く嬉しかった。

更に高まろうと、前向きに努力を積み重ねている、宮本さんの姿を近くで見ているのもあるが、手合わせをした、湊さんの黒帯としての意地や気迫も、本当に立派で流石という内容で感動した。

美優さんが稽古に来るからと、忙しい中で予定や時間を調整して一般部クラスの稽古に来てくれた平野さん、湊さん、宮本朝延さん、宮本泉美さん、多田将太朗君。

最低でも10年間は、皆で一緒に稽古を積み重ねながら、同じ物を共に切磋琢磨してきた仲間達だからこその信頼関係であり、今日の様な稽古の姿形となるという話を皆にしながら。

それが無ければ、ああいう稽古の様子にはならないし、お互いを通じて心技体が深く高まり、怪我も無く皆が無事に稽古の積み重ねが出来た事に感謝する事だと感じながら、それを話した。

そして、永吉美優さんに関して。

極真空手の世界王者になった、今現在の彼女でもあるが、少年部時代の頃の彼女と変わりなく可愛い生徒であり。

多田将太朗君、永吉美優さんとは、男女の距離感の違いはあれども、大切な生徒として常に同じ気持ちで二人には接している。

永吉美優さんとは、自分自身が彼女に出会った当時のままの信頼関係であり、いざ彼女と話せば、いつ何時も同じスタンスと距離感であり、言葉にしなくても伝わる部分が存分にある。

彼女くらいの選手ともなると、計り知れないプレッシャーは想像に難しくはないが、元々、彼女は有名になりたい為に戦ってきた訳でもなく、日々の空手の努力を必死に積み重ねて来た結果が今に至る。

【何も気にしなくて良いから、美優が思うがままに好きな様に自由にやりなさい】

いつも彼女に話して伝えてきた事でもあり、彼女の可能性を最大限に高められたらという気持ちで接している。

長年、思う事だが自分自身が知る限りの彼女の事を語れば、それこそ本に書けるくらいの思い入れがあり、多分、この辺りの気持ちは誰にも負けないくらいに、彼女の事は分厚い内容で語れると思う。

そのくらいの気持ちで常に彼女を見守ってきたという事。

極真空手の女子選手で言えば、本当に今後、50年間は現れないかも知れないかという、極真会館一般女子の至宝でもあり、スター選手だと、自分自身は本気で考えていて、本当にそのくらいの逸材でもあると感じている。

【今の美優の立場も、美優自身の長年の努力の積み重ねの賜物でしかない訳だし、本当に何て幸せなんだと感じながら、それを常に噛み締めて一日一日を大切に過ごして、選手生活の集大成として、世界大会無差別優勝に向けてベストを尽くす様に】これまで、何度も彼女には伝えている。

【頑張れ】とは、長年、決して言わないようにしてきた。

言われなくとも、本人は限界以上に常に頑張っているんだし、頑張れとは、実際になんて無責任で薄っぺらい言葉だと、自分自身は昔から、その言葉があまり好きではないから、彼女には言わない様にと、語り掛ける言葉には常に気を付けてきた。

稽古後に、彼女の話を聞きながらも改めて様々な気持ちを整理しながら。

愛情でしかないし、彼女の事はひたすら祈るだけ。

極真空手で出会った大事な生徒だからだ。

稽古後…親子の様に戯れる、永吉美優さんと宮本泉美さん。

宮本泉美さんの優しさや、激励の気持ちが伝わってきたし、体を張り大事な娘を抱き締めるかの様な愛情を感じた。

美優さんも、宮本泉美さんに対しては、長年の空手で築いた、ある意味で親子の様な信頼関係があるのだと思う。

美優さんに対する、皆の熱い気持ちが伝わる空間だった。

【2019世界大会無差別級制覇へ】

2019/10/22

極真会館 東京城西世田谷東支部・東大和道場

極真空手 東大和道場 木曜日一日。【少年部クラス】【一般部クラス】【極真空手の黒帯】【我が師との思い出】

予想以上に、今年夏のカブトム達が大量に幼虫を産んでいて…(軽く40匹以上はいたかと…)

めっちゃ大量にいたから、明日、新しい土に移そうかと考えていた。

彼らが眺めていたのは、10月を過ぎてまだ元気に生きている【ノコギリクワガタの雄】

カブトムの成虫達は、命を全うして全滅したかと思うけど、つい先日まではまだ雄雌ともに生きていた。

16:30〜18:50 少年部クラスを指導。

秋の各大会に向けて、補強、スパーリング、組手稽古、練習試合を挟み、最後はディフェンス稽古を中心に。

【極真空手でのスパーリングや、組手稽古で初めて知る経験が、皆の肥やしとなり経験となり、様々な部分で後々の皆の自信となっていく】

【極真空手をする上で、乗り越えないといけない経験】

それらの話をしながら。

心身ともに強くさせてあげる事。

稽古後に。

厳しい稽古を終えて、清々しい凄く良い表情だ。

女の子達の頑張りって、深い部分で本当に凄くて、本当に応援したくなる。

子供達だから日により、気分の波は必ずある。

そこは男女共に同じ。

20:00〜21:30 山田指導員の一般部クラス。

中城さんが稽古に参加していた。

茶色帯、黒帯になると、何歳になっても柔軟性を身に付けていなくてはならない。

体が硬くて出来ないではなくて、これは続けていたら誰しもが必ず体は柔らかくなる。

努力の積み重ねによりそうなる。

山田先生も中城さんも、当たり前に開脚は出来る。

元々、柔らかい訳ではなくて、ただ継続しているからに過ぎない。

自分自身も柔軟は、180°開脚は当たり前に出来るが、やはり毎日続けていなければ、直ぐに硬くなってしまうはずで。

空手の稽古は継続でしか、何事も何も成り立たない。

稽古に関しては継続していなければ【昔、少し空手をしていた人】というだけになってしまいかねない。

【茶色帯で空手を辞めると、極真空手を少しかじった人、黒帯になるとようやく、そこからが始まりとなり…いわゆる本当のスタート地点となる】

空手を知らない人達に、空手をしている事を知られれば…

【極真空手ですか?へー、いま何段ですか?】という聞き方を実際にされる。

【初段なんだ?…あぁ…】という反応をされて、初段って、初歩的な段階の物ですよね…というニュアンスの返事が本当に返ってくる。

これは本当にある話で。

【極真空手の黒帯の10段です!】とでも言わないと、知らない人達は多分、一人前だなと納得はしてくれないぐらいの感覚なんだと感じる事が、自分自身の過去にも実際に何度もあった。

せめて…というか、当たり前に黒帯にならないと【極真空手をしています】とは、本当に語れない。

ただ本気で、極真空手を好きで、遮二無二に稽古を継続していると、気付いたら黒帯にはなれる。

自分自身は遥か昔、黒澤先生に黒帯を頂いた。

当時の黒澤道場で、黒帯を取得するには【極真のファイティングマシーン】と称された伝説の空手家【黒澤浩樹先生】との厳しい組手稽古を繰り返して、先生に倒される事を何度も何度も、年間を通じて繰り返し…それを当たり前に耐え続けて…初めて、黒澤先生から本当に認めて頂いた者にしか、黒帯は手渡されなかった。

黒澤先生から黒帯を手渡される時には、先生が使用していた物と同じ【ウイニングの白いパンチンググローブ】を、その年の忘年会の時に、新しい黒帯と一緒に年間努力賞を兼ねてプレゼントに頂いた。

その後、本当にボロボロになるまで使い古したパンチンググローブでもあったが、20年以上経った今も、三茶の事務所に置きっぱなしにしてあったかと思うが、ボロボロになり、既に使用出来なくなっても捨てられなかった。(永吉美優さんが、中学生を無敗で戦い抜き、国際大会を3連覇優勝を成し遂げた時には、彼女に同じパンチンググローブをプレゼントしたのだが、彼女はいまだに、その【ウイニングの白いパンチンググローブ】を大切に持っていてくれている)

話が逸れたが…

強くなりたい、空手を好きだと一生懸命に継続していたら、気付いたら黒帯にはなれる。

ただ、ひたすら諦めない事、空手を好きでいる事。

山田先生の熱血指導の下、全開の気合いで稽古に取り組んでいた中城さん。

今後、更に強くなる事は間違いない。

中城さんのモチベーションも、限り無く高い。

2019/10/17